« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月27日 (水)

哀しき男

水と女はカネで買え!

jazz坊主だ!

↑上記の件、別に男尊女卑じゃねえぞ!

つまり、

裏を返せば、

男は売り物にもならん!っちゅうことだ。

世の中、3万円払えばやらせてくれる女は腐るほどいるが、

オイラの身体を3万円で買ってくれ!といって売れる男は

スマトラトラ並に希少だと思う。

オヤジになると、

あっちの経験だけはムダに豊富になるから

刺激に対して鈍くなる。

だから、

興奮するには“ストーリー”が必要だ。

風俗行って金払って“ナニ”してもほとんど興奮しない。

やっぱ、一般人がイイ!

一般人との純粋なストーリーや許されない愛なんかが

オヤジを興奮させるわけで......

と言っても、最近は一般人もカネ(あるいはブランド物)などで

買えるような風潮で、特に若い娘に顕著で、

しかも、積極的に売り込んできたりされると、

オヤジは深く傷ついたりしながらもニヤついたり、

一体、お前は悲しんでるのか!喜んでるのか!と問い詰められても

「両方...」と答えるしかなく、男って哀しい生き物なのよ!

ルイ・ヴィ○ンのバックをプレゼントした女を

ヤッた回数で割ると、

一発八萬円なんてこともあり、

ええっ!

コストパフォーマンス悪過ぎ!!

ソープより割高!!なんて思ったりして、

やっぱり男って哀しい生き物なのよ!

けっけっけ・・・・・・(笑)

Photo

今まで何度か登場した↑の盤。

Music カントリー・ライフ(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ロキシー・ミュージック
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、まじめに聴いている。

実は、、、

ブライアン・フェリーの

ボルゾイとブルドックをかけた雑種犬みたいな

顔がイマイチ好きになれず、これまでロキシーを

聴きこんでこなかった。

おおっ!

コレ、いいじゃないか!特に一曲目の

「ザ・スリル・オブ・イット・オール」。

余計な音がいっぱい入っているような気もするが、

それを差し引いてもカッコいい!

なんかね、“落武者の暴走”って感じだ!

なんじゃそれ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

ノスタルジア

失われた41年。

ひさびさのjazz坊主だ!

失われた・・・というのは後ろ向きな嘆きではなく、

客観的な事実なんだ。

俺の故郷は物心ついたころから不況だったし

(鉄冷えの街とか揶揄された)、上京したバブル絶頂期には

ビンボー学生で、好景気とは無縁だったし、

就職したとたんバブルがはじけた。

巷でよく言われる失われた20年ぢゃなくて41年だ。

失い続ける人生!ちょっと退廃的でカッコいいじゃないか。

きっと60年後には、

“俺の失われた101年”とかブツブツつぶやいてんじゃないかと

想像すると結構笑えるな。

で、

いつものように話が飛ぶが

ユーミンのCDを買った。

何故って?

オヤジが感傷に浸って何が悪い!(笑)

Photo

Music Super Best Of Yumi Arai

アーティスト:荒井由実
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2000/04/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ひこうき雲」。いいねえ。

楽曲や歌詞はもちろん素晴しいが、

“真面目で一生懸命”な歌い方に心を打たれた。

ユーミンといえばちょっと金持ちのオシャレな歌を

唄う人というイメージをもっていたが、

この曲をあらためてじっくり聴くと、オシャレというより

泥臭いくらい大真面目だ。

“真面目で一生懸命”

・・・俺にはなつかしい言葉だ。

子供のころ、そんな時期があったな。

努力するとほめられ認められ結果が出た時代。

今はどうだろう?

かなりゆる~く生きてるな。良いか悪いかは別として。

俺のまわりには時給千円に満たない低賃金で働く同世代の男が

ウヨウヨいる。

20年くらい前はそのような仕事は子育てが終わったパートの

おばちゃんが副業的にやっていたんだよな。

みんな真面目に一生懸命仕事をしているのに、

待遇が良くなる見込みはほとんどない。

世界では真面目で一生懸命に加え、日本よりずーっと低賃金で

働く人々がいっぱいいるからね。

競争になったら日本の労働者は圧倒的に不利だよな。

厳しい世の中になったものだ。

このあいだ、

近所にいる75歳のジジイに今の日本の衰退した現状を教えてあげた。

ジジイはぽつりと

「やっぱり我々の時代がいちばんよかったのかなぁ...」

と言う。ズシリと重い響きがしたぜ。

そう言われちゃ身も蓋もないよな。

以前は、昔の人のほうが苦労が多かった、というのが常識だった。

最近の若いものは!、っちゅうやつだ。

ところが

今は、年上の世代に同情される時代になった。

俺も今の20歳前後の人の雇用状況を気の毒に思うし、

もし若返られるとしても現状じゃ断るね。

変な時代だ。

もし俺が今の厳しい若者の状況におかれたら?

真面目に一生懸命、

大暴れするね!(笑)

Clash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

偶然か?

今日、

LOUIS VUITTONから

メールが届いた。↓の画像が添付。

“ルイ・ヴィトンの最新広告キャンペーン”

Photo

ひょっとして、右にいるオヤジは...

昨日の記事でちょっとだけこの男のことについてふれたが、

タイミングが良過ぎじゃ...

ま、精力的でイイんじゃない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

出るものは吐き出せ

最近、

休日が無いぞ。

管理組合の理事長などもしてるので

日曜日も全然プライベートな時間が無い。

ひと様の家のペットのトラブルや

そこんちの息子のう○病の問題や

家計の破綻や

水漏れ事故などに

いちいち関わっていられないぜ!

気の毒とは思うが、

いろんなうちの、いろーんな問題や不幸まで

背負っていられるか!

まあ、ボノのように大陸ごと背負えんじゃねえ?みたいな

スーパーマンもいるが。

(元力士のデブぢゃなくてダブリン出のバンドのヤツの方ね。)

しかし、

どんな奴だって100年も経てば死ぬんだから

他人の目や評判や噂なんて気にせずに生きたいものだ。

実際、そのように生きているが、

都市に生きてる以上、何らかの社会的な関わりがあるのは

しかたないか。

あー、理事長辞めてえー!

あー、ライブハウス行きてえー!

うーーーーん、

何言ってんだかよくわかんなくなってきたぞ。

ようするに、

単なる愚痴だな。

いいんだ。

不平や不満は全部吐き出すんだ!

Mc5

Kick Out the Jams

↑ 最近、クルマでよく聴いている。

なにごとかを扇動する怒りの声と爆音を轟かせているが、

なにもそこまで怒んなくても...って思うのは、

俺が年食って性格が丸くなってきたからか?

いや、それならこのやうな音楽を繰り返し聴かねえな。

頭振りながら細かいこと考えないでスカッと聴ける名盤だ。

クビが痛えや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

脱力生活

上場企業に勤めている友人には申し訳ないが、

日経平均株価が下落すると

俺は...なんか、ものすごくうれしい。

けっけっけ......

株買うなんて、余ったカネを持ってる奴じゃないとできないし、

労働しないでカネ儲けしようという魂胆が

気に入らねえ。

何が“資産運用”だ!要するにあぶく銭稼ぎだろが!!

激動のグローバリゼーションの時代を勝ち抜き

金持ちになる方法は知らねえけど、

生き延びる方法なら知っている。

それは、

1日200円以内で生活できる能力を持つ事だ!

なに?

無理?

そんなことじゃ生産能力で

バングラディシュとかに負けちまうぞ!?

でも、

日本人って好きだろ?“横並び”

みんながビンボーなら、俺もまあいいか。みたいな(笑)

仕事の量も生活レベルも落として

乞食の宴会を楽しもうぜぃ!!

Stones

ベガーズ・バンケット

俺が高校2年生だった頃...25年くらい前かな?修学旅行の

寝台車で聴いていた。京都か琵琶湖辺りで。未だによく聴く。

名曲揃いのなかで、

“パラシュート・ウーマン”の歌詞の脱力ぶりが好きだ。

めんどくさいから、引用しねえぜ~

<

<

実はさ、最近、

就○活動に失敗した学生が

また自死した情報を聞いた

・・・

そんなのバカバカしいぜ!

他人でもそういうニュースって堪えるだよな。

だから、

脱力しようぜぃ~

生き残れ バカ野郎ども!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »