« 2012 | トップページ | 近 況 »

2012年1月 8日 (日)

俺は不死身だよん

震災以降、

やれ

絆が大切とか

震災婚とか

ま、

ようするに

孤独でいることは

気の毒、かわいそう、悪いこと、

などなど

なんか

余計なお世話

と思はれる論調が

多くなったような気がする。

一人でも二人でも四人でも千人家族でも

地震と津波は来るときに来る。

生き残ったら

粛々と後片付けをするだけだ。

但し、

原発が無ければ!

<

現在

独身の俺は

外野の

「なぜ独身?」コールに

うんざりしている。

「仕事も家も金もクルマもあるのに?」

余計なお世話だぜ!

良い人がいたら紹介してく...

あ、そうぢゃなくて

いまさら、

「・・・でなければいけない」は

勘弁してくれよ!

だいたい、

結婚することに

何のメリットがある?

おおいにあるよ。

ときに

子どもが出来たりする。

俺のDNAが引き継がれたという点で

「へんないきもの」的解釈をすると

二つにちぎったら再生した、みたいな

「植物」的解釈をすると

倒木の接木が根付いた、みたいな

つまり

不老不死、

永遠においらの命は風に舞ってるよ~ん、みたいな

浅はかな安堵感があるんだな。

で、

この世に子どもを

二人放ってしまった今となっては、

結婚するメリットってほとんど無いように感じる。

まず、

キャバやソープ行くにも

気を使うだろ。

気が向いたときに

飲み屋に行くことも

気を使うだろ。

次の朝

起きる時間にも

気を使うだろ。

気軽に他の女と付き合うのも

気を...あっ...

仮に

再婚して

相手が「ほうれい線が気になるの...」的な

中途半端なあらさーふぉーだったら、どうするのっ!

いいこと思いつかないぜ。

でもね、

やっぱ、やだね。

孤独死。

なんでそう思ったかというと

昨年末、

俺は職場で壮絶なる戦いをしていたんだが、

敵は

ドブネズミ だったんだな。

あいつらにとって東京は

エネルギーと残飯に溢れるパラダイスなわけ。

年中暖かくて食い放題!常夏のハワイってわけよ。

で、

店の売りモノをたびたび食われた。

いろんな罠で捕まえて殺すことばかり考えてたんだが、

去年の年末、

良く肥えたどデカい奴が

配電盤の中で

孤独死してたわけ。

ハムスターの6,7倍、いや7メートルはあった!

...すみません。どーもおやじになると話がデカくなるな。

サメじゃねえんだから...

DE、

何で気づいたかというと

その詩集、ぢゃなくて死臭。

くさいのなんのって!屁の7万倍はクサイ!

俺は思ったね、骸骨ならいいけどミディアムはいやだなと。

で、

これは

俺の天才的発見ていうか、

もう実現してる奴がいるかもしれないけど、

「心臓の鼓動」を監視するサービスがあったら最高だね!

胸にパッド貼るとかなんかして。

美女の上で腹上死とか富士の樹海で野垂れ死にとか、

人の幸、不幸には全然関知しなくて

「いまこの地点で止まりました」って

極めて事務的に通報してくれるサービス。

月極め100円とかでやってくれると

申込者殺到だぜ!

どう?このアイデア?

俺的にはノーベル級なんだが

礼はいらねえぜ!

俺も安心して139歳まで生きられるからな!

<

今宵のミュージック

Photo

Ahh the Name Is Bootsy Baby [from US]

Bootsy Collins, ブーツィーズ・ラバー・バンド CD

音楽評:

容姿があまりにアホなのでいままで敬遠してたけど、100点。

|

« 2012 | トップページ | 近 況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/43659361

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は不死身だよん:

« 2012 | トップページ | 近 況 »