« ホームルームの時間 | トップページ | 誤変換を報告しますか? »

2012年5月17日 (木)

いろいろと考えさせられる

さて、

俺は

最近

相当数の本を読んでいる。

が、

よほど頭が空っぽのやうで

かなり良いことやためになることが書いてあっても

ほとんど右から左へ抜けて行く。

そのなかでも

かろうじて記憶に残った本が

生物学的文明論 (新潮新書) [単行本]

本川 達雄

いきなりサンゴ礁のはなしから

はじまるのが良い。

俺は長年、南の島に潜っているが

サンゴがなんで動物なのか、

南の海がなんであんなに透明なのか

俺をいつも突いて来るサカナの正体はなんなのか?

等々、

疑問に思っていたことがすべて解決した。

それ以上に

記憶に残ったのは

たいてい動物は心臓が15億回打つと死ぬということ。

鼓動の速さで生きている年数は変わるが

ネズミが2~3年、

ゾウが70年の寿命。

人間に当てはめると

41歳だそうな。

ゲッ!

俺、寿命過ぎてんじゃん。

筆者は

還暦過ぎは人間の技術がつくりだした

「人工生命体」とまでのたまわう。

地球上で人間だけが不自然な存在なんだなと

しばし感慨にふける。

もうこれ以上便利にならなくてもいいな。

ルンバなんてくそくらえだ。

まー、

むずかしい話は

これくらいにしておいて

とりあえず

ダラダラと酒を飲み

音楽を聴き

健康で

ラッキーな気分だ。

Photo

直立猿人 [Original recording remastered]

チャーリー・ミンガス CD

|

« ホームルームの時間 | トップページ | 誤変換を報告しますか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/45301063

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろと考えさせられる:

« ホームルームの時間 | トップページ | 誤変換を報告しますか? »