« できるかな? | トップページ | 今頃気づく »

2012年3月10日 (土)

友を見舞う

今日は

仕事を早く切り上げ

学生時代の先輩の見舞いに行ってきた。

病院に行く途中

ゆりかもめに乗った。

あの大震災があったのにもかかわらず

湾岸地域はまだ開発を進めている。

河や海より低い土地をガンガン掘り進めている。

どうして海抜が分かってしまうかというと、

どうみても開発している土地のほうが

すぐ隣を流れる河の水面よりも低い。

掘り返された大地が水浸しで

ひどく痛々しく見える。

おそらく高層マンションを建てるのだろう。

これからこの国はどんどん人口が減るというのに

こんな海に近くて低い土地をいまだに開発するなんて

狂ってると思った。

で、

先輩の病気は

プライバシーがあるから書かない。

ただ、

駅を降りてすぐに見えた

大きくてきれいな建物の上には

がん研○○病院

との看板。

軽い胃潰瘍で入院できるようなところじゃないのは

バカな俺でもすぐに分かる。

再会は4年ぶりか5年ぶりか?

同じ大学の先輩のブログ仲間のナヴィ村さんから

深刻な病状は聞いていた。

臨終前のヨーダのようになっていたら

どうしよう、などと心配していたが

運よく彼は話せる状態にあった。

治療の副作用でそうとうつらい状況のときもあるという。

タイミングが良くて本当によかった。

彼は長期の闘病で

ひどくやせて

片目を失っていたが

もう片方の目が両目だったころより

遥かに強い眼光を放っていて

生きる意志に満ち溢れていた。

俺は

みやげに

フェアレディZの新車を買って行った。

彼の若い頃の愛車がZだったから。

「300万円しました」

Photo_3

大ぼらをこいてしまった。

ほんとうはトミカのミニカーで300円くらいしかしない。

彼はそれなりに喜んでくれているようだ。

ついでに

「競争相手にランボルギーニも買ってきました。

4,000万円しました」

Photo_5

またウソをついてしまった。

ほんとうは300え・・・

ウソばっかりつく俺とは対照的に

彼は真実ばかり話した。

そんなに一生懸命話したらカラダの負担になるだろう

というくらい。脳からアドレナリンが噴出しているんだろうな。

いままでの病気の経過を丁寧し説明してくれ、

健康こそがいちばん大事なことでカネなんか問題じゃない、

と力強く言った。

いやでも死について考えなければいけない状況になった人の

言葉は重い。

ほんとうのいのちの危機に直面した人の真実の言葉...。

最悪の事態を覚悟して見舞いに行ったはずなのに

彼の目をみていると必ず治る気がして

俺は最後に本当のことを言った。

「きっと治りますよ」

安易な同情とか共感とかまったくしない冷酷な俺では

あるが、病気が治って退院したら

また昔の仲間で集まってバカな話をしたいと

いう気持ちは彼と一緒だ。

健闘を祈る!

|

« できるかな? | トップページ | 今頃気づく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 
 報告ありがとう。

もう片方の目が両目だったころより

遥かに強い眼光を放っていて

生きる意志に満ち溢れていた。


 先日、ぼくが見舞いに行った時、彼を見て思ったこともそのことだった。会った途端、ぼくらは握手した。ここを乗り越えればきっとまた違う男に生まれ変わった彼に会えるはずだ。きっと治る。ぼくもそう思う。

投稿: ナヴィ村 | 2012年3月11日 (日) 09時51分

ナヴィ村さん、こんにちは。
じつは今も仕事中です(笑)

Hさんは、本当に純真な子供のように澄んだ心で命を削るように一生懸命話してくれました。もう無理しないでと止めようかと思いました。
だけど彼は、人が来てくれると力が出るんだよ、と何度も言って、どんな名優もかなわない視線と説得力で人生を語っていました。
言葉をさがすときの遠くを見つめる彼の視線は凄く素敵でした。
彼は衰えるどころか今も成長しているんだと思います。

投稿: | 2012年3月11日 (日) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/44442052

この記事へのトラックバック一覧です: 友を見舞う:

« できるかな? | トップページ | 今頃気づく »