« とりあえず“愛”ということで | トップページ | そしてすれちがい・・・ »

2010年7月 1日 (木)

夢をみるのはタダ

で、

先日、あ○みちゃんとデートをする約束をしたが、

なかなかお互いの仕事の予定が過密で日時が決まらない。

ひょっとして、俺をあのもみもみ店に通わせる誘導作戦か?

一回で10万円も使う上客と思われてしまったのか?

金持ちと勘違いされたのか?

だとしたら、

そこに“愛”は無い。

だから、

彼女に、

「人の心はカネで買えないから店に行く気はないからね」

とメールする。

俺を浪費させる指名料が目当てなら、

これでジ・エンドだろ。

・・・って思ってたら、

ごくフツーのプライベートなメールが来た。

ふっふっふっ・・・

メールの内容は内緒だが、

生きてるってたのしいなぁ。

実は彼女、

もみもみさせるのが本業ではない。

本職のオルガンの先生じゃ食えないから、

夜のお仕事をしているだけだ。

生きるためにジタバタ必死になっている人って

カッコいいと思う。

たいしたこともせずに文句ばっかり言っている奴には

ウンザリだ。

俺は思わず、

デボラ・ハリー(ブロンディ)の“ドリーミン”が聴きたくなった。

Photo

彼女が時折みせる野心に満ちた鋭い視線が

“生き延びてやる”って語っているようで、

とってもカッコいいんだ。

|

« とりあえず“愛”ということで | トップページ | そしてすれちがい・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/35592357

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をみるのはタダ:

« とりあえず“愛”ということで | トップページ | そしてすれちがい・・・ »