« 備忘録2013.02.27 | トップページ | 備忘録2013.03.15 »

2013年3月10日 (日)

時は流れて行く

このあいだ、

長女が

俺んちに来た。

4年ぶり。

なんという大雑把な人生。

ネットでイラストレーターをやっているらしい。

この前は一作品で十数万の報酬をもらえたそうだ。

ツイッターのフォロワーが三千数百人とか。

それがどのくらい価値のあることか

俺にはよくわからない。

ただ、

けっこう健康そうで

まともに育った。

おれんちのパソコンのでかいディスプレイを使って

自分が描いた絵を表示させたり

お気に入りのPVを流したりして

キャッキャと喜んでいた。

その間、俺は

とくにしゃべりもせず新聞を読んでいた。

それでもまったく違和感のない空間。

久しぶりの再会というのに、この気の使わなさ。

血のつながった親子でしかありえないんだろう。

それもあるが、もともと俺と娘は馬が合うのだろう。

冷淡でサバサバしたところがそっくり。

夕方の5時になり

いつもはセクキャバ嬢と行く行きつけの店に行った。

店長は、俺にこんなおおきな娘がいることを見て

ひどく驚いていたようであったが

店員のおねえさんは

二人の顔がそっくり!と納得していた。

二人でおっさんのように

馬刺ににんにくをつけて食ったり

バカ話をしたりした。

彼女の母親、つまり俺の元の奥さんの話になった。

相変わらず、とんでもなく扱いにくい人らしい。

ヒステリックで感情の起伏が激しいのは変わらない様子。

その対応はおもに次女にまかせてるらしい。

かなり大変そうだ。

俺はつくづく別れて良かったと思ったし、

二度とかかわりたくない。

長女はそのことを必然として受け入れてるようだった。

あの人とならしかたないか。というような暗黙の了解。

そこに悲壮感などまったくなく、

ただ

長女は

健康とまともな思考能力を持っていて

新しい将来が開けている。と思った。

<

<

<

ナヴィ村さんからの連絡で

大学時代のゼミの先輩でバイト仲間でもあった

先輩が亡くなったことを知った。

悲しいです。とても悲しいです。

いろいろと楽しい思い出をありがとう。

俺はまだまだまだまだ生きますよ。

もっと生きたかった人に敬意をこめて。

|

« 備忘録2013.02.27 | トップページ | 備忘録2013.03.15 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 先日は電話ありがとう。通夜は3月15日(金)午後6時より、告別式は3月16日(土)午前10時 30分より11時30分です。


 会場は東高野会館 東京都練馬区高野台3-10-3 TEL 03-3995-3724 です。


 取り急ぎ御報告までに。   村 田

投稿: ナヴィ村 | 2013年3月12日 (火) 02時26分

ナヴィ村さん、ご連絡ありがとうございます。
お通夜に伺います。

平林さんとは何回いっしょに飲んで騒いだことか。富士山にもみんなで登りましたよね。濃密で幸せな時間を共有してたんだな、とあらためて思います。

投稿: jazz坊主 | 2013年3月12日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/49518872

この記事へのトラックバック一覧です: 時は流れて行く:

« 備忘録2013.02.27 | トップページ | 備忘録2013.03.15 »