« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

左遷ぢゃないらしい

昨日、

「話がある」と、

部長連中に呼び出された。

このごろ仕事で手抜きし過ぎていたので

とふとふ 俺もリストラか?

と思ったが、

以外にも

9月から 

支店のボスをやれ、とのこと。

余りにも予想外。

俺としては

のほほんと目立たぬよう中間管理職をしながら

定年までフェードアウトするのが理想だったのだが...

正直、地位もお金もこれ以上のぞんでいない。

仕事以外の自由な時間をもてるのが一番ののぞみだ。

でもクビよりましだ。このご時勢で贅沢は言えん。仕事きらいだけど。

勤務地は

文京区。

定期代が出るので新宿とかタダでいけるようになるから

まーいいか。

まさか北海道の超衰退地方都市の外れにある街生まれの俺が、

東京23区内で働くことになるとわ。

今頃、あの世の父母もさぞ驚いて...

あっ、まだ生きてたっけ!

<

今宵のミュージック↓

Photo

ザ・ケルン・コンサート

アーティスト:キース・ジャレット
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2011/07/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

即興ピアノ・ソロコンサート。

いや~すばらしい!

といっても、俺には このやうな高尚なミュージックを評価できる

語彙が無い。

まー、いいじゃないか。聴いてて心地良いんだから。

でも、

キース・ジャレットって

ピアノとセックスしてるみたいだ。

基本的にピアノの音しか聴こえないはずなのだが、

演奏していて感極まるのか、ときどき

「おおぉっ! ああ~ぁっ! のほほおうっ! ほほおうっ!・・・」などと

キースさんのポルノムーヴィーの男優のやうなあえぎ声が洩れ聴こえ

ちょっと気が散るんだな。

やっぱ音楽とセックスは似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

複雑な気分

今朝ネットのニュースを見ると

エイミー・ワイン○ウスが死んだとの報道。享年27歳。

このブログでも彼女のことを2、3回書いたような気がして

バックナンバーを見てみた。

2008年11月16日

彼女のことについて俺は、

突然変異の天才が生まれたってところだろうか?

天然ビッチ!

と評価している。

その後、

エイミーは早死にすると思う・・・

とも書いてある。

2年以上前まったくあかの他人の俺がそう感じていたんだから

身近な人は彼女の死をもっと強く予感していたんだと思う。

何とかならなかったのかな?

富と名声、孤独と重圧、薬と酒・・・

Photo

弔いをかねて↑のライブを観る。

彼女は曲の途中も酒を飲み続けている。

これじゃあ... しょうがない。

やっている音楽は最高なのに残念だ。

というより アル中リハビリなどの経験を

そのまま歌で表現していたので

この結末は ある意味必然だったんだろうか?

いろいろと複雑だな。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

再会...

ゆみちゃんと

一年ぶりに

再会した。

で、

彼女は

なぜか

太っていた... かなり。

さらに

声が

野太くなっていた...

以前はもっと華奢で可憐だったんだけどな~

随分苦労をしてるのかな?

なんか強くなったような。

彼女も三十路になったしな。

で、

その程度の変化を気にするような繊細さなど

まったく俺にはないので、

前と同じように延々とキスとハグをしていた。

でも、

両手で抱きしめると

ウデがあんまり余らない・・・

で、

彼女は

やたら記憶力が良い。

一年前に話したことをほとんど覚えていた。ゲッ!

やっぱり浮気をするような人とは一緒になれない

などと言う。

いや、

親愛なるきみよ、

それは違うんだ!

俺はいつも同時に複数の人と付き合っていただけで

浮気なんて絶対に...

あっ・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ボケゆくままに

最近 ボケてきたような気がする。

せっかく回らない寿司を食っているのに

ほんの数秒前に口に放り込んだネタが

何のサカナだったか、すでに思い出せない・・・

中トロ?かんぱち?かれい?ひらめ?サーモン?・・・

反芻! もぐもぐもぐもぐ・・・

うーーーん、ますますわからなくなる。

これでは俺のために非業の死を遂げたお魚さんたちに

失礼じゃあないかぁ~。

ひょっとして

味覚に異常がああぁ・・・

という理由があって、、、という訳ぢぁないが、

毎年恒例の成人病検診に行ってきた。

詳細な結果は後日郵送とのことだが、

0.7だった視力が1.2に回復していた。

20年前くらいの視力だな。何で?

四十路なのに身長も伸びている...ありえねえだろ。

仕事でムリをすることをやめたので

身長までのびのびしちゃったのか?

最近、何かの選択を迫られると

迷わず楽なほうを選んでるしな~♪

<

ここしばらく 南の島の れ○なちゃんに

「○○ちゃんは何があっても死にそうにないね!」などと

放置プレイをされているので

み○ほちゃんに「げんき~?あそぼー!」などと

メールした、、、つもりが、間違えて、

去年の今頃いろいろあった ゆみちゃんにメールをしてしまった。

アドレス帳の使用方法がいまだによくわからない、、、

で、

メールの内容のつじつまがあってしまったのか、

「私のこと 覚えていてくれたんだ!」などと返信が来てしまい、

まさか忘れていました、とも言えず

こんど会う約束をしてしまった。

ゆみちゃんとは 約一年ぶりか?

Yu_2

ボケの流れに身をまかせ~♪

あなたの 色気(いろ)に殺され~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

命とカネ

想像してごらん 年金なんて出ないんだと・・・
その気になれば簡単なことさ
僕らの足下にあり金はなく
頭上にはただ借金があるだけ
想像してごらん 多くの人々が
効率のために死んでいると・・・

想像してごらん 大臣なんていないんだと・・・
そんなに難しいことじゃない
威張ったり踏ん反り返ったりする理由もなく
教養さえもない
想像してごらん 多くの政治家が
贅沢な暮らしを送っていると・・・

想像してごらん 所有するものなんか何もないと・・・
果たしてきみにできるかな
暖房や冷房の設備もなく
人は皆不平等なのさ
想像してごらん ほんの少数の人々で
世界を分かち合っていると・・・

僕を夢想家だと思うかも知れない
だけど 僕ひとりじゃないはずさ
いつの日か 利権に群がる奴らを叩き出せば
この世界は少しはましになるんだ

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

だらだら

2

俺は人間として生存しているはずだが、

どーもさいきん

クラゲ程度しか生命活動を行ってないような気がする。

まー、

人間には世間体のやうなものもあるので

パソコンのディスプレイにむかって

険しい表情をして働いているフリをしたりはするが、

実のところ8割くらいは脳が寝ていて

19%はなーんにも考えていない。

ところで、

クラゲって

普段は何の仕事してんだろか?

Photo

Music Midnight Blue

アーティスト:Kenny Burrell,Ray Barretto
販売元:Blue Note Records
発売日:1999/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜は

最近蒸し暑いので

ひたすら缶チューハイを飲みながら

ぼーーーーっと↑のようなJAZZアルバムを

流し聴いている。

しかし、

ケニー・バレルのギターって・・・

洗練されていて

一切無駄が無くて

それでいて味わい深い

いい音だ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

雑 感

このところ

やや

いそがしかった。

なにがいそがしいって

AKBのDVDが3枚組みなもんで

観るのに時間がかかったわけ。

感想?

特に無い。

おっさんは夜な夜な

へらへらにやにやしながら

延々と彼女たちのPVとトークを鑑賞していたわけさ。

本能のおもむくままに。

そんな俺でも

世界のいろいろな問題に関心が無いわけではない。

ギリシアの金融危機?

カネがねえのか?

んなもん、

パルテノン神殿を中国に売っちまったら解決するんじゃねえのか?

スペインなら

サグラダ・ファミリア売りゃあいい。

ポルトガル?

なんかあったっけ?

そうだ!

クリスティアーノ・ロナウドを中国に帰化させて

サッカーチームの強化に励めばいい。

まあ

たいていの問題は中国になんか売って

解決できるんじゃねえかと思ってるが

放射能だけは

どうしていいかわからん。

火バサミでひとつひとつ拾い集められるものでもないらしい。

見かけはとっても立派な家(国)をつくったのに便所を作り忘れたから

糞尿を納戸やら床下収納とかに隠してる状態だな。

半減期2万年のうんこ...

なんと愚かなことか...

非力な市民としては

家(国)から逃げ出すしかないんだよな。退避!

Photo

Music スマック・アップ+2

アーティスト:アート・ペッパー
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/10/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャズのガイド本などに薦められるまま傑作・名作などを

全部買い集めているうちに収拾がつかなくなっていた。

だいたい傑作・名作が多すぎんだよ。一生かかっても

全部聴き込めるわけねえ。

今頃、気づいたぜ。

だからこの頃は

CDの山からガサっと数枚を鷲づかみしてランダムにかけている。

まー、どれも似たようなもんだが(笑)↑は良かった。

このおっさんは私生活はメチャクチャだったのに音楽の水準が

高いところが憎たらしくて そこがイイ。

ジャズマンはそういふ変な人が多い変な音楽だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »