« 4月13日の桜 | トップページ | 青年よ精子を放て »

2011年4月14日 (木)

2011年4月14日の桜

Kc3o0008_2

Kc3o0015_2

Kc3o0019_2

Kc3o0022_2

Kc3o0020_2

「輪廻」ってよくわからんが

命って大地や海から得たもので

「循環」してるんだよな。俺も循環の一過程だ。

やっぱ、間違ってるよ。原子力教。

|

« 4月13日の桜 | トップページ | 青年よ精子を放て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶり。どの桜の写真も皆キレイ、素晴らしい。やはり、石原の花見自粛ってのは間違ってるよな。日本人にとって桜ってのはある意味、死者を想い、送る花でもあるんだよ。奴は文学者のくせに梶井基次郎の「桜のの樹の下には死体が埋まっている」ってのを知らないのだろうかね。

 福島に関しちゃ、まさか自分の故郷がチェルノブイリやスリーマイルズと同列に世界で語られる単語になるとは思わなかったよ。いわきの内陸が震源地って、新聞で自分の実家のところがおもいきり×がついているのを見てのけぞってしまった。

 日本の安全神話はもう崩れてしまったな。後は花と女性だね、世界に誇れるのは。マジでそう思います。

投稿: ナヴィ村 | 2011年4月16日 (土) 21時20分

 いわきといえば郷土愛のつよいナヴィ村さんですから、ずっと考えてましたよ。悲しみと怒りがいかばかりかと。どんな言葉も陳腐に思えたので桜を観ることにしたんです。放射能に犯された土地と死者を想いながら、愛おしく桜を眺めました。
 ずっと観察して気づきました。循環を守ることの大切さを。いろんな議論がされていますが、原子力は命の循環を傷つけてしまいます。
 俺は命の循環のなかで、花と女性を愛しながら死ぬまで生き続けたいんです。まともな海と空と大地に戻っていきたいですね。

投稿: jazz坊主 | 2011年4月16日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/39613510

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月14日の桜:

« 4月13日の桜 | トップページ | 青年よ精子を放て »