« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

俺にもどうなるかわからん

最近、俺んちのテレビが

ひかりTVに接続された。

なんだかよーわからんけど、

Bフレッツの回線を使ったTVらしい。

2ヶ月間無料だというので、試している。

酒を飲みながら

ボェーと映画を見続けていると

午前4時とかになっていることが増えた。

寝不足だ。

で、

この間、↓を放送していた。

駅 STATION [DVD] DVD 駅 STATION [DVD]

販売元:東宝ビデオ
発売日:2005/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すごくいい映画だった。

が、、、

ひかり通信の回線の不具合なのか

途切れ途切れの映像になっちゃって、いい場面で

何度も画像が止まるので、話の筋がわからなくなったり

したが、それでもいい映画だった。

まー、“深み”があり過ぎて俺がこの映画を語ることなんて

できないが、

高倉健が演じる三上刑事が語った台詞で

すごく印象に残ったものがある。と言っても、

ストーリーに大きな影響を与える台詞ではない。

俺がおやっ!と感じただけだ。

三上刑事が地元の友人に警察を辞めたいと言ったあとに、

「(このまま警察を)続けても、この先見えているしな」と。

(たぶん↑のような台詞だったと思う。)

「先が見えている」・・・

うーん。この映画は1981年公開。

いかにも後期の“昭和”的台詞だよな。

つまり、まだ人生のレールってものが存在してたんだろ?

2009年の現在に自分の今後をある程度予想できる人って

少ないんじゃないかな?

「この先どうなるかわからないし・・・」っていうのが

“平成”的だと思うんだけど、どうかな?

この先、20年、30年後に人がまともに暮らせるような

“年金制度”が残っているか?かなりあやしいだろ?

昭和の後期は、先のことがある程度見えていることが、

つまらないことだったのかもしれない。まだ日本の成長期

だったしな。

俺もその頃、公務員になりたいなんて思ったことなかったな。

今でも思わないけど。

平成の現在は、今後の見通しがついている人って、

すごくうらやましがられるんじゃない?

「この先どうなるかわからない」ことを“不安”と感じるか、

“自由”で“刺激的”と感じるかで今後の生き方が

変わってくると思うんだ。

俺はどう思っているかって?

レールが無ければ勝手にぶっ飛ばすしかないでしょう!

ビューーーーーーン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

追悼、そして大きな勘違い

ファラ・フォーセット“も”死んじゃったんだよな。

Photo

MJと同じ時期に死んじゃったから扱いはちーさかったな。

むかしは、金髪の外人=セクシー・ダイナマイト!

俺の子供の頃は性的好奇心の対象=金髪の外人。

雲の上の人のような存在だったな。

いまじゃー、

マジックミラー越しに何人かの日本人の女と

金髪の外人がいたら、100%前者を選ぶね。

日本の女の価値が上がったのも、MLBでのイチローの

活躍があってこそ、、、ん?全然関係無い?失礼。

とにかくファラ・フォーセットに合掌だ。今日も酒飲まなきゃ。

で、

ファラ・フォーセットといえば「チャーリーズ・エンジェル」。

最近では

「チャーリーズ・エンジェル」=キャメロン・ディアス。

と、

ここで俺は重大な勘違いをしていた。しかも、つい最近まで!

シャーリーズ・セロンという女優がいるが、

「チャーリーズ・エンジェル」=キャメロン・ディアス

=ちょっとB級映画=「見ても見なくても良い」

=キャメロン・ディアス=シャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロン=「見ても見なくても良い」、、、

つまり、シャーリーズとチャーリーズが

俺の頭の中でゴッチャになって、

キャメロン・ディアスとシャーリーズ・セロンが

同一人物になってしまったのだ。

いやぁー、お恥ずかしい、、、

スタンドアップ 特別版 [DVD] DVD スタンドアップ 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑の映画を見て初めて俺の勘違いに気づいた、、、

シャーリーズ・セロンの主演映画だ。

映画の内容は、んーと、「セクハラ」はいけない!と

いうことだ。B級では無い。良い映画だ。

むしろ傑作の部類に入る。

しかも劇中、ボブ・ディランの曲が何曲か使われていたりする。

これが泣けるんだー!

男性諸君、知らず知らずのうちにセクハラ

してませんか?職場の女性に敬意を払いましょうね!

何故そう思ったかって?

それは、

シャーリーズ・セロンが俺好みだったから、、、

それもセクハラなんじゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

煩 悩

煩悩に負けた!

買っちまった!

女子高校生時代の優香!

ファイブスター 優香/Breath [DVD] DVD ファイブスター 優香/Breath [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/03/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

40さいにもなって、何買ってんだ!俺は!

・・・

だって、

好きなんだもん、、、優香。

もちろん

ポロリも無いよ!

抜いたかって?

抜けねえよ!

あなたは!

道端に咲いている小さな可憐な花を見て

抜くことが出来るのですか!!

なにムキになってんだ、俺は?

ただ、

ニタニタ ニタニタ してたことは確かだ。

そういうDVDなんだよ、これは!

なーんにも起こんねえよ!

つまんねえけど、これでいいんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

safe driving !

クルマを買って一年以上たっているのに、

未だに任意保険に入っていない。

この頃、この状態のほうが

緊張感をもって

カーチェイスできるような気がしてきた。

絶対に事故れ無いからな!

たまに

急ブレーキを踏むこともある。

先日は助手席に乗っていたカサゴ(魚)が

急ブレーキで

ダッシュボードに激突。

その晩は一匹だけ食うつもりが、

全身打撲の疑いがあったので

三匹いっぺんに火葬して俺の腹に収めた。

(単に腹がへっていただけ、、、)

やっぱ、魚といえども

シートベルトは必要だな。

クルマの中の魚臭が

いまだに取れない。

どうしてくれんだよ!

ん?

俺が悪いのか?

みなさんも

安全運転を!

Photo_2

↑ カサゴくん、安らかに眠れ。

もう俺のクソになってるか、、、

When a Man Loves a Woman Music When a Man Loves a Woman

アーティスト:Percy Sledge
販売元:LT Series
発売日:2008/01/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今宵の音楽。カサゴとは何の関係もねえぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

おーっ!

雑記帳 自虐キャラ「夕張夫妻」、世界が認めた

Photo

6月23日21時12分配信 毎日新聞

夕張市の観光会社「夕張リゾート」のキャラクター「夕張夫妻」が、カンヌ国際広告祭のプロモーション部門でグランプリを獲得した。

 財政再建団体になった夕張市をPRしようと、07年9月に製作。市が抱える膨大な「負債」を「夫妻」に掛けるという自虐的なアイデアが人気を呼び、現在はTシャツやキーホルダーなどのキャラクター商品が作られている。

 カンヌ国際広告祭は世界的なイベントで、1118作品の中から選ばれた。日本作品の同部門でのグランプリ受賞は初めて。西田吏利(つかとし)社長は「夕張の活性化や再生に役立てたい」と喜んでいる。【吉田競】

俺の両親はともに夕張生まれの夕張育ち。

生粋の夕張夫妻だ。

姉までは夕張で生まれている。残念ながら

俺は他所の街で生まれた。

先日リングで亡くなったプロレスラーも夕張で生まれたんだってね。

石炭産業の衰退とともに“夕張人”は全国に散った。

全国いたるところに夕張人はいる。

年上の親戚はほとんど夕張生まれだが、不思議なことに

死期が近づくとみんな「夕張に行きたい」と言う。

鮭の遡上みたいな感情なのかな?

とにかく夕張はそんな所だ。

出て行きたい街じゃなくて、出て行かざるを得なかった街。

たぶんみんなに愛されてるんじゃないかな?

<

今日初めてこのキャラクターの存在と受賞を知ったが、

喜んでいいのやら誇っていいのか?悲しむべきなのか?

少なくてもキャラクターの目は笑ってないな。

服のツギハギが哀愁を誘う。

こいつは“ブルース”だぜ!

The Anthology: 1947-1972 Music The Anthology: 1947-1972

アーティスト:Muddy Waters
販売元:MCA/Chess
発売日:2001/08/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

ウフッ

日曜日は

朝の9時から夕方4時半まで会議をこなし

(ほとんど居眠りしてたが、)

その後、

下北沢に

人体の不思議展を見に行った↓。

Photo

いや、失礼。

正しくはライブハウスに行った。

↑のバンドのベースの人があまりにも献体した死体に

似てたもんで、、、

で、

本当のお目当ては↓

6

six(シックス)。

ちょっとおしゃべりした。

ウフッ。

8月にニューアルバムが出るんだって。

ついでに握手しちゃった。

グフッ。

随分華奢な手だった。この指で

どうやってジョン・エントウィッスルばりの

演奏が出来るのか不思議だ。

それにしても美人だ。

ウフッ。

で、

やっぱりローリングストーンズのチケット代並みの

大量のビールを飲んでゴキゲンで帰ってきた。

帰りの京王線のホームでは、

純白のフリルのワンピースが、自ら吐いた黄土色のゲロに

染まって、さらに、付けまつ毛がほっぺたに貼りついて

ダリの絵画のようになった少女がいたり、

明らかに就活中で、間違いなく50社以上に採用を

断られたスーツ姿の女子大生が、今にも爆発しそうな

不満をかかえた表情をしていたりしていた。

人生っていろいろねー。

ウフッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

アロマ

店員がビビるくらい大量のアロマキャンドル買い込み、

家に帰って 夜景を眺めながら

その魅惑的な香りを楽しむ。

かかっている音楽は↓

エラ・アンド・ルイ Music エラ・アンド・ルイ

アーティスト:エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング,エラ・フィッツジェラルド,ルイ・アームストロング
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーん。人類最高峰の歌と演奏。

ほのかな間接照明。

ゆったり流れる時、、、

至福とはこのことを言う。

今宵のドリンクは

焼酎。

つまみは

キムチ。

ゴハンは

アジの開きと

納豆御飯。

うーーーん、アロマの匂いがだんだん

わからなくなってきたぞ!

これじゃあ、亀山の仏壇用ロウソクと

毎日香の線香を焚いていても

あんまり変わんねーんじゃねえか?

何かがまちがっているような気もするが、

酔いが回れば こっちのもんよ!

あっ!

眉毛焦げちゃった!!

火の取り扱いには

気をつけようぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

無の境地

あいかわらず、

アホなことばっかりやっている。

今日は会社の研究(図書)費で

アロマテラピーとお料理の本を買った。

いったい仕事と何の関係があるかというと、

まったく関係ない。

おれんちをいかに良い匂いで満たし、

いかに美味い“ゆで卵”を作るかを知るためだ。

・・・・・・

そろそろクビになってもいいんじゃないか?

俺の立場が危機的な状況にあるのか、アイツはアホと

諦められているのか知らんが、そういうことは

あまり気にならない。リストラの恐怖感もない。

他人がどう思っていようが気にしない。

“無の境地”に達しているというとカッコイイんだが、

“頭がカラッポ”という表現が正しい。

以前は、仕事でも本でも音楽でも映画でも、

細心の注意を払って、深い意味を読み取ろうと

したものだ。

今じゃ、

仕事は身体を壊さないようにカネがもらえればいいし、

本は眺めていればいいし、音楽は鳴っていればいいし、

映画は映像が美しければいい。

あっ、それって

ただのバカってことか!

まー、いいや。

 Poster (Accessories)/バッファロー’66 / Ff5009 Poster (Accessories)/バッファロー’66 / Ff5009
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

↑ 最近、DVDを買ったけど良い映画だな。

どこが良いかというと「映画っぽい」ところ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

毒を食らわば皿まで

先日、

あるマンション建設の地鎮祭があった。

祭壇に供えられた日本酒が

なぜかおれんちにある。

どうやら以前はゼネコンの下請けの職人さんたち

などに配られていたようだが、

最近の若い人たちはあまり日本酒を飲まないらしい。

まわりまわっておれんちのテーブルに二升。

まー、あまりものだけど、酒好きの俺にはありがたい。

それになんか高そうな地酒だ。

しかし、日本酒っちゅうのは焼酎よりアルコール度数が

低いくせに、悪いモノは二日酔いになるし、美味いモノは

口当たりが良くて飲みすぎてしまうので、結局

二日酔い、、、

なんか体力を消耗するやっかいな酒だ。

冷酒を飲みすぎて肝臓をぶっ壊す奴も多い。

日本酒!

こいつは身体に“毒”だ!

で、

俺は、その、

“毒”が大好きだ。

ダーク・ビューティ(紙ジャケット仕様) Music ダーク・ビューティ(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ケニー・ドリュー
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 最近聴いているミュージック。

良いピアノトリオは3人で演奏しているのに、

何か他に別の人が別の楽器で加わっているように

聴こえる。もう一人別の演奏家がいるような感じだ。

何でだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

くそくらえ!

今日は

朝の9時から

夜の10時過ぎまで

数件の会議に出ていた。

土曜日だぜ!

しかも昼晩飯抜きで!

俺がどの程度他人の役に立ってるか知らんが、

(全然役に立ってなくてもいいが)

限度を超えているぜ!

俺の要領が悪いのか、この国が狂ってるのか知らんが、

魂がぶっ壊れそうになるぜ!

俺が考えてることは、

いかに手を抜くかということ。

俺に出来ることは、

へらへら笑うことくらい。

きっと、会議を長引かせている奴は、

子供の頃から「良い子」信仰に囚われているんだ。

この国にはそういう奴が多い。

だから自殺する奴も多い。

そんなのくそくらえだ!

これでも食らえ!

Photo

↑ 作品名はもちろん

「みて黄門」!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

jazz坊主の桃色劇場

jazz坊主の桃色劇場

<

いままで生きてきて

女性に言われて一番心に残っているひと言。

<

<

<

「おっ おっきい・・・」

<

<

<

筆者注) それほどでもない、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ほしいもの

Photo

おれんちから見える夜景を眺めながら

酒を飲んでると だんだん気が大きくなり

おれはほしいものを全部手に入れた!という

錯覚に陥る。

でも、

おれには何かが足りない。

何だ?

そうだ!

おれには

変人がいない!

大事なことを忘れていた!

ここでおれのために広告を出そう!

現在恋人罵倒中!!

<

ここで問題です。上記の文章にはいくつかの漢字の

誤りがあります。いくつあるか解答欄に記入しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

俺も大人気ない

夜、

仕事を終えて クルマにのり

いつものドラッグストア&スーパー巡りをしていた。

雨なので傘を差しながら店の出入り口に向かう。

そこにダンボールを自分の車に積み込もうとする

男が後ろ向きで俺に近寄ってきた。

危うくぶつかりそうになった。

接客業をやったことのある人ならわかると思うけど、

俺は未だに店で人とぶつかりそうになったとき、

反射的にすぐ謝ってしまうクセが抜けない。

自分が悪くなくても。

俺はとっさに「すみません」と言った。

するとその男は、俺の顔も見もせずに

「チッ!」っと舌打ちした。

ん?

何で俺が男に舌打ちされなければならん?

おまえが後ろを確認せずに俺に向かってきたんだろう。

俺は約0.5秒後に自分がjazz坊主であることを思い出し

爆発した。

Get_21

「おい!てめえ!

人があやまってんのに

舌打ちしてんじゃねえよ!

おらぁぁぁ!

オメエが悪いんだろうがぁあ!!

テメエ何様だ!礼儀しらねえのか!

ああーーー!何か言ってみろ!

こらぁあ!

このクソ野郎!!・・・」

男は傘で隠れていた俺の風貌を認識して

「すすすすすみません・・・・・」

あー、スッキリしたぜ!

“舌打ち”をするときは左右の安全をよく確認して

お鳴らし下さいませ。

いや、

人に向かって舌打ちしちゃいかんよ!

いや、

俺も大人気ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

6のつづりは?

5は英語でファイブでつづりはfive

7は英語でセブンでつづりはseven

6は英語でシックスでつづりは、、、

どうだったっけ?

どうもボケがはじまっているようだ(笑)

【six】

マジで思い出せなかった。

sexの意味とつづりなら死ぬまで忘れそうに無いけどね。

で、

ちょっと前に中野のライブハウスで見たバンドの名が

six 「シックス」だった。

日本語でいうと「ろく」だな。

ヴォーカル&ベースの人がただもんじゃないなと思って、

ネットで調べてみたらCDが出ていた。

GPBB Music GPBB

アーティスト:six
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱりただもんじゃなかった。

こんなにゾクゾクするようなバンドサウンドは久々に聴いた。

3年前にリリースされていたようだが。

最初期のTHE WHOやヴァン・モリソンのいたゼムのような

硬質でグレイトなロックンロールバンドと60年代のガールズ

POPグループやガレージバンド、それに、ザ・ピーナッツのような

昔の日本の良質な歌謡曲が混じったような、、、あくまでも

俺の主観でしかないので本人達が聞いたら怒るかもしれんけどね。

そんじょそこらのJ-POPとか言われるクソみたいなメジャーな

奴らより曲も演奏も断然良い!

知らなかったものを知ってしまう快感っていいな。

世の中には、俺が知ったら好きになるであろうもので

俺が知らないものは無尽蔵にある。

そう考えると良い気分だ。

Six

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »