« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ちょっと目覚める

ずーーーーーっと休日が無くてちょっと壊れている。

疲れてるけど不眠。

で、

そんなことより

世界では

もっと大変なことが起こっているようで

苦しんでいる人もいるようで

やっぱ気になる。

で、

最近よく

仕事で移動中のカーラジオから

↓ この人のような、

Photo

つまり、

ディラン調というかディラン風の曲がよくかかっている気がする。

本人ではなく他の人たちが歌ってんだけど。

曲調や歌唱法が似てるような気がするんだ。

そんで、

なんとなく家でも聴きたくなり

60~70年代のものをいろいろ探し出して聴いてみると

いろいろと新たな感動みたいなものを覚えたんだよな。

世界にはまだ「戦争の親玉」がたくさんいて

時代はまだまだ変化の必要があって

ハッティ・キャロルのように殺される人が大勢いて

「トゥームストーン・ブルース」はしゃれにならないくらいリアルだし

「ライク・ア・ローリング・ストーン」は

衰退する日本の現状に“グサリ”と突き刺さってくる感覚。

異国の物語を感情移入して聴いていたものが

どんどん現実になっちゃってるぞ。

かれこれ半世紀も前に創られた歌にやられちゃった気分だ。

2

Music 偉大なる復活

アーティスト:ボブ・ディラン&ザ・バンド,ボブ・ディラン,ザ・バンド
販売元:ソニーレコード
発売日:1991/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ まるで新譜のように新鮮に聴こえた。

「イッツ・オールライト・マ」なんて最近書いた詩なんじゃないか?

ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

声 明

おまえら

皆殺しにしてやる!

私は

けっして

この

トリポリの地を

離れないぞ!

<

<

<

<

Photo <

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

泥酔ソング

カネがあるなら

旨いものを喰えばいいし

ないなら

我慢しろ。

真実の愛

あったらいいけど

それほど欲しくもない。

永遠の愛

巡り合えたら

幸運だろうけど

探し求めるのは

面倒だ。

映画を観た。

過去の女を遡る話ばかり。

回想

営みのダンス。

俺も数えてみた。

顔と名前・・・

途中でこんがらかった。

寝ることに意味があるのか?

俺にはわからない。

だけど

大好き。

利口になれたら

幸運だろうけど

いまさらなりたくもない。

いつも馬鹿笑いができるなら

阿呆のほうがいい。

いつも旅していたい。

現実は常時労働。

奴隷にはなりたくない。

飲酒がとまらなくなったら

コーラを腹一杯飲め。

ゲップのファンファーレ。

喫煙と

都内で犬を散歩させることと

3ナンバーのクルマに乗ることは

似ている。

「うらやましいですね」と言いながら

負けたフリ。

自由を求めて孤独を選び

何をいまさら農耕民族

無縁でいいじゃない?

そんなに死にたきゃ

アスベストの棺の中で

くたばってろ!

Photo

今宵のミュージック。

今、酔っ払っている。

体力も知力も下降してるのは自覚してんだけど、

そんなことはどうでもよくて、

とにかく

一曲目の「ロザリン」。

たしかプリティ・シングスの曲のカヴァーだったと思うけど

ボッキするほど良い曲・良い演奏だ。

ライブハウスの匂いがする。

昔からセックスと音楽は似ていると感じる。

ゾクゾク奮い起つ。

なんか、

すごく、

いい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

実は良心的。

jazz坊主に

毎年恒例の

地獄の季節がやってきた。

週7日勤務、週休ゼロ日とも言うか。

労基法無視の状態が4月まで続く。

が、

今日は

某高級ホテルの立食パーティ。

もちろん仕事絡みだけど、飲み放題食い放題。

浴びるほどのアルコールを飲み続けた。ひたすらに。

おそらく日本酒換算だと一升半を超えたくらい飲んだ。

それでも収まらず、

数名と二次会。

おごりだったので

またバカ騒ぎしながら

ひたすら飲み続けた。

昼から延々7時間くらい飲み続けたので

いい加減飽きてきて

久々に一人で

某ヘルスへ。

どうせ泥酔状態なのでイクはずもなく

酔い覚ましでいいや的な感じで

60分\21,000コースを選択。

顔が美人でおっぱいもまあまあの女を選択。

彼女が裸になるとケツに虎の刺青・・・

まあ、よくあることだ。

しかし、

ノリが悪いクソ尼だ。

姫は機嫌を損ねている。

何故か?

追加料金\15,000で本番をやらせてもっと稼がせろとの要望を

俺が断ったからだ。

だって合計で\36,000じゃあ吉原の基本料金を超えてるじゃん!

俺だって簡単な足し算くらいできるぜ!

この期に及んで変なところにこだわる、相変わらずセコイ男よ。

ふっ(笑)

しばらく悲壮感漂う不機嫌なフェラチオが続く・・・

飽きたので69の形になるも、

この姫、

あろうことか、ケツの穴しか舐めさせない・・・

普通逆だろ!

クリちゃんと本丸はいいけど

おしりだけはダメという女は多いが

ケツの穴しかダメって・・・

その程度のコミュニケーション能力じゃ、

この就職氷河期を乗り越えられねえぞ!

などと

口論してもしょうがないので

丹念に姫のケツの穴を舐める。ただひたすらに・・・

でも、

いくら丹念に舌を尖らせながら

ケツの穴を攻めたところで

行き着く先は、せいぜいうんこだろ・・・

姫のケツの穴の渦巻きが

日本のデフレスパイラルを象徴しているような気がして

いたたまれない気分になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあそういう日もあるさということで

帰り道のミュージックは↓

Photo

Music Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols

アーティスト:Sex Pistols
販売元:Virgin
発売日:2009/12/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いいねえ~!

ペテン師楽団という趣もあるが、

この盤を手に入れたときに払ったカネは

たしか2,500円くらいで

俺がこの盤から受け取った快楽は100万円を軽く超えていると思う。

21,000円でケツの穴しか舐めさせない女より

何十倍もコストパフォーマンスに優れた

良心的なバンドだったなと

訳わかんないけど納得するjazz坊主であった。

パンク万歳!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

一本\298のワインですらビール券でまとめ買いする男のつぶやき

みなさん、

むばらくぶりです!

しゃれになってませんか?

さむいですね。

相変わらず、

ブログの行間の作り方がわからないjazz坊主だ!

<

<

<

<

<

<

<

<

・・・・・・

凍てつく冬の夜は

会社に残って

本を読むに限る!

なぜならば、

家の光熱費が浮くからだ......

早く帰ると

暖房費もバカにならん。

ふっ、

相変わらず

セコイ男よ!

ついでに、

うんこも会社でするようにしている。

なぜならば紙と水があぁぁぁ

・・・もういいか。

<

今宵の音楽は、

Photo

↑『世界を売った男』デビッド・ボウイ。

何度も聴いているはずなんだが、

恥ずかしながら、今頃になって人間離れした傑作アルバムで

あることに気づいた。

デビッド・ボウイの魔力にかかると

ミック・ロンソンのハッタリックなギターですら

神々しく響き渡ってしまう。

まあ、

いつものようにどんなにスゴイか

うまく表現することができないが・・・

持っている人は聴きなおしてみた方が・・・余計なお世話だな。

まあ、

俺の読んでいる本だって、

「とりあえず死ぬまで生きてみよう!」的な

みもふたもない、どーでもよい本ばかりだし

いまさら表現力が増すはずもなく・・・

相変わらず文章が苦手なjazz坊主でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »