« 気ままなロックンロール生活。いまさら。 | トップページ | 2013.07備忘録 ちょっと遡る。② »

2013年7月29日 (月)

2013.07備忘録 ちょっと遡る。

2013.06.29(だったと思う)

いつぞやの

ハイスペック、アッパーミドルのお姉さんが

G街へ連れて行ってというので、

夕方、新宿アルタ前で待ち合わせる。

彼女がやって来た。

俺は目が点になった。

彼女は艶やかな青いミニのドレスでやって来た。

もちろんメイクもジュエリーもハイヒールもばっちり。

こんなゴージャスな格好の女を連れテクノ?G街なのに。

まあ、スラリと背の高い目立つ美人なので悪い気はしないが。

「掃き溜めに鶴」ってこういうとき使う表現なんだな。

今日はもともと、いつもの相棒と飲むつもりだったが、

用事があるというので、ハイスペックJちゃんをさそった。

が、

それを知った相棒は、突然飲みに来られるようになったとか。

??? ホントか?

動機が不純そうでかなりあやしいが仕方なく奴の到着を待つ。

相棒がやって来た。

ものすごい人ごみのなかで奴は頭ひとつ飛び出ている。

背が高いんだな。あらためて気づく。

俺はといえば、チンピラ風のハデハデシャツを着てるし、

かなり変な3人組である。

ドレスの美人お嬢さんとチンピラとのっぽの兄ちゃん。

編成としてはハイファイセットか?古いか?

男女比率が悪いので逆にあやしい雰囲気などならず、

それなりにオトナの会話を楽しみつつ

全員ハイペースで酒を飲みつつ、

適当にハシゴしながら流れ解散。

Jちゃんと相棒はそれぞれ別の沿線の終着駅まで寝過ごし、

タクシーで戻りながら家に帰ったとか、後日メールが来た。

いまどきめずらしい優雅な独身たちだな。

俺はその後もハシゴを続け、

この街で出会ったいつぞやのおっぱいのデカイ姉ちゃんと再会する。

狭い世界だな。

彼女はヒョウ柄の超ミニのワンピースを着ていた。

どっかのパーティの帰りだとか。

メチャクチャエロい格好の彼女だが、

俺はすでに酔っ払い過ぎていて、ボッキする力など残って無く

彼女を口説く気力もなく、そのまま酔いつぶれた。

いやね、オヤジって。うふっ。

「ボッキする力」って今風の売れてる本のタイトルになりそうじゃない?

「勃起力」のほうが売れるかな?

|

« 気ままなロックンロール生活。いまさら。 | トップページ | 2013.07備忘録 ちょっと遡る。② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/52643888

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.07備忘録 ちょっと遡る。:

« 気ままなロックンロール生活。いまさら。 | トップページ | 2013.07備忘録 ちょっと遡る。② »