« 家路 | トップページ | 真夜中のコルトレーン »

2011年11月19日 (土)

家路2

家の最寄り駅で下車すると

ホームで男ふたりがケンカ。

ひとりは弱そうな二十代後半のサラリーマン。

もうひとりは五十代後半なんだろうけど

くそまじめに働き過ぎて消耗した六十代にしかみえないジジイ。

ケンカの原因は…過密だな。

東京は人が多すぎんだよ。

若造のカバンがジジイの頭に当たったのに

若造が謝らなかったらしい。

間に割って仲裁するほどの野郎どもじゃなかったので

やり過ごしたが、

歳食って激昂する男を見るのは痛々しい。

プロの格闘家でもない限り

若者に腕力で勝つ可能性はほとんど無い。

悲しいじゃないか。

気持ちは強くても何事も起こせない初老の男。

俺は初老になったら

過密から離れた暮らしをしたいと思った。

老いても虚勢をはる男。痩せ始め縮み始めた年頃に

それだけは避けたい。

気もカラダも比較的恵まれている四十前半の今の俺は

ある意味良い時期を過ごしている。

体力は十分衰えているが(笑)精神的なコントロールが

利いて、見た目はいちばんガッシリした体格に見える年頃なので

巧く駆け引きができるし、いざとなったら

それなりにカラダも動く。

で、

話は変わるが

ふらりと飲み屋に寄る。今週2度目だな。

天然ブリの刺身って例えようも無く

おいしい。

徒歩で帰宅途中、俺の風上に

歩きタバコおやじ。

俺の呼吸器官がムカつきだす。

完全にロックオンする。

ゲロ吐かんばかりに大げさに咳払いしながら接近する。

おやじ、殺気を感じたのか走って逃げ出す。

かつて、

俺もへヴィースモーカーだったが、

風上にいる歩きタバコの人間がものすごく不快に感じる。

歩きタバコ野郎狩りってとこかな。

歩きタバコはやめようぜ。

人に健康的な迷惑をかけるってのは

どっかの電力会社がやってることと

まったく同じことだぜ。

そこのおやじ、次はお前だ。

Photo

|

« 家路 | トップページ | 真夜中のコルトレーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/43062792

この記事へのトラックバック一覧です: 家路2:

« 家路 | トップページ | 真夜中のコルトレーン »