« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月27日 (火)

ひさびさ

ああ、

めんどくせーーーー!

マンションの管○組合のペット問題なんて

どうでもいいぜ!

動物は嫌いじゃないが、

他人に迷惑かけて開き直って無法な飼い方してんだったら

そいつのうちの犬を蹴り殺しちまえばいい!(あるいは暗殺!)

・・・とも思うのだが、世の中そう簡単にものごとが解決できるわけ

でもないらしい。

いや、まてよ。犬に罪は無いぞ。あのくそオヤジを高いところから

突き落とせばいいんだ!(あるいは毒殺!)、って言っても

あんなくだらない野郎のために俺が刑務所に行くのもバカバカしい。

で、

警告文作成... あーーーーめんどくせえ~!しね!しね!しね!

<

この前の日曜は久々にライブハウスに行った。

マンションの雑務や仕事の行事などで土日がつぶれまくってたから

なあ~

で、

スーパー○ナッズ。やっぱええわぁ~

2_2 

たしかもう20年前後(?)続けてるんだろうけど、

ここまでくると匠の業というかロックンロールマスターというか

とにかく聴いてて心地よい。ストーンズとかフーとかゼペリン

とかラモーンズなどなどの良い所のエッセンスがいい具合に

ブレンドされて熟成されたオリジナリティって感じだ。(?)

1

3

で、

ギ○ーズもよかった!

Photo

そこいらのジャパニーズメジャーバンドより、

音楽の質というか、音の迫力が圧倒的に良い。

ストーンズのようにメジャーにもならず、ベルベットのように

世界的なカルトバンドでもない。この世はそういうスポットライト

などには無縁なのに、グレイトロックンロールを演ってるバンドが

星の数ほどいるんだろうな。いや、そんなにいねえか。

大体、星って人間の数より多いよな?

ヒマがあればもっといろんなバンド探索したいんだけど、

時間ってなかなかないんだよなぁ。俺も働いて食わんといかんし。

帰りがけ、素晴らしいベースを演奏していたギミーズの

ベースのお兄さんに思わず握手を求めてしまいました。

彼が演奏中に見せる海老反りはスゴイのひと言!

ん、それ音質に関係ネエか?

ま、それも含めてロックンロールってことで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

バーニング

今日、

仕事の都合で

或る建物を訪ねたら

隣の建物が火事だった・・・

ミッション延期!

♪よくあ~る 話じゃあないか~♪

めったにねえか?

<

今日は、

あ○みちゃんと

たくさんメールしたな。

あ○みという名は当然 源氏名で

本名は○みという。

まったく...ややこしいぜ!

俺ももうけっこういい年なので表現がかなりストレート

になったようだ。

あれっ??なんか私告白されてる(絵文字)??

と彼女。

メールで告白なんかしないよ。

でも、○みちゃんのこと好きだよ

と俺。

クラーク・ゲーブルも卒倒もののキザさ......

Photo

彼女の店は朝の5時まで営業していて、そのまま9時には

昼間の仕事に行くこともあるので直接会って話すのは

難しい。

彼女に気持ちは伝わったようなので

この恋が成功しようが失敗しようがどっちでもいい。

好きなものは好きなんだから。

Photo_2

↑ 今の気分はこうなんだけど、

俺の内面は ↓ だからなぁ(笑) どうなることやら

Photo_3

「俺じゃダメか?」 ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

バカはなおらんね

こんばんわ

未だ任意保険に入らずに

ヤンキーの中古クラウンなどとカーチェイスを

繰り広げているjazz坊主だ!

ハイリスク・ノーリターン。心臓の筋トレ(?)って感じ。

それにしてもオービスはウザいね!

ひと昔前のSF小説の管理社会だよ!

で、

今、俺は法人宛に送られてきたお中元の大量のビールを

くすねてきて飲酒してゴキゲンだ!

実は、俺、

先月は、状況によっては刑○所に服役の可能性があったが、

ある通知によって免れた...

覚悟は決めておいたけど、、、ラッキーーーーー!!

当分、人生の大きなギャンブルは控えようと思っている(笑)

で、

俺は、

また、

恋をしているかもしれない。

あ○みちゃんとは、

ほぼ毎日メール交換をしている。彼女から来るときもあるし、

俺からメールしても100%返信が来る。

南の島の他の彼女とはかなり誠実さに差がある。

まあ、性格の違いなんだろうけど。

で、ギョーカイの彼女とは

お友達でいいや、と思っていたが、

だんだん、情がわいてきた。

彼女は風○業界で働くオルガ○弾き。

お互いの音楽的嗜好を無理やり合わせると、

ジョン・ロードのいたディー○・パープルや

俺がハレー彗星並の周期でしか聴くことがない

エマ○ソン・レイク&パーマーの話になってしまう。

Elp

↑ EL&P。何故か所有している...2回くらいは聴いたかな?

EL&Pって、これ以上無いくらいパンクロックと対極の関係に

あるバンドだよなぁ~・・・

Photo

↑ こんばんわ。ベースの演奏が苦手なシド・ヴィシャスです...

否、良いんだ!いい女のためなら音楽のジャンルなんか

屁みたいものだ。無理やり聴いてやるうっ!!!!

「展覧会の絵」も買っちゃおうかな?

ブログ名も“エロ坊主のプログレ魂”に変えよっかな?

Photo_2

・・・

やっぱ止めた!

プログレの世界なんかにのめり込んだら

某K・Cのロバート・フリップ先生に、

「君はピックの持ち方も知らんのかね?」とか

叱られそうだし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

うっとり

最近、暑いな!

俺はエアコンが苦手だから窓開けて

ボクサーパンツ一枚で寝てるが、

暑いときんたま袋が伸びちゃって

横チンになっちゃって

蚊にさされる。

エッチな蚊だぜ!とうぜんメスだろう?

・・・くだらねえ...

今朝は、

かなり早朝に

夜のおつとめが終わったばかりの

あ○みちゃんのメールの着信音で起こされた。

Photo

気分いいぜ!

一時期、店に行く・行かないで緊迫した状況になったが、

結局、俺は店にはいかないということで決着した。

でも、いまじゃすっかり心を開いてくれて、

今日は10通以上メールをくれている。

でへへへへへへへへ・・・

しかも、

一回のメールが原稿用紙2枚分もあったりして、

ひひひひひ・・・

いっそのことジャポニカ学習帳一冊分くらい送ってくれても

俺は喜んで読むぜ!返信しまくるぜ!

仕事なんかやってやれっか!

とか言いながら、俺は今日、山でビールを飲む仕事を

していたんだが・・・

彼女と、今日は音楽と映画とアロマの話をした。

俺の天秤はかなり傾いてきた...

何か精神がふにゃふにゃに...

あ゛あ゛あぁぁぁぁ~

一発やりてえ~(笑)

Photo_4

↑ 最近、デビッド・ボウイのCDが安く再発されたので

初期の10枚か11枚を全部買いなおした。

以前の盤はボーナス・トラックだらけで興ざめしていた。

今回は全くオリジナルなので凄くイイ!

やっぱ、傑作にボーナス・トラックつけるほど野暮なことはない。

うっとり、聴きほれてます。

この世は宝物に溢れている。あーーーしあわせ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

天秤かけたり、かけられたり

今日も、

あ○みちゃんからメールが来た。

Photo_4

絶縁メール!!!!...

今の自分にはお金が必要だからやっぱりお店に来てくれなきゃ

付き合うことは出来ないの・・・

との内容。

俺は、

何だ!このクソアマ!やっぱカネ目当てだったのか!

最初から言えよ!このくそ売女!!

と、怒ろうかとおもったけど、ちょっと冷静になって

お別れのメールを送った。

君がギョーカイの深みにはまることをちょっと心配していた。

と。

これはホンネだ。

風俗の女とは数え切れないくらい遊んだが、あ○みちゃんは

限りなく一般人だった。

その筋のギョーカイに染まった人と一般人では、

明らかに人種が違う。

闇の世界に染まった人と話すと意外と悪い人ではないし、

特別に何かが違う訳ではない。

むしろ人情味に溢れ、凄くやさしかったりする。

が、

染まっちゃった人は、完全に金銭感覚がマヒしているし、

たまに平気で人を殺そうとしたり、他人の金を持ち逃げしたりする。

意見が食い違うと朗らか(?)に相手を半殺しにしたりする。

そこらへんが一般人と違う。

人種差別ではなくて、ただ単に人種が違うだけなんだ。

犬の肉を食う民族と鯨の肉を食う民族の違いのような。

たぶん、

人が生きてきて、注がれた愛情とか受けてきた憎悪の差とか

環境や運で違いが出て来るんだと思う。

俺は学生の頃、お金がなくてギョーカイの深みに

はまりそうになったことがある。

ピンクチラシ貼りや裏ビデオ売りならまだしも、

死体運び...なんて、いくらカネを積まれてもできなかった。

愛されて育ったから一般人に戻ってくることができた。

さて、

フラれたから

気分を切り替えてと、

現在の彼女のれ○○ちゃんに久々にメールをした。

まだ正式に別れたわけではなかったので...

俺も徹底的にズルイ大人になったものだ(笑)

悪ぶっているうちに、いつのまにかホントーに

悪人になっちゃったようだ。

・・・

メール送信から約5分後、

一分の誤差も無く、ほぼ同時に2通のメールが来た。

あ○みちゃんとれ○○ちゃん。

40代のオヤジに2人の20代の女性から同着メール!

いやぁ~、まいったなぁ~(笑)

あ○みちゃんは、俺の純心(?)を理解してくれたらしく、

ごめんなさい。あなたのこと誤解してました。

今度、仕事抜きで食事に連れて行ってください。

またメールしてもいいですか?

おうっ! もう復縁メールか! 完全に形勢逆転だぁ~!

あ○みちゃんは、

他にもエロ目的の男のデートのお誘いが多過ぎて

何もかも嫌になっていたようだ。

俺も、他の男と大した違いは無いんだが・・・

れ○○ちゃんからは、めずらしく速い返信だ。

なんか問題を抱えているような、元気の無いメール。

彼女にはどうしても捨てられないものがある。

それは、南の島への郷土愛。プラス家族愛。

それと俺とを天秤にかけられても、勝てるとも思わないし、

決断を迫ったりする気もない。

2人の女と俺。これからどうなるんだろうねぇ。

この状況、何かに似ているような気が...

ああ、そうだ!

漫画「いなかっぺ大将」の

風大左衛門と花ちゃんとキクちゃんの

関係だ!

Photo

なつかしいなぁ。

大ちゃんが上京して洋式便所を初めて見て、ちいさいお風呂と

思い込んで入浴しているシーンは爆笑だったな。

まっ、俺の場合、天秤なんかかけていると両方とも失っちまう

公算が非常に高いがね!かっかっかっ(笑)

<

ほれた女がらみで、あまり順調にことがすすまないとき、

必ず聴きたくなる曲がある。

Photo_2

Burrito Deluxe [12 inch Analog]

Flying Burrito Brothers の最終曲“Wild Horses”

ローリング・ストーンズの名曲だけど、もとは、

このバンドのグラム・パーソンズのために書かれた曲って

聞いた事がある。

グラムの情感溢れる、胸をかきむしられるような歌声が

素晴らしすぎる!

Photo_3

↑グラム様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

そしてすれちがい・・・

土曜午後4時、

あ○みちゃんからメールが来る。

「今日はお仕事ですか?」

彼女とは、なぜか出会った日から毎日メールの交換を

している。

上記のメールは

ようするに、今から彼女が出勤する午後10時までの間に

デートしませんか?という意味だ。

夜のプロフェッショナルからプライベートのお誘いなんて

まったく光栄なことだが、

俺は今日午後10時まで仕事だ、、、

彼女が10時出勤、俺が10時退社・・・

奇遇だぁ~、否!これ以上のすれ違いは無いな(笑)

彼女の店に行く気はないし、店の名前すら忘れていたのに

10時から○○○○だし~、とか書いてあったので、

思わずネット検索。

どひゃーーーーーーー!!

お店のHPに

顔出ししてんじゃん!!

風営法ってずいぶんゆるくなってたのね......(?)

しかし、やっぱかわいいなー・・・

Photo

俺の人生ますますドロ沼化しているような気が・・・

自分のことなのに、ちょっと面白すぎるズタボロ人生だぁ~

<

Photo

ウー・ラ・ラ(紙ジャケット)

↑ ゆるいといえばこの人たち。

もちろんいい意味で。

こういう音楽とは長い付き合いだが、

間違いなく、死ぬまで聴き続けるんだと思う。

惰性で(笑)

愛すべきミュージック。まあ今後ともよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

夢をみるのはタダ

で、

先日、あ○みちゃんとデートをする約束をしたが、

なかなかお互いの仕事の予定が過密で日時が決まらない。

ひょっとして、俺をあのもみもみ店に通わせる誘導作戦か?

一回で10万円も使う上客と思われてしまったのか?

金持ちと勘違いされたのか?

だとしたら、

そこに“愛”は無い。

だから、

彼女に、

「人の心はカネで買えないから店に行く気はないからね」

とメールする。

俺を浪費させる指名料が目当てなら、

これでジ・エンドだろ。

・・・って思ってたら、

ごくフツーのプライベートなメールが来た。

ふっふっふっ・・・

メールの内容は内緒だが、

生きてるってたのしいなぁ。

実は彼女、

もみもみさせるのが本業ではない。

本職のオルガンの先生じゃ食えないから、

夜のお仕事をしているだけだ。

生きるためにジタバタ必死になっている人って

カッコいいと思う。

たいしたこともせずに文句ばっかり言っている奴には

ウンザリだ。

俺は思わず、

デボラ・ハリー(ブロンディ)の“ドリーミン”が聴きたくなった。

Photo

彼女が時折みせる野心に満ちた鋭い視線が

“生き延びてやる”って語っているようで、

とってもカッコいいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »