« 深層心理 | トップページ | 死ぬまで狩人 »

2012年7月 9日 (月)

美しき負け戦を生きる

俺は

四十代半ばだ。

最近

急激に

勝ちにこだわらなくなった。

以前なら

応援していた野球チームや

故郷の高校サッカーチームや

私生活や

仕事や

その他もろもろで

負けてしまうと

なんともいえない敗北感やくやしさ

やり場の無い怒りなどを

感じたものであったが

それが無くなってしまった。

人生は常に勝ち戦をしなければならない!という

強迫観念から解放されたように感じる。

良い戦(いくさ)をやれば

それでいいじゃないか。負けても。

たぶん

俺は

歳をとったのだろう。

俺より年上の世代からは

小僧が何を言う、などと笑われてしまうかもしれない。

だけど

間違いなく

身体は衰えてきている。

これは誰にも否定することのできない事実である。

遠くから見れば

まだ黒髪でも

近寄れば白髪だらけだし

放屁の回数は間違いなく

20年前の数倍に増えてるし

どんなにセクシーで超絶テクニックと

名器をもつ女性と寝ようとも

早漏の心配は120%しなくて良いし

加齢臭をごまかすために

胸元にフランス製高級オーディコロンをふりかけた直後に

速効でそのことを忘れてしまい

背中の肩甲骨あたりに

アンメルツヨコヨコを塗ったくって

ああ、やってしもた!

全然オーディコロンの意味無いやん!

などと

狼狽してしまう男の

どこに勝ち目があるといふのか。

別に

嘆いているわけではない。

年をとって衰えるのは

自然なことなんだ。

何歳若く見える○○本、とか

何歳若返る○○ダイエット本、とか

必死に読み漁るのはブザマのように感じる。

新しい延命治療の技術が開発された、とかの

報道にも違和感を感じる。

これ以上寿命が延びたからどうなの?って感じる。

自然のなかですべてを受け入れて生きることが

人として美しい生き方なんじゃないかな。

さてと、

酒飲もっと。

雅山流 飛露喜 写楽 十四代

この国の酒は

恐ろしく旨い。

今宵も負けまくりを楽しむのである。

Gasannryuu_04kisaragi

|

« 深層心理 | トップページ | 死ぬまで狩人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/46249039

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき負け戦を生きる:

« 深層心理 | トップページ | 死ぬまで狩人 »