« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月22日 (土)

20140322もうすぐ春。

もうすぐ春ですね。

自殺の季節ですね。

この時期になると

必ずある。

就活がうまくいかなかったのと

卒業ができなかったゆえの

自殺。

おめえら いい加減にしろ!

人間は

働くために生きてるんじゃなくて

生きるために

(しかたなく)

働いてんだ。

あ、

少なくとも

俺は。

働くなくても生きていけるカネがあれば

ポジティブに

働かねえぞ。

俺は。

フロリダか

どっか暖かいところで

のんびりと

浮世離れするね。

働き甲斐

生きがい

自分探し

クソ食らえ!

で、

俺の

遊び倒しの季節は

小休止を迎えた。

消費税 増税 対応

XPサポート終了 システム 移行 対応

その他、会社固有の手間のかかること 諸々。

同時期に押し寄せてくる。

凄まじく

忙しいな。

もう一ヶ月休みが無い。

ま、

人生には

波があるから

それも

(しかたなく)

受け入れている。

とりあえず

死ぬな

わかもの。

耐えていれば

いつかは

静寂が

訪れるものよ!

そん時に

異性の

性器でも

いじくり玩べば

たいていの

悩み事なんて

ぶっ飛んじゃうぜ!

Pj

Rid of Me [CD, Import]

PJハーヴェイ CD
もう20年以上前にリリースされていたらしいが
全然知らんかった。
無名のDJに勧められ買った。
スゲエ かっこいいじゃん。
魂の音楽。
世の中 未だ 知らんことだらけ。
なんか
また
寿命が
数年
延びてしまったような。
未知の世界。
無知な私。
この世には
無尽蔵の喜びが
隠されている。
いいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

20140316

なんか、

嘘ついて

有名になってしまう人が多いな。

多少の悪事は

人生をおもしろくする。

けど、

藁にも縋る思いで

夢の技術や救済のミュージックとか何とかを求めているような

もがき苦しんで生きている人たちもいることを

想像しないとな。

<

最近は

死ぬことの心構えが

少しずつついてきたような気がする。

別に死ぬ願望があるわけではない。

それに超健康体。花粉症を別とすれば。

ただ、なんかの病気で死んでしまっても、

あるいは不慮の事故で死んでしまっても、

そこそこの覚悟が出来てきているような

不思議な心境。

それが、

毎日ハイテンションで酒・食い物・音楽・女を

貪欲に求める原動力なんだな。

すでに子供は大きくなったし、、、

あ、

両親がまだ生きていた。

やっぱ、

死ぬのは親より後がいいな。

せめてもの親孝行になるだろう。

しかし、

この国は

老人が増えたな。

俺もいずれそうなるんだからいいんだけど、

九十うん歳、奇跡の生還!

とか、ニュースみると、

おめー、もういいだろっ!と

つっこみたく性悪の自分もいるわけで、

生活が苦しい。老人をいじめるな。とかいいながら

実は年金が夫婦で月30万を超えていた、なんて

こともあったりするわけで、

ま、

そういう風に

時は流れていくんだな。

Photo

メメント・モリ [単行本]

藤原 新也

↑ かつては衝撃的だったんだろうか?

俺の感受性が薄くなったのか?もとから無いか。

「家庭の医学」とか「現代用語の基礎知識」のような

感じがする。とりあえず一家に一冊、みたいな。

ネットに溢れる衝撃画像なんかみてると

精神構造がイカレるのは普通のことだと思う。

猟奇殺人の実況映像とかね。

少しオブラートくれないかな?

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

20140304

今日は

仕事帰りにぷらりと徒歩で

ストーンズのライブを観に行った。

なんという贅沢!!!!

俺は

北海道の過疎の街のビンボー家庭出身だぜぃ。

ベクトルが数ミリズレていたらありえねえ状況だ。

ありがたい。

なんか

人生の目標を達成してしまったような感もあるが、

人間の欲望なんて

際限無いんだ。まだまだ満足出来ない。それで良い。

死ぬまで快楽を求め続けるだけ。

今日は

アリーナBのブロックの一番端っこ。

東西南北4方向のうち、2方向に人がいない。

アイム フリー

まさに

暴れ放題席。

が、

フリーなゆえに

けっこう

警備係が

すぐにすっとんでくる席でもあり

演奏前は

マークがきつかった。

イエローカードが累積する感じ...

が、

演奏が始まると

平常心では無くなる。

暴れる。

ま、叫んで楽しみながら踊ってた...だけだと思うんだけど...

止めると殺すぞ!状態。

初日は

意表をついて、「ぼっちの世界」から始まったが、

今日は「スタート ミー アップ」。

狂いまくり...

何といっても

うれしかったのは、

キースが復活していたことだ。

初日とは別人だった。

俺がバンドの要だ!的なパフォーマンス。

気合入ってる。たぶん、初日は体調不良だったんだろう。

が、

ミックは

別次元の

領域。

語彙がないので

上手く言えないが、

超人。スーパースター。世界遺産級!

伝統芸能の頂点って感じ。

艶やかな動作や美しいステージの走り方が

尋常ではない。

これ以上のパフォーマンスを出来る人間が

はたしているのだろうか?

ボノ、スプリングスティーン、ディラン、レッチリアンソニー、エディ・ベダー、

あと若くて体力のある奴ら。

ムリだと思う。あのグルーヴィーなクネクネ感を表現するの。

チャーリーも

凄かったな。

キレキレでスコーンと突き抜けていた太鼓の音。

じじいへのアドヴァンテージなんて皆無で良い。

・・・・・・

かなり酔っ払っているので

これ以上書けない。

でも

サティスファクション!

(歌詞は満足できねえ!だけど)

140304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »