« 2015年5月part2 | トップページ | 2015年6月‐7月 »

2015年5月31日 (日)

2015年5月part3

ちょっと話が戻って、

5月23日(土)

朝、出勤の電車で居眠りして終点で折り返し自宅方面に戻る。

ほぼ一往復半して出社した。

きっと疲れがたまっているんだろうと思ったけど、

仕事後、

またG街に行ってしまう。

古き良きアメリカ風?の店で飯とコロナビールで

ウォーミングアップ。

刺青ママの店に行く。

終電で帰ろうと思っていたが、

隣の韓国人の兄ちゃんと話が合ってしまい、

結局、朝まで飲む。また完徹。

韓の兄ちゃんとは

映画の話、そうだな、

コッポラやキューブリック、ジム・ジャームッシュ、ゴダールの

作品の話をしてた。

コッポラの「ランブルフィッシュ」が好きだというので、何か、

会話のツボにハマった。こいつ違いの分かる男だな。

と思ったものの、そういう俺は日本酒の味以外に何の違いが

分かるのか?と...何にもわかってねえな。

で、

パンクロックと精神の解放の話などしながら、盛り上がってしまう。

やっぱ、

文化には国境を乗り越えるパワーがあるというか、

そこに国境は無い。とか思った。

話は歴史問題や政治や天皇制にも及んだ。

韓の兄ちゃんは、自分は自国では左翼的な人間だと言った。

そうだよな、どんな国にも反体制のアウトローって

存在してるんだよな。

沖縄基地問題とか原発信仰の勢力とかは、何とも言えない

気持ち悪さがあるよな。とか、言論が炎上で圧殺されるって

怖いよなー、とかいちいち話が合ってしまう。

権力に対する素朴な疑問って、いつも答えをはぐらかされる。

サルにもわかるように説明してほしいもんだ。

サルにもわかる?

回答を考えてみた。

「だって、ぼくんちの近くにそんなものあったら

危ないし、うるさいし、

献金もらった奴に儲かる仕事やらなきゃだから

地方に押し付けるしかないじゃん!

by政権与党代表」てことだろうか?

5月25日(月)

朝から長女の手術付添。

術後、全身麻酔から覚めたのを確認して、

グッタリしているが、憎まれ口も叩いているので

大丈夫だろうと思い、会社へ行こうかと思ったけど、

新宿のちょい有名なタイ料理屋で

シンハービールなんぞ飲んでしまい

良い気分になってしまい、結局サボる。

たまに食うと旨いんだよな。タイ料理。

5月27日(水)

知り合いの焼き肉屋がフェアをやっているので、

娘のお見舞いに行くとホラをこき

会社を早めに上がってひたすら肉を食う。

やっぱ国産牛肉旨い。たらふく食い、

ビールをガンガン飲む。腹が破裂しそうだ。満腹。

帰宅後、嫌な予感がして久々に体重計にのると

70kg。あらいやだ。パッキャオより階級上じゃない。

5月29日(金)

仕事後、地元の行きつけの店へ。

鳩正宗 純米大吟醸 旨い。

しまあじ刺 愛媛 旨い。

谷川岳おりがらみ 群馬 ノーコメント。

金目鯛 おおもんはた はちびき のにぎり寿司。

わーこれ旨い。生きてるって良いわ。

5月30日(土)

仕事後、G街へ。

いつものビストロへ。

隣に今、大○優子が出ているドラマのヤクザ役の俳優がいて

やたら話しかけられる。こんな狭いところで番宣すんなよ。

やっぱ、役者って私生活はダメな奴が多いな。酔っぱらい方が変。

で、

この店のシェフが調理師免許を持ってないことを聞き驚愕。

どうしてこんな料理上手いのか?ブラックジャックみたいな男だな。

刺青ママの店へ。

今宵はおもしろい客(バカばっかり)が揃っていて楽しい。

バカの吹き溜まりで飲む酒は旨い。

<

1966

The Bootleg Series, Vol. 4: Bob Dylan Live, 1966: The "Royal Albert Hall Concert"                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             Double CD, Import, Live                                        

                                                                     

部屋をゴソゴソ漁っていたら出てきた。

DISC2の緊張感がたまらん。

演奏者と観客の関係が険悪なライブアルバムなんて他にあるのかな?

「ユダ!」と野次られ

「てめえなんて信じねえ。おめーは嘘つきだ」と言い返すディラン。

始まるライクアローリングストーン。シビれます。これは。

|

« 2015年5月part2 | トップページ | 2015年6月‐7月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/60204073

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年5月part3:

« 2015年5月part2 | トップページ | 2015年6月‐7月 »