« 老いては子に従え | トップページ | 2014年11月半ばくらいから12月初旬の備忘録 »

2014年11月23日 (日)

追悼 けんさん




そろそろ

 

ほとぼりもさめたころだろうか?

 

いや、

 

またまだ残ってるな。

 

けんさん

 

死んだな。

 

何か尊敬の念を込めて

 

追悼文を書こうかと思ったけど、

 

文章能力が著しく低いので

 

やめた。

 

代わりに

 

7年半前にこのブログで書いた

 

けんさんとの思ひでを

 

そのまんま

 

コピペしよう。

 

やすらかに

 

けんさん。

 

 

合掌。

 

 

 

日本映画の金字塔

Photo

幸福の黄色いハンカチ [DVD]                      

2007年5月6日

― 俺の高倉健物語

両親の故郷は夕張だ。
当時、室蘭に住んでいた俺は、夏休みで夕張の街中をオヤジと2人で散歩していた。
まだ、道路には農家の馬車なんかが通り、夏の日差しに熱されたアスファルトには馬の蹄鉄の後がついていて、ついでに馬のクソも落ちていた。

しばらく歩くと、街の一角に数十人の大人が集まっている。でっかい懐中電灯のようなものや見たことの無いでかいカメラや銀色の板、いろいろな変な道具を持った人とそれを取り巻く人だかり。何事だろう?

オヤジは言った。「たかくらけんだ・・・」

ちょうど、そこに大人たちの人だかりを横切る一匹の野良犬。

子供はどうしても大人なんかより動物に興味がいってしまう。

当時、俺は小学2年生で「犬」という漢字は「いぬ」とも読むし「けん」とも読むことを知っていた。

「たかくらけん」ってあの犬のこと?俺は訊いた。

「そうだ」とオヤジは答えた。

親は子供の質問攻めに疲れるといい加減な返事をしてしまうときがある。
特にこんなド田舎で日本の大スターが目の前にいるとなると当然意識はそちらに集中していたはずだ。

俺は「名犬ラッシー」や「フランダースの犬」のような犬感動物語を作っていると勝手に想像した。

ロケの様子は大人の人だかりが多くてよく見えない。

そしてすぐそばに居たはずの人気絶頂のナマ健さんに視線を注ぐことなくその場を跡にしたのだった。倍賞千恵子も居たはずだ。

― それから7,8年後、テレビでこの映画を見た。どこかで見たような光景。あー!あのときの人だかり、この映画を撮っていだんだ!
あの時、オヤジは「高倉犬」じゃなくて「高倉健」と言ったんだ、ということをはじめて理解した。

今にして思えば、あの時の犬は
血が混ざり過ぎてリカオンのようになってしまった汚ねえブチブチ模様の雑種犬、だったような気が。

おれも素直な子供だったんだな。
もったいねえ話だ。

|

« 老いては子に従え | トップページ | 2014年11月半ばくらいから12月初旬の備忘録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健と犬…( ̄▽ ̄;)確かjazzさん健さんの事書いてたなと思いつつ、以前コメントしたように十四代で検索から偶然辿り着いて面白いもんで一気に読んで…さすがに細かい所は忘れてまして…( ̄▽ ̄;)またまたウケました(笑)

投稿: 山崎 | 2014年11月25日 (火) 14時39分

この映画を初めて観たときも、途中まで気づきませんでした。自分がそこに居たことを。「どっかで見たことある光景だな」とは感じましたが。

子供のころ、夕張に行くのが好きでした。まだ親戚が多く住んでいたし。確かまだ蒸気機関車SLだったと思います。オヤジとは仲が悪かったんですが、まだ自我に目覚める前の良い思い出ですね。

健さんは偉大で追悼の言葉が見つかりません。

投稿: jazz坊主 | 2014年11月27日 (木) 20時56分

健さん、優作、三船は別格中の別格ですね。少なくとも私が生きてる間は並ぶ人は現れないと断言出来ます。別格と言えば先日、十四代飲み放題の会に参加しました。年に1度の楽しみで10年ほど続けて参加してます。今年も格別の一夜になりました(^_^)vウヘへ♪

投稿: 山崎 | 2014年11月28日 (金) 01時12分

邦画に詳しいんですね。勝新は選にもれましたか。やっぱ前科が影響?笑
十四代飲み放題の会ですか。それは羨ましい。まるでコンパニオンが全員有村架純級の飲み会のようだ。笑
いまさらなんですが、日本酒って生き物のようです。獺祭や飛露喜は昨年より旨くなってるように感じました。

投稿: jazz坊主 | 2014年11月29日 (土) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/58071453

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 けんさん:

« 老いては子に従え | トップページ | 2014年11月半ばくらいから12月初旬の備忘録 »