« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

宣 誓

Photo

リンスはしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

逮捕するぞ!

みんなー!病んでるかーい?

最近 「仕事と家事」でクソ忙しくしているjazz坊主だ。

<

数日前、

俺は3人の刑事と

ある性犯罪事件についての

捜査を行った。

まー、俺は一般人ゆえに「協力」しただけなんだけど。

ケーサツはあまり好きではない(特に白バイ!)が、

性犯罪者は死ねばいい!と思ってるから協力した。

女性の後をつけて襲うなんて男として生きてる価値が無い!

で、

久々にハードボイルドな世界さ!

でもさ、

刑事って捜査を犯人に悟られないために

私服を着てるんだよな?

俺も含め4人全員が極めて強面(こわもて)で、

しかも全員が黒いスーツで、

住宅街の路上で あーだ、こーだ、話をしてると、

ヤクザの集団みたいで、

制服の警官がいるよりも

ずーっと目立っている気がするんだが、、、

気にしすぎかなー?

どこかで犯人が見てるかもしれねえだろう、、、

警戒心強めるんじゃねえかー?

まーいいか!

必ず変態をとっ捕まえてやる!!

で、

話は変わるが、

膳場貴子さんのテレビニュースをたまに見ると

顔に見惚れてどんな深刻なニュースでも内容なんて

どーでも良くなってしまうのは俺だけか?

ヴィレッジ・ヴァンガードの夜+2 Music ヴィレッジ・ヴァンガードの夜+2

アーティスト:ケニー・バレル
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今宵の音楽。

ケニー・バレルさん。この人のアルバムはどれも質が高いな。

ギター・ベース・ドラムのトリオ編成だから、バレルさんのギターの

音色をじっくり堪能できるぜ!ロイ・ヘインズのドラムと

リチャード・デイヴィスのベースも最高だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

生きるが勝ち

ザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD] DVD ザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映像作品を見ていると

やっぱ人間はどういう人生を送っていようと、

「生きるが勝ち!!」って感じるね。

The Whoの音楽はいつでも“魂”を大きく揺さぶられる。

それは人間として成長していながらも、永遠に

「青春」を引きずっているからだ。

痛くてブザマなのにカッコイイ。

晩期はベースのジョンの浪費癖・借金返済のために

再結成してたのか、、、

どうしようもない人たちの「生」と「死」の物語。

早々と死んだ天才たちは神話になるけど、俺には

生き残った人たちの悪戦苦闘ぶりのほうが美しく感じる。

この感動は生きていないと味わえないぜ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

許してやれ

こんばんわ。

さいきん、すっかり所帯じみてきたjazz坊主さ。

今日はカールのチーズあじを79円で5袋買ってきた。

もっと安いところがあったら教えてくれ。

あと、便所掃除に燃えてるぜ。ピカピカだ!

<

“ス”のつくグループの一人が酔っ払って全裸で逮捕?

俺も似たようなことよくやってるけど、逮捕されたことねーぞ。

ゲイシャに見せつけたりしてるからもっと悪質なんだけどね。

国民的スターは大変なんだな。

ライヴ・アット・アヴェニュー・B [DVD] DVD ライヴ・アット・アヴェニュー・B [DVD]

販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ この人も“キス・マイ・ブラッド”なんかのDVDでぷらんぷらん

させてるけど、それはいいのか?

あー、ぼかし入ってるからいいのか。それに外人だしな。

この“ライブ・アット~”はぷらんぷらんさせてないけど演奏が

充実しているし、イギーさんの引き締まった肉体が鳥肌もんだ!

カッコええぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

すぐに聴け!

まー、生きてるといろいろあるがよー。

さいきん、ショックだったことはなー、

最安値だと思って買った

“キッチンハイター”が

よその店で、さらに20円安いのを見つけたときだがよー。

・・・

いろーんな人と付き合うとどこの方言かわかんなくなるな・・・

Infinite Search Music Infinite Search

アーティスト:Miroslav Vitous
販売元:Embryo
発売日:2001/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のミュージック。

Miroslav Vitousのウッド・ベース。最高だ。

おそらく最後の偉大なアコースティクのジャズ・ベーシストだろう。

で、

この盤、1970年に作られたようなんだけど、

ピアノがハービー・ハンコックでギターがジョン・マクラフリン

だったりして凄いメンバーなんだけど完全に

Miroslav Vitousが仕切っとる。何て発音すんのかな、こいつ?

でな、

最終曲が“Epilogue”ちゅうんだけど、

もの凄い長時間のベースのリフレインがある。

一体、何十分続くんや、て思うてずっーと耳を傾けていると

オーディオのディスプレイのTIMEがずーっと同じなんや。

音とびや!

これ不良品やないか!返品や!

でも、いつ、どこで、だれから、いくらで買ったか思いだせん。

やっぱ輸入盤は買ったらすぐ聴かなーあかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

修行中?

なんというか、

最近、妙に清らかな気分だ。

仕事以外は家の掃除ばかりしている。

一人の弟子も居ない寺の住職ってとこか。

庵にしちゃ大きすぎるしな。

俺は頭が坊主だからこの状況にハマりすぎている。

あいかわらず部屋ではJAZZが鳴ってるし、

焼酎をロックでがぶがぶ飲んでいるが、

ヤケクソな気分ではない。

掃除や洗濯や食器洗いをしていると

とても良い気分だ。

怒りっぽくなくなったしなあー。

うーーん。

そのうち「悟り」を開いてしまったらどうしよう?

そのときは「布施」を頼む!

ギブ ミー マネー! ギブ ミー マネー!

別にカネに困ってないけど ないよりあったほうがいいだろ?

くまとやまねこ Book くまとやまねこ

著者:湯本 香樹実
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 絵本を“研究費”で買って大ひんしゅく、、、

本の内容は自分で買って読んでくれ。

まー、人生こんなもんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

ボギー

俺はハードボイルドの世界に生きている。

職業はハンター!この前も言ったな。

今日の獲物もスーパーの特売品。

愛車を乱暴にぶっ飛ばし 郊外のスーパーに行き

お一人様12コまで!の「カップめん」をゲットした俺は

すばやく現場をあとにしようとした、

が、

突然、

「○○さーん!」と俺のセカンドネームを呼ぶ声、、、

振り向くと、

俺の会社の総務部の責任者が近寄ってくる。

俺の名前を気安く呼ぶんじゃねえ!あまりない名字だから

目立つだろうが!いま特殊任務の最中だ!

で、

どうやらそいつはこの近所に住んでいるらしい。奇遇だ。

ふと、彼の視線が俺の持っている買物カゴに行く。

カゴに山盛りのカップめん、、、

俺のハードボイルドのイメージが音を立てて崩れていく、、、

少なくても ハンフリー・ボガートは

買物カゴに山盛りのカップめんを持って歩かなかっただろうな。

Photo

「マイバッグ持ってるから袋いりません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

人生の価値

俺はハードボイルドな世界に生きている。

職業は“ハンター”!!

今日の獲物は、

スーパーの「特売品」。

愛車をスッ飛ばして方々の店をまわり、一円でも安い

原価ギリギリもしくは原価割れと思われる「特売品」のみ

制限個数いっぱいまで買う。

決して、ついで買いはしない!そんなことしたら

敵の思うつぼだ!

俺は無駄ガネを使わない。

ふっふっふっ、、、

今日もいい仕事をしたぜ!

ん?

ガソリン代?

ハードボイルドに生きる男がそんなこと気にしてはいけない。

俺は自分へのご褒美に

夕食は“まわらない”寿司をたらふく食った。

ん?

矛盾してる?全然節約になってないって?

人生の価値はまわらない寿司を何回食えるかによって決まる。

で、

俺はいま、美味い酒を飲んでいる。

人生の価値はおいしい酒をどのくらい飲めるかによって決まる。

今日のミュージックは、

Eric Dolphy in Europe, Vol. 3 Music Eric Dolphy in Europe, Vol. 3

アーティスト:Eric Dolphy
販売元:Prestige/OJC
発売日:1991/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 買ってから2年間、封を切っていなかった。理由はVol.1と

Vol.2を聴いて、さすがにVol.3を聴くのが面倒臭くなってしまった

だけだ。エリック・ドルフィーがいつものようにアルト・サックスと

バス・クラリネットをブリブリ・バリバリ吹いている。うーん、

良いじゃないか!ドルフィー独特の不可思議で不安げなメロディ。

人生の価値は良い音楽をどれくらい聴けるかによって決まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

サクラ

Photo

↑ 今日 俺の部屋から見えたサクラ。

満開のサクラ見ると日本に生まれて良かった!って

素直に思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

バタバタ逝く

いなかのかーちゃんから電話あり。

また 俺のいとこが死んだ。

一月末に死んだいとこの弟だ。

http://dizzygillespie.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-dc53.html

まだ40代なのに親より先にバタバタ逝くなー。

今の40代はガキの頃、食品添加物満点の駄菓子とか

たらふく食っていたから短命なのかもしれねえな。

自分探しとか自己啓発とかやろうと思ったら

人生が終わってた、なんて人いっぱいいるんだろうな。

なんだかんだ言っても 健康が一番だ。

仕事があるならできるだけ深く考えずバリバリ働いて

稼いで楽しく使い切るのが良い。

かーちゃんが、

次はお前(が死ぬ)かもしれない。全労災とかなら月々

2千円くらいだし 歳とると加入できなくなるからいまのうちに・・・

おいおい!人が死んで下りるカネ当てにしてどうすんの(笑)。

しかも実の息子だぜ。ビンボー人の世界は恐ろしいぜ(笑)。

俺もそのスピリットは受け継いでるので冷酷でサバサバよ!

でも 俺はあと100年くらい死にそうにない。

<

で、死因はなんだったの?

「もうかりまっか」

「・・・ くも膜下だろ!」

Ramones Music Ramones

アーティスト:The Ramones
販売元:Rhino
発売日:2001/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ この人たちもバタバタ逝ったよな。

クスリだったか病気だったか、燃え尽きたのか、

死因はもう忘れちゃったなー。彼らの残した音楽だけは

いまだに俺の生活の中でへヴィー・ローテーションだ。

間違いなく100年後も誰かさんに聴かれつづけているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

余 生 ?

離婚して1週間くらいしかたってないので不謹慎だが、

かなりフツー、いや、ちょっと快適に暮らしている。

子どもたちには嫌な思いをさせてしまった。

本当にゴメンなさい。

俺もたまには寂寥感を感じる。

でも、

元妻が家にいないということは、俺にとってすごくプラスだった

ようだ。長い間、「生気」をうばわれていたような気がする。

失われた時間を返せ!などとは思わない。出て行ってくれて

ありがとう!と言いたい。

別れてからはじめて気づいたことだが、

俺はものすごくガマンしていたようだ。驚くくらいに。

<

仕事で2ヶ月間、土日祝日平日まったく休みなし毎日長時間労働

の「地獄の季節」が終わった。

今、休日に何をしているのかというと、主に家の掃除。

俺が上京して初めて住んだ4畳半アパートの十数倍の広さ

があるので、掃除もたいへんだ。あっ、いけね、また自慢しちゃった。

昼は、車で新しい家具や衣類を買いまわり、寿司をたらふく食い、

夜は、間接照明にしたリビングで

揺り椅子にもたれ夜景を眺めながらビールやワインを飲む。

へたな居酒屋よりずっとロケーションが良い。

アート・ブレイキーのナイアガラ風爆裂ドラムや

セロニアス・モンクの調律があってんのかどうなのかわからん

ような狂気の?ピアノの旋律に耳を傾けているとホントに心地良く、

俺はまた新しい生活をスタートさせる!というよりは、

40歳にしてすでに「余生」を送ってんじゃねえか?と思ってしまう。

とにかく贅沢でゆったりした生活だ。たそがれているとも言えるが。

今は家に帰ることが楽しみだ。

不思議なことに、積極的に新しいパートナーを見つけよう

という気にならない。あれほど女好きだったのに!

やっぱ今の状況は「余生」だったりして(笑)

アート・ブレイキーズ・ジャズ・メッセンジャーズ・ウィズ・セロニアス・モンク(+3)(紙ジャケット仕様) Music アート・ブレイキーズ・ジャズ・メッセンジャーズ・ウィズ・セロニアス・モンク(+3)(紙ジャケット仕様)

アーティスト:アート・ブレイキー&セロニアス・モンク
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 主役の2人もいいけど、ジョニー・グリフィンのテナーも良い。

サックスの音が「男気!!!!」を主張している。白人や

他の人種には出せねえ味のある音だな。もちろんスタン・ゲッツ

のような白人にしか出せない音っていうのもあるけどね。彼は

怪物(モンスター)だからなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

景気刺激対策

ネットで「アクセスランキング」などをみていると

上位にランキングされるのは「エロ」が多い。

政治の重要法案の記事なんて差し置いて、

「誰それのセックス画像流出」なんてほうがずっと

注目を集めている。

そこまで露骨じゃなくても、女子バレーの選手が

ビーチバレーに転身、下だけビキニ公開、、、なんて

思わせぶりなタイトルに世間は(ほとんど男だろうが)

敏感に反応する。

じゃー、景気対策も「エロ」路線でいっちゃえ!

たとえば、ビーチベースボール大会。ビキニのお姉ちゃんたちが

ビーチで野球!ヘッドスライディングやダイビングキャッチなんて

やられたひにゃポロリもあるよなんてね。超望遠レンズの

デジタルカメラがバカ売れするぜ。守備体勢に入る選手の背後から、

サインを出すキャッチャーの股間まで、「はみだしちゃうかも」、、、。

一瞬のスキも逃さないぜ!

一昔まえ、「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題になったけど、

ノーパン路線も景気高揚には役に立つんじゃないか。

たとえば「ノーパン理髪店」。キレイな女性理容師さんが野郎の

欲望をカットします!美容院に流れている草食系男子を

一気に「床屋さん」に引き戻せるぜ。

最近じゃ歯医者さんもワーキング・プアっていうじゃねえか。

それじゃあ「ノーパン歯科医院」。美人歯科医師と助手がみんな

ノーパン。みんなわざと虫歯になりたくて、コカコーラが売れるぞ。

クルマを売りたきゃ、売れ残りのマンションを全部立体駐車場に

して、近くにソープランド作って、「自家用車でお越しの方、

料金半額!」。不動産業界と自動車産業と風俗業界の

コラボレーションだ。「ノーパン・ドライブスルー」、

「ノーパン・ドライビングスクール」なんてのもいいな。

一体どんなんじゃ?

金持ちだけど男に相手にされない婆さんのために

「女性のためのノーパンしゃぶしゃぶ店」なんかもいいな。

イケメンホストがおいなりぷらんぷらんさせながら肉運んで

来んの。「あっ、まちがえちゃった」とか言ってババアが

おいなりを箸でつまんじゃったりして!

金持ちにじゃんじゃんカネ使わしちゃうのが景気対策なんだよ!

みんなでパンツ脱いじゃえ!

バット・ビューティフル(紙ジャケット仕様) Music バット・ビューティフル(紙ジャケット仕様)

アーティスト:チャールス・マクファーソン&スティーブ・キューン
販売元:ヴィーナス・レコード
発売日:2005/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ これは「ノーパン・ジャズ」?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

ご心配をおかけしましてごめんなさい

とりあえず身近な人に

離婚のお知らせをした。

(お騒がせして申し訳ございません!)

で、

俺=アルコール

というイメージがあるようで、返信は

アル中に気をつけて、というメッセージがほとんどだ。

大丈夫、大丈夫。今も飲んでるから(笑)

でも本当のアル中というのは朝からウイスキーを

飲んでいたり、信じられないような場所に酒ビンを

隠していたり、ペットを虐待したり、、、

完全に行動が異常だ。

自らの意志の弱さからなるものじゃなくて、「病気」だ。

俺の従姉(いとこ)がアル中で45歳で死んだことを以前書いたこと

がある。俺と血の“つながっていない”ほうの父方の遺伝だった。

(ちょっとラッキー!)

そのオヤジはいつも朝からウイスキーを飲んでいた。

住居兼店舗で電化製品を売っていた。東芝系列だったかな。

近所からの来客に面倒臭そうに「電池」とか「電球」とか売っていた。

たまにテレビや洗濯機、冷蔵庫などがほとんど定価で売れていた。

それで生活が成り立っていたのだから、ある意味凄い。

昭和の一番いい時期だったんだな。

で、

何の話だったっけ?

あー、俺はアル中にはならん。

朝から酒飲めねーもん。

毎日、ふつーに仕事しているし。

衣食住は満たされ過ぎてるし。

コルトレーン・プレイズ・ブルース(+5)(紙ジャケット仕様) Music コルトレーン・プレイズ・ブルース(+5)(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ジョン・コルトレーン
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のミュージック。

ここ何日か十数回繰り返しかけている。

全然あきない!こんな盤なかなかあるもんじゃない。

コルトレーンはジャズ界のスーパーヘヴィー級の

サックス奏者ゆえ、後年はズッシリと重たいアルバムが多く

素晴らし過ぎるゆえに精神的に疲れることもある。

レーベルでいうと「インパルス」時代のものだ。

ロックでいうと「クリムゾン・キングの宮殿」や

「レッド・ツェッペリンⅡ」を一日中繰り返し

鳴らしていると疲れねーか?状態。

その点、この盤はタイトル通り、コルトレーンが

ブルースを演奏しているし、「キラー・チューン」が

あるわけでもない。

ときどき人間離れしたコルトレーンのフレーズが

炸裂して鳥肌が立つ。

そして、バンドはブルースを奏でる。

難解さは全く無い。

無人島に持っていく一枚ならこれだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »