« そしてすれちがい・・・ | トップページ | うっとり »

2010年7月 7日 (水)

天秤かけたり、かけられたり

今日も、

あ○みちゃんからメールが来た。

Photo_4

絶縁メール!!!!...

今の自分にはお金が必要だからやっぱりお店に来てくれなきゃ

付き合うことは出来ないの・・・

との内容。

俺は、

何だ!このクソアマ!やっぱカネ目当てだったのか!

最初から言えよ!このくそ売女!!

と、怒ろうかとおもったけど、ちょっと冷静になって

お別れのメールを送った。

君がギョーカイの深みにはまることをちょっと心配していた。

と。

これはホンネだ。

風俗の女とは数え切れないくらい遊んだが、あ○みちゃんは

限りなく一般人だった。

その筋のギョーカイに染まった人と一般人では、

明らかに人種が違う。

闇の世界に染まった人と話すと意外と悪い人ではないし、

特別に何かが違う訳ではない。

むしろ人情味に溢れ、凄くやさしかったりする。

が、

染まっちゃった人は、完全に金銭感覚がマヒしているし、

たまに平気で人を殺そうとしたり、他人の金を持ち逃げしたりする。

意見が食い違うと朗らか(?)に相手を半殺しにしたりする。

そこらへんが一般人と違う。

人種差別ではなくて、ただ単に人種が違うだけなんだ。

犬の肉を食う民族と鯨の肉を食う民族の違いのような。

たぶん、

人が生きてきて、注がれた愛情とか受けてきた憎悪の差とか

環境や運で違いが出て来るんだと思う。

俺は学生の頃、お金がなくてギョーカイの深みに

はまりそうになったことがある。

ピンクチラシ貼りや裏ビデオ売りならまだしも、

死体運び...なんて、いくらカネを積まれてもできなかった。

愛されて育ったから一般人に戻ってくることができた。

さて、

フラれたから

気分を切り替えてと、

現在の彼女のれ○○ちゃんに久々にメールをした。

まだ正式に別れたわけではなかったので...

俺も徹底的にズルイ大人になったものだ(笑)

悪ぶっているうちに、いつのまにかホントーに

悪人になっちゃったようだ。

・・・

メール送信から約5分後、

一分の誤差も無く、ほぼ同時に2通のメールが来た。

あ○みちゃんとれ○○ちゃん。

40代のオヤジに2人の20代の女性から同着メール!

いやぁ~、まいったなぁ~(笑)

あ○みちゃんは、俺の純心(?)を理解してくれたらしく、

ごめんなさい。あなたのこと誤解してました。

今度、仕事抜きで食事に連れて行ってください。

またメールしてもいいですか?

おうっ! もう復縁メールか! 完全に形勢逆転だぁ~!

あ○みちゃんは、

他にもエロ目的の男のデートのお誘いが多過ぎて

何もかも嫌になっていたようだ。

俺も、他の男と大した違いは無いんだが・・・

れ○○ちゃんからは、めずらしく速い返信だ。

なんか問題を抱えているような、元気の無いメール。

彼女にはどうしても捨てられないものがある。

それは、南の島への郷土愛。プラス家族愛。

それと俺とを天秤にかけられても、勝てるとも思わないし、

決断を迫ったりする気もない。

2人の女と俺。これからどうなるんだろうねぇ。

この状況、何かに似ているような気が...

ああ、そうだ!

漫画「いなかっぺ大将」の

風大左衛門と花ちゃんとキクちゃんの

関係だ!

Photo

なつかしいなぁ。

大ちゃんが上京して洋式便所を初めて見て、ちいさいお風呂と

思い込んで入浴しているシーンは爆笑だったな。

まっ、俺の場合、天秤なんかかけていると両方とも失っちまう

公算が非常に高いがね!かっかっかっ(笑)

<

ほれた女がらみで、あまり順調にことがすすまないとき、

必ず聴きたくなる曲がある。

Photo_2

Burrito Deluxe [12 inch Analog]

Flying Burrito Brothers の最終曲“Wild Horses”

ローリング・ストーンズの名曲だけど、もとは、

このバンドのグラム・パーソンズのために書かれた曲って

聞いた事がある。

グラムの情感溢れる、胸をかきむしられるような歌声が

素晴らしすぎる!

Photo_3

↑グラム様

|

« そしてすれちがい・・・ | トップページ | うっとり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398909/35669390

この記事へのトラックバック一覧です: 天秤かけたり、かけられたり:

« そしてすれちがい・・・ | トップページ | うっとり »