« 2011 | トップページ | アンバランス »

2011年1月10日 (月)

脈略の無い話

仕事や地域社会活動その他による過労は

心身ともに深刻な危機をもたらす。

そのような状況で

まともな判断を下すのは

無理だ!

解決方法はたった一つ、

休息だ。

働き過ぎたら休む。

これが出来ない状況に追い込まれた人が

結局、

死ぬ。

何とか休息を得られた俺は、

老若男女が集まる地域の飲み会に出席した。

男女を問わず、健康に歳を重ねる人々は

カッコイイの一言。

人の名前を忘れたり間違えたりしても万事オーケーな

状況を創り出す、“不完全な人間”であっても許される姿が美しい。

否、

歳に関係なく、人間は不完全であるべきだ。

完璧な人間などこの世に一人もいない。

<

もう、人生の問題点はだいたいわかっているつもりだ。

現役労働者世代の問題点は

雇用不安。要は仕事とカネだ。

で、

現役・ご隠居世代に共通する問題点は

健康問題と孤独。

ただ、

健康問題と孤独については、現役世代に比べ

ご隠居世代は、より切実な問題であろうと想像する。

老化による体力の低下。伴侶に先立たれたりもするな。

けど、既得権をたてにワガママ言ってんのも

ご隠居世代だけどね。

より深刻な状況に置かれているのは

30代以下の若い世代だろう。

ま、

真面目は話しはここまでにしといて、

話は360度変わるが

男として俺は、

10代半ばから50代の方までいろいろお付き合いして

頂いたが、(つまり“した”)

一番魅力的に感じる異性は、

やっぱ、

19歳だ。

魅力的というか、一番印象に残るんだ。

何でだろね?

おそらく、

男と違って、

今も昔も、成人式を迎える直前の「晴れ着」に対する

こだわりとかが、劇的に変化する女性を

魅力的にさせてるんじゃないかと思う。

変化が速くて、急激に成長する。

高校生のとき、

おニャン子クラブの番組『夕やけニャンニャン』観たさに

度々剣道部の練習をサボって直帰したが、

今思うに、

もっといっぱいサボって

おニャン子クラブを凝視・満喫しても

まったくノー・プレブレムだった思う(笑)。

今はAK○48が勢いがあるな。

好き嫌いは分かれるだろうが、

Akb

↑なんか聴いてると音楽の質がどうのこうの

というより、なんていうか...ヘラヘラしちまうぜ。

約35年前くらいに「デトロイト・ロック・シティ」を歌っていた

全盛期のキッスのような勢いを感じるぜ。

Kiss

↑ 地獄の軍団

で、俺は“パンク”で最近クラシック音楽も聴いているが

何か?・・・

|

« 2011 | トップページ | アンバランス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

JAZZ坊やさん、初めまして。昨日からブログ始めたMARIKAと申します。おんとしうんさい。
女性に年は聞かないでね。あなたの奮闘と哀しみに
なぜか共感しました。私も音楽は大好き、商社を経営していたこともあり、毎日頑張ってるのか喧嘩してるのか分からなかった日々があります。あなたとは、ちょっとだけ時代が違うけど。あなたの音楽の趣味最高です。私も昔ユーミンが出たてのころ、好きになったのだけど、しばらく遠ざかっていて、こないだ、スかパーで(すかでぱー)一番最近のライブ見たけど、凄かった。あなたのいうとおり、あのひとは、きっと真面目なガンバリ屋さんなのでしょうね。あの年で、あれだけの新曲!と思い、つたやからかりてきて、車にもダウンロードしました。
あたしも気が多くて、ジャズボーカル習ってるのだけど、ロックもクラシックも好きな人は好き。
神がいるのか、って言ってたけど、あたしは、何かいるのじゃないかって思う。音楽では、吉田美奈子さんのLIBERTYが入っているCDが全曲凄くて、あなたの好きな19歳のころから色々聞いたけど、日本では、トップだというのが私と主人の感想。コンサートも何度もいったけど、そのたびに驚喜しています。歌詞を読んで、曲を聴くと、あの人の歌には優しい神様がでてきます。半端じゃないよ。クラシック以外は、私は歌詞を重視してしまうの。主人は、耳がいいから音からはいるけど。
ちなみに私は、頑張りすぎて躁鬱病になってしまったの。虚無や、廃頽、敏感なほど感じてるけど、
やっぱりお金はある程度あったほうがいいというのが、主人の意見だけど、あたしは、ホームレスや
生活保護はいやだけど、あとは、カスミが満たされてると、ご飯を食べなくても幸せを感じます。
欲望といいだせば、きりがないけどね。
過去の栄光にすがっていても、今幸せじゃなきゃ意味ないしね、なんとかやりくりしています。
あなたの痛みはわからないけど、何か伝わってきます。主人が頑張って私より稼いでるので、主人の消したい男は、わたしが、影で殺しました。2人。
社会的に葬ったのです。策を練って。
私にも、ボーイフレンドがいます。東京の大学の講師をやってる人で、はるか昔から、縁が途絶えることは、ありません。深い仲であることは、主人には内緒です。でも、もう1年に何回セックスするか、
数えたこともないけど、セックスなしでも、下半身ネタとお笑いで、電話でも1時間以上話すことはよくあります。彼曰く、女にはめずらしい遊びごころが
あるそうです。こんなこと、こくっちゃっていいのかなあ、心配になってきたのでこの辺で失礼します。よかったら、暇があったら、ご返信くださいませ。  まりか

投稿: | 2011年1月11日 (火) 00時31分

JAZZ坊やさん、初めまして。昨日からブログ始めたMARIKAと申します。おんとしうんさい。
女性に年は聞かないでね。あなたの奮闘と哀しみに
なぜか共感しました。私も音楽は大好き、商社を経営していたこともあり、毎日頑張ってるのか喧嘩してるのか分からなかった日々があります。あなたとは、ちょっとだけ時代が違うけど。あなたの音楽の趣味最高です。私も昔ユーミンが出たてのころ、好きになったのだけど、しばらく遠ざかっていて、こないだ、スかパーで(すかでぱー)一番最近のライブ見たけど、凄かった。あなたのいうとおり、あのひとは、きっと真面目なガンバリ屋さんなのでしょうね。あの年で、あれだけの新曲!と思い、つたやからかりてきて、車にもダウンロードしました。
あたしも気が多くて、ジャズボーカル習ってるのだけど、ロックもクラシックも好きな人は好き。
神がいるのか、って言ってたけど、あたしは、何かいるのじゃないかって思う。音楽では、吉田美奈子さんのLIBERTYが入っているCDが全曲凄くて、あなたの好きな19歳のころから色々聞いたけど、日本では、トップだというのが私と主人の感想。コンサートも何度もいったけど、そのたびに驚喜しています。歌詞を読んで、曲を聴くと、あの人の歌には優しい神様がでてきます。半端じゃないよ。クラシック以外は、私は歌詞を重視してしまうの。主人は、耳がいいから音からはいるけど。
ちなみに私は、頑張りすぎて躁鬱病になってしまったの。虚無や、廃頽、敏感なほど感じてるけど、
やっぱりお金はある程度あったほうがいいというのが、主人の意見だけど、あたしは、ホームレスや
生活保護はいやだけど、あとは、カスミが満たされてると、ご飯を食べなくても幸せを感じます。
欲望といいだせば、きりがないけどね。
過去の栄光にすがっていても、今幸せじゃなきゃ意味ないしね、なんとかやりくりしています。
あなたの痛みはわからないけど、何か伝わってきます。主人が頑張って私より稼いでるので、主人の消したい男は、わたしが、影で殺しました。2人。
社会的に葬ったのです。策を練って。
よかったら、暇があったら、ご返信くださいませ。  まりか

投稿: | 2011年1月11日 (火) 00時36分

宇宙の果てに近い場末のブログへようこそ!
コメントありがとうございます。
音楽の趣味は、本能的に好きになったものを聴いているだけで誉められるとテレます。
まりかさんは数々の苦難を乗り越えて現在生きているわけですね。それだけで素晴しい事だと思います。
ブログではいろいろメチャクチャなことを書いておりますが、本音は誰も傷つけたくないんです。意味もなく悪意や敵意をむき出しにしてくる人は別ですけど。

実は神はいるのかな、と思うようになりつつあります。自分が本当に愛している別れた娘たちや両親が幸せであるように祈る対象は「神」しかいないからです。だけど戒名に大金が必要とか人間が作った宗教は胡散臭くてきらいです。罰を恐れて神頼みをするようなことはいやだなと。

今でも闘病中なんですか?私も20代半ばあたりに廃人になっちゃったなと自覚するような苦しい時期があり、綱渡り状態でした。それ以来あんまり仕事を頑張り過ぎないようにしてるんですが、それでも断りきれない仕事が怒涛のように押し寄せてくる時期もあり、耐え忍んだり、かわしたり、まーいろいろありますよね。がんばらないで少しダメな人でいいんじゃないでしょうか?ジャズ・ミュージシャンも私生活がメチャクチャな人が多いし(笑)

女性の魅力にはかないません。そして私は少しダメな人として生き残っていこうと思っています。
もちろん前向きに人生を楽しみながら。

※このブログのトラックバックにたまに悪意のあるサイトから攻撃をうけるときがありますが、ほとんど放置してます。ブログの本文やバックナンバー以外は(特に外部リンクに飛ぶもの)クリックしないほうがいいですよ。

投稿: jazz坊主 | 2011年1月11日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/38405839

この記事へのトラックバック一覧です: 脈略の無い話:

« 2011 | トップページ | アンバランス »