« 2016 | トップページ | 生きてるよー »

2016年2月21日 (日)

弱気なのは病んでるときだけ

数日前

インフルエンザになり

5日間寝込んだ。

どういう事情だったか忘れたが、

俺は

約40年くらい予防接種というものをしたことがなく、

約40年くらいインフルエンザに罹ったこともなかった。

俺の記憶が正しければの話だが。

インフルエンザ薬を飲んだ記憶が無いのでたぶん間違いないんだろう。

タミ●ルという薬を初めて飲んだ。

勝手に、すぐに治る夢の特効薬と思っていたのだが、

実際は闘病期間が1日程度短縮されるだけ。

高熱が出て、体中の筋肉や筋が腐っちゃうんじゃなかろうかという

ひどい苦痛。

最近でも週末には朝の7時くらいまで12時間くらいはしご酒していて、

俺は「無敵」なんじゃないだろうか、というくらい自分の体に

自身を持っていたのに、

それは一瞬にして崩れた。

安静にして布団に入るということにあまり慣れていなく、

熱が下がると眠くもないので

夜から明け方まで、延々としょうもないことを考える。

死に至る症状でもないくせに、

死んだらどうなんだろう?など

普段考えないことも考えてしまう。暇だから。

やたら弱気だ。

新聞記事からとか

普段気にも留めない「弱者」の方々の声がやたら心にしみる。

そういえば、

古の人たちは死に際して、

「辞世の句」など読んでいたよな。

立派なものもあれば、やや情けないものもあったような。

どうせ暇だから

俺も考えてみた。

------------------------------------------

あー 怖い

やだなー 死にたくない

やっぱり 死ぬ時って一人だよな

死のゲートをくぐるときって

やっぱり 一人だよな

たとえば だれか強引に道連れにしたら

事件になっちゃうし

かといって

ハムスターならよかろうなどと

一緒に死んだところで

ゲートをくぐる瞬間に

あの短いしっぽのネズミと魂を融合させながら

通過するってどうなのよ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そうだ。

句を作ってたのにめちゃくちゃな散文に

なっちゃった。しかも恐ろしく情けない体たらく。

普段、飲み屋の常連客相手に物知り顔で

「メメント・モリ、(死を想え)という言葉を知っているか?」

「神は死んだ」「宗教なんて信じない」「救いなんて求めない」

「俺は祈らない」「賽銭は投げない」・・・・・・

となどと偉そうに言っていた自分が、

死に対して一番自覚症状が無かったというオメデタサ。

でも、

だってさ、

よく考えると、

死ぬって怖いじゃん。

。。。。。

人間、どんなに健康でも金持ちでも死ぬ。

最近、亡くなったイギリスの偉大なアーティストですら

100億とか200億とか、とにかく多額の遺産があったそうだが、

そんだけ金があっても70歳まで生きられなかった。

大金かけて地球上最高レベルの医療を受けられたとしても

死ぬときは死ぬ。

ま、

そのときはそのときなんだろうな。

<

<

Bebymetal


Babymetal                                                                                                                                                                                                                                       

BABYMETAL     形式: CD

↑ 例えば、将来、運良くホスピスに入れたとして、

上記のアルバムはかけられるだろうか?

1曲目. BABYMETAL DEATH

DEATH!!  DEATH!! DEATH!! 連呼してるもんな。微妙だろうな。

|

« 2016 | トップページ | 生きてるよー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついにクタバりましたか?

投稿: メタラー | 2016年6月22日 (水) 14時05分

ただの飲み過ぎです。

投稿: jazz坊主 | 2016年6月22日 (水) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/64068401

この記事へのトラックバック一覧です: 弱気なのは病んでるときだけ:

« 2016 | トップページ | 生きてるよー »