« 2011年 夏 浮世狂ひ | トップページ | よれよれ »

2011年8月15日 (月)

濁声帝王

昨日、

家の窓を全開にして

リビングで真夏の熱風を楽しんでいると

お隣さんから

ぼーさんのお経が聞こえてきた。あと線香のにおい。

朗々と響きわたる ぼーさんのデカイ声。

そういえば世間は

お盆まっただ中か。

俺も、

なんか厳粛な気分になり

ステレオのスイッチをつけ、

音楽を聴いたんです。

モーターヘッド...

Photo

Music ノー・スリープ・ティル・ハマースミス

アーティスト:モーターヘッド
販売元:USMジャパン
発売日:2009/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱこのバンドはライブが良い。

そのなかでも

この盤が一番イイ!!彼らの最高傑作だと思う。

と言いながら、実はこの盤、しばらく所在不明で、

仕方なくアマゾンで買い直したものが昨日届いた。

最近のは(1997年以降)ボーナストラックもついているのか。

たいてい、名盤のボーナストラックは蛇足の場合が

多いが、今回は違った。

本編が終わって一曲目の「オーヴァー・ザ・トップ」のイントロが

始まったとたん、俺の全身は電流が走ったように鳥肌が立った。

今から28年前、FMラジオからカセットテープに録音して

その後、行方不明になっていた大好きなライブバージョンだったんだ。

まったくの偶然で驚いた。

それにしても、

エイミー・ワイン○ウスの人生よりも長い時間を経ての再聴...とか

考えてしまうと、けっこう凄いものがあるな。長生きも悪くない。

10代の頃の衝撃というものは俺の脳裏に

余程深く刻み込まれているようで

純粋な感動と驚きに包まれた。

この曲は、演奏が始まる前からハウリング音が鳴ってるなんて

ありえねえ!!、とかレミーのダミ声で歌う「オーヴァー・ザ・トップ」

が「おばじとーっ、おばじとーっ」、さらに俺の頭の中で変換されて

「おじいちゃん、おじいちゃん」と聴こえてしまっていたことなど

実に感慨深いものがあった。

あれから28年かぁ。

俺はあのときから基本的に何も変わっていないような気がする。

フツーなら落ち着いたり冷めたりして聴くようなもんだが、

今も昔もまったく同じハイテンションでこの曲を聴いている。

いいんだかわるいんだか?(笑)

|

« 2011年 夏 浮世狂ひ | トップページ | よれよれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/41217274

この記事へのトラックバック一覧です: 濁声帝王:

« 2011年 夏 浮世狂ひ | トップページ | よれよれ »