音楽

2008年10月22日 (水)

敬 意

AC/DCが好きだ。

アンガス・ヤングの奇妙ないでたちや

ボン・スコットが酒飲み過ぎで死んじゃった後釜の

ボーカリストのかなきり声から

コミック・ヘヴィメタ・バンドと勘違いしている輩が大勢いるが、

彼らは

大きな音で演奏する本物のロックンロールバンドだ!

およそ35年間、ほとんど変わらない曲を作り演奏し続ける

偉大なロックンロールバンドだ!

人は好き嫌いの感覚が違うので

当然 押し売りする気は無い!

ただ、最新アルバムの各曲に付けられた邦題が

実に趣深いので

ここに紹介する!

ツッコミは各自でいれてくれ!

01: 暴走/列車 




 



02: 空が燃えている 




 



03: 爆弾ジャック 




 



04: 恋の発電所 




 



05: 戦闘マシーン 




 



06: ぶち壊せ!! 




 



07: ロック大戦争 




 



08: 地獄の回転花火 




 



09: 愛のデジベル 




 



10: イナズマの五月 




 



11: 殺し文句はロックン・ロール 




 



12: 金にはあきたぜ 




 



13: ロックン・ロール・ドリーム 




 



14: ロックで決めろ!! 




 



15: 悪魔の氷

ブラック アイス Music ブラック アイス

アーティスト:AC/DC
販売元:SMJ(SME)(M)
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

アストラル・ウィークス適齢期

アストラル・ウィークス Music アストラル・ウィークス

アーティスト:ヴァン・モリソン
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1968年作品

一部の評論家やマニアックな人たちから

ロックの歴史的名盤と評されている。

この盤はロックアルバムなのか?

参加ミュージシャンを確認すると

リチャード・デイビス ベース

コニー・ケイ ドラムス

とある。

リチャード・デイビスといえば、

スタン・ゲッツ、チェット・ベイカー、エリック・ドルフィー、エルヴィン・ジョーンズなど

ジャズ界のビック・ネームたちと競演している名ベーシストだ。

コニー・ケイといえば、

MJQ(モダン・ジャズ・クァルテット)の名ドラマーだ。

で、

十数年前に買った盤を引っ張り出したら

見事にカビだらけ・・・

買った当時は

このダラダラと続くジャム・セッションのような楽曲のどこが良いのか?

まったくわからなかった。

実は今聴いても良くわからない。

でも 心地良い。

この盤を聴くのに適した年齢になったような気がするなー。

あらためて思うことは、

ヴァン・モリソンは異様に声がデカイ。

歌唱力も凄いんだろうが、圧倒的に声がデカイ。

だから、本物のジャズメンたちと競演しても

まったく負けていない。違和感が無い。

というか、競演者が誰であろうと

圧倒的な声を響き渡らせるマイペースなヴァン様は

何と言うか・・・

凄く変人だ!

セールス的に全然ダメだったのも納得できる。

でも、

この変人の雄叫びは一聴に値する。

げっ!

ヴァン様 当時 23歳!

何なんだ すでに悟りをひらいたようなこの雄叫び

やっぱ変人だ!

これはロックアルバムなのか?

そんなこと どーでも良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

全曲だった……。

Yahoo!ミュージックのサウンドステーションで

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの曲が

2月24日まで無料で聴ける。

「俺たちは“弾丸”も“ライフル”も持っていないが、“拳”と“声”と“マイクロフォン”と“ギター”と“ドラム”はある!」時代があの4人を呼び覚ます!

カッコいいね!

しかし ↓ ホントかよ?

「9.11」同時多発テロの後、全米のラジオでオンエアが自粛された曲は、ジョン・レノンが「IMAGINE」1曲であったのに対し、レイジは全曲だった……。

1曲くらいオンエア出来る曲があっても良さそうなものだが・・・

当時はシリアスな問題だったが、

今となってはちょっと笑える。

だってあまりに過剰な措置だろ?

Rage Against the Machine Music Rage Against the Machine

アーティスト:Rage Against The Machine
販売元:Sony/BMG
発売日:1992/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とにかく、1990年代に最高のレベル・ミュージックを演奏していたのは

彼らだったと、いまも確信している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

胡散臭いぞ

最近、ロックやジャズの再発CDの値段が高くなってねえか?

ちょっと前まで¥1,000や¥1,470で買えたものが

限定盤とかリマスタリングとか材質にこだわりました、とか言って

¥2,520とか¥2,800で売られている。

いくら材質にこだわったからといって、約2、3倍の値段になるとは!

これは、非常に胡散臭い。

おいしい「おはぎ」をわざわざ「チョコレートでコーティング」しました!

みたいな無駄なことやってんじゃないの?

ただの便乗値上げなんじゃないの?

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ Music ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ

アーティスト:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
販売元:USMジャパン
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ジジイじゃなかったのか!

今日は紙パックの「いいちこ」をストレートで飲んでいる。

ゴキゲンだああああああああああああああああああああ。

4, 5 and 6 Music 4, 5 and 6

アーティスト:Jackie McLean
販売元:Prestige
発売日:2007/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このアルバムはとても良い!

実はアーティスト名に釣られてCDを買ってしまったが、

しばらく聴く気にならなかった。

ジャケットの人物がジジイだと思い込んでいたせいだ。(じゃあ買うなよ!)

長くて白い口ひげをたくわえた80才くらいのジジイが

水パイプでマリファナをやりすぎてベンチからずり落ちている写真だと

勝手に思い込んでいた。

よーく見ると、マクリーンがタバコの煙を燻らせているだけだよなあ。たぶん。

で、

ジャッキー・マクリーンのアルト・サックスの音も、なんかスモーキーなんだよなあ。

クリアな音じゃない。ソニー・クリスとは全然違う。たぶんこれがこの人の個性なんだろう。

全体的に良いアルバムなんだけど

特に一曲目が良い!

なぜ良いか?

ピアノソロ!

マル・ウォルドロン!

まるでモールス信号のような出だしの部分。

弾いている本人は真剣なのかもしれないけど、

なんか、世の中をなめきっている感じがして

そこにたまらなく『パンク魂』を感じてしまうんだなあ。

とにかく一曲目の6分32秒あたりから約1分続くピアノソロ!

ジャズって、ただ鳴らしていれば良い音楽だと思っている。

ジャズって、語っても意味無いと思っていても

語らずにはいられなくなるんだよなあ。

特に酔っ払っているときは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

未完の大器

The New Miles Davis Quintet Music The New Miles Davis Quintet

アーティスト:Miles Davis Quintet
販売元:Prestige
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランペット マイルス・デイビス

テナーサックス ジョン・コルトレーン

ピアノ レッド・ガーランド

ベース ポール・チェンパース

ドラム フィリー・ジョー・ジョーンズ

第一期黄金のクインテット。

マイルスのトランペットは2年前と違って

迷いが無く、冴え渡っている。凄く良い!

とても良いアルバムなのに、あんまり人気が無い・・・。

5人中4人は1955年の時点で、すでに完成されたミュージシャンのように聴こえる。

ひとり、『未完の大器』がいたんだよな。

ジャケット裏のアイラ・ギトラーの当時のライナー・ノーツの一文。

― Coltrane's style is a mixture of Dexter Gordon,Sonny Rollins and Sonny Stitt. ―

直訳してしまうと、― コルトレーンの(サックスの演奏)スタイルはデクスター・ゴードンとソニー・ロリンズとソニー・スティットを混ぜたものです。―

これ以上の屈辱があるだろうか。

アイラ・ギトラーに悪意があったかどうか知らんが、

「オメエ、個性がねえんだよ!」と書かれているように思える。

数年後にコルトレーンはジャズ界のモンスターになるのに・・・。

そんなことを考えながら聴くとさらに楽しくなる一枚。

収録時間は短いけど、ホントに凄いクインテットだよ!

おかげで今日の日本酒は上手い!!紙パックだけど!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

信じられん!

ライブ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリアム Music ライブ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリアム

アーティスト:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2003/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

日本公演のチケットがまだ買える!

(2008年2月10日公演分)

さっきネットで買った。

Zack de la Rochaは現代のBob Marleyだと

思っているのは俺だけだろうか?

もちろんやってる音楽は異次元かもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

これは良いね!

大人買いした。

DONJUAN LIVE(紙ジャケット仕様) Music DONJUAN LIVE(紙ジャケット仕様)

アーティスト:萩原健一
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

熱狂雷舞(紙ジャケット仕様) Music 熱狂雷舞(紙ジャケット仕様)

アーティスト:萩原健一
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SHANTI SHANTI LIVE(紙ジャケット仕様) Music SHANTI SHANTI LIVE(紙ジャケット仕様)

アーティスト:萩原健一
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンドレ・マルロー・ライブ(紙ジャケット仕様) Music アンドレ・マルロー・ライブ(紙ジャケット仕様)

アーティスト:萩原健一
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふだんJAZZと欧米のROCKばかり聴いているけど、

この人は世界に誇って良いんじゃないかな。

あんまり詳しく知らないし聴き込んでもいないんだけど

歌ってこういう風に歌っても良いんだ!という

素朴な感動を味わえる。

たぶん、本人は大真面目なんだろうけど

あまりにも自由に歌ってるところが

感動とともに爆笑できる。

歌で感動と爆笑を両立させてしまう人。

こんな人、めったにいない。

また、悪さしてくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

拝啓グラム・パーソンズ様

Sacred Hearts and Fallen Angels: The Gram Parsons Anthology Music Sacred Hearts and Fallen Angels: The Gram Parsons Anthology

アーティスト:GRAM PARSONS
販売元:Rhino
発売日:2001/05/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いまでもあなたの歌った

“YOU DON'T MISS YOUR WATER”は

俺のテーマソング。

ダメな男のダメな歌。

なのに

あなたの歌唱は

深い悲しみに満ちていて

素晴らしい。

『ロデオの恋人』で

ロジャー・マッギンのバージョンが選ばれたのは

20世紀最悪のミステイク!

この歌はグラムの声こそ

ふさわしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

糞神(くそがみ)

昨日、くそアマゾンから

イッツ・アライヴ 1974-1996 DVD イッツ・アライヴ 1974-1996

販売元:WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D)
発売日:2007/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

    

が届いた。

見る(聴く)人によって

糞みたいな音楽か

神々しいロックンロールかで

分かれるだろう。

「フツー」はありえない。

俺はこの人たちが

糞のような神だったと思っている。

矛盾しているようだが、

俺の彼らに対する最大級の尊敬の意である。

生演奏を一回見られたことは

幸せなことでもあり

一回しか見られなかったことは

残念なことでもある。

彼らの生演奏は

俺の脳を極度に刺激し

体が激しく反応し

心肺機能が限界に達し

死にそうになったことを覚えている。

原始的な興奮状態に陥ったのだろう。

フロントマン3人死んでしまった今となっては、

2度と見る事が出来ない。

でも、この映像と音楽を体感できることで

「生きてて良かった!」

と思えるんだなー。

サイコーだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)