« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

真夜中のコルトレーン

ありがたいことに

最近、活字を読む時間を得て

いろんな人の人生観などを読む機会をもらった。

若いときは

活字になった本は全て正しいと思ったものだが(笑)

いまは、

なるほど、おっしゃるとおり、と

思うときもあれば

それは、ちょっと違うんじゃないと

感じるときもある。

ま、

誰の言ってることが正解とか真理とか

俺にとってはどうでもいいことだ。

自分を信じられる自分は

結構、めぐまれてるんじゃないかな?と思った。

<

<

<

都心勤務になり、

大勢の人が集まる場所ゆえに

いろんな政治的集会などに

遭遇する機会が増えた。

原発反対!

大賛成だ!

けど、

集会に混じっている一部の労組。

こいつらが気に入らない。

労組と名乗りながら

テメエらはまったく労働もせずに

権利などを自分たちの都合の良いように解釈し

他人の些細なミスにつけこみ

企業にカネをたかる(恐喝と同等)連中が存在する。

弱者を応援するフリをして

働かず生きようとする奴ら。

殺すぞ!とは言わないが

心から軽蔑するよ。

Photo

トランジション [Limited Edition]

ジョン・コルトレーン CD

真夜中に聴くと引き込まれる。

晩年のコルトレーン作品は

神々しい音楽のようにも聴こえるし、

単なる騒音のようでもある。

音楽というよりは

音苦っていう感じ。

俺は好きだな。

ドラムのエルヴィン・ジョーンズは人間というよりは

虎かライオンのような人なのでコルトレーンの作品以外でも

異彩を放つが

ベースのジミー・ギャリソンと

ピアノのマッコイ・タイナーは

コルトレーンと演奏するときに限って

他の名演奏家たちとは別次元の神がかりな音を

奏でているように聴こえる。

トランス状態ってやつなのかな?

不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

家路2

家の最寄り駅で下車すると

ホームで男ふたりがケンカ。

ひとりは弱そうな二十代後半のサラリーマン。

もうひとりは五十代後半なんだろうけど

くそまじめに働き過ぎて消耗した六十代にしかみえないジジイ。

ケンカの原因は…過密だな。

東京は人が多すぎんだよ。

若造のカバンがジジイの頭に当たったのに

若造が謝らなかったらしい。

間に割って仲裁するほどの野郎どもじゃなかったので

やり過ごしたが、

歳食って激昂する男を見るのは痛々しい。

プロの格闘家でもない限り

若者に腕力で勝つ可能性はほとんど無い。

悲しいじゃないか。

気持ちは強くても何事も起こせない初老の男。

俺は初老になったら

過密から離れた暮らしをしたいと思った。

老いても虚勢をはる男。痩せ始め縮み始めた年頃に

それだけは避けたい。

気もカラダも比較的恵まれている四十前半の今の俺は

ある意味良い時期を過ごしている。

体力は十分衰えているが(笑)精神的なコントロールが

利いて、見た目はいちばんガッシリした体格に見える年頃なので

巧く駆け引きができるし、いざとなったら

それなりにカラダも動く。

で、

話は変わるが

ふらりと飲み屋に寄る。今週2度目だな。

天然ブリの刺身って例えようも無く

おいしい。

徒歩で帰宅途中、俺の風上に

歩きタバコおやじ。

俺の呼吸器官がムカつきだす。

完全にロックオンする。

ゲロ吐かんばかりに大げさに咳払いしながら接近する。

おやじ、殺気を感じたのか走って逃げ出す。

かつて、

俺もへヴィースモーカーだったが、

風上にいる歩きタバコの人間がものすごく不快に感じる。

歩きタバコ野郎狩りってとこかな。

歩きタバコはやめようぜ。

人に健康的な迷惑をかけるってのは

どっかの電力会社がやってることと

まったく同じことだぜ。

そこのおやじ、次はお前だ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

家路

久々に座れると思ったら婆さん

<

<

<

<

<

<

<

<

<

キャバ嬢とオカマは新宿近辺で下車

<

<

<

<

<

<

<

いくら目を凝らしても男か女かわからない高校生

<

<

<

<

<

<

<

<

前を行く 歩きタバコおやじに完璧な蹴り

<

<

<

<

<

<

<

<

<

やっぱり家が好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

ありがとう

仕事が終わって帰宅途中

最寄り駅で降りたら

いきなりドシャ降り。

天気予報じゃこんな雨降るなんて言ってなかったぞ。

傘も持たずに

雨に打たれてバシャバシャ歩いていると

いきなりおばさんに呼び止められた。

「私の家はすぐ近くだからこの傘を使って」と

自分が使っていた傘を俺にくれた。

驚きと感動。

お礼の言葉を言うことしかできなかったが、

その後雨はどんどん強く降ってきたのでほんとにありがたかった。

見ず知らずの他人への善意。

おばさんに恩返しをする機会はないかもしれないが

この善意は社会に還元しないとな。

悪意のニュースにあふれてる世の中で

人の希望の光をみた気分だぜ!

Zep2_2

Music Led Zeppelin II

アーティスト:Led Zeppelin
販売元:Atlantic / Wea
発売日:1994/07/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おもわず4曲目の「サンキュー」が聴きたくなった。

中学生のときLPレコードを買ったが

この盤の良さがわかるにはかなり時間がかかった。

わかってからは中毒になった。

いまでも自分の最重要アルバムだ。

一回これの良さを知った人ならみんなそうなんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

微妙な酸味

カッコつけて酒飲んで

牡蠣食ってきた。

牡蠣食うゾクゾク感とクンニは

よく似ている。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

いま垂れ流すよ

ボトルからワインをラッパ飲みして酔い潰れ

夢の中で夢を見ている夢を見る

<

<

<

<

<

<

<

悪夢に目覚めて我が家の天井を見る幸せ

<

<

<

<

<

ゲロはきそうなマズい新フレーバーを発売するのが

ペプシの真骨頂 親分はサントリーとか

<

<

<

<

<

<

あなたを守れるけど

守らない選択をする

<

<

<

<

<

カネとモノと売女に満たされないと

カネとモノと売女じゃ満たされないことは

わからない

<

<

<

<

<

くれるんなら

じゃぶじゃぶカネ使う自信はある

<

<

<

<

<

<

<

満たされたらすることがなくなる気がする

<

<

<

<

<

<

たしかに

明けない夜はなかったが

落ちないキャバ嬢はいた

<

<

<

<

<

キャバ嬢と一線を越える妙な達成感

<

<

<

<

<

時間に満たされてみたい

<

<

<

<

<

<

探し物をしている途中で

何を探しているか忘れる

<

<

<

<

そこのデブ

電力にならないか?

<

<

<

<

<

<

株価の下降線に

ほくそ笑む日々

<

<

<

<

<

絶望を知らない

<

<

<

<

<

<

宇宙の最後を看取ってやる

<

<

<

うわっ ブラック・サバス

<

<

<

<

<

デッサンの出来ない抽象画家

ボウフラ程度かもしれんが

それが何か?

<

<

<

<

<

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

43

いやあ、お恥ずかしい。

しばらくアル中だったようだ。

と言っても、

治療や投薬や入院が必要なほどひどくはない。

原因は「電氣ブラン」。

ながいこと、この酒は「神谷バー」に行かないと飲めないもの

だと思っていた。

いやあ、お恥ずかしい。

酒屋でフツーに売っているではないか!

どうしていままで気づかなかったんだろう?

度数が40もあるらしく、飲み方はストレートが

いちばん美味いとくれば

どろどろに酔っ払ってしまうわけで・・・

いやあ、お恥ずかしい。

まあ数年前みたいに

ジャンキー気取りでちょっとヤバイお薬と併用なんかしないので

いきなり人を殴ってしまうようなことはない。

今にして思うと恐ろしい。

恐怖を感じなかったんだから。

最近はいつもニコニコ笑っている。

別にとってもゴキゲンというわけでもないんだけど

無用なストレスをためないためには笑っているのが一番だ。

電車通勤だと変な奴に遭遇する確率が高いからな。

特別、東京に変な奴が多いとは思わない。

人口密度が高いからそう錯覚するんだろう。

長年、「駅」を使わない生活をしていたので

いろんなことが新鮮だ。

この前は満員電車の中で自立しない男に遭遇した。

いかにもおたく風なこの若いサラリーマン。

「ぼくちゃん、満員だから自分で立たな~い」みたいな感じで

全体重を他人にのせるように寄りかかってくる。

しかもスマホでゲームしながら。

俺的には信じられない状況。

で、ぼくちゃんも頭に来たので、

吊革をつかみ損ねたフリをしたりしてそいつの後頭部に

ヒジ打ちを10回くらい食らわせた。

もちろん無用なトラブルはさけたいので

その都度「すみません」と言いながら。

そいつは最初は感情が無い感じだったが、

ついにクビから上を真っ赤にして泣きながら電車を降りていった。

とてもおもしろかった。

それって「車内暴力」じゃ!って?

いや、ニコニコ笑いながら躾けしてただけだよ...

いやあ、お恥ずかしい。

本日、43歳になりました。

概ね、恐ろしく、健康で、ありがたい!

エルヴィス・プレスリーより長生きできてしあわせです。

生きてて何か楽しいんだから恵まれてるんだろな。

次はジョブズ越えかな?

↓今宵のミュージック

Photo

ミスター・クラリネット [Limited Edition]

バディ・デフランコ CD

地味だよな。タイトルからして。

開封するまで約4年かかりました。

何で買ったんだろ?

でも結構良いぞ。

いまさら音楽の良し悪しを語っても、別にどうでもいいことだ。

自分の中で

3.11以降、善と悪とか正義と不義とか真実と虚偽とか

きわめてあいまいになっている気がする。

うまくいえないけど、

無自覚無意識かもしれないけど相当ショックを受けてるんだろうな。

いろんなことに。

アフェリエイトって終了するんだって?

別にどーでもいいけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »