« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

危 険

入学式会場が父母でパンク…京大・阪大、今年から学外で
3月31日7時23分配信 読売新聞
入学式に参加する父母らが増え、京都大と大阪大が、入学式を今年から学外の大型施設で行う。

ロンドン・コーリング Music ロンドン・コーリング

アーティスト:ザ・クラッシュ
販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そいつは危険だ!近寄らねえほうがいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

反 省

親のエゴで

子どもたちに嫌な思いをさせるのは

つらい。

なにを言っても言い訳になってしまうな。

元妻と一緒に住みつづけることに耐え切れなかった。

子どもたちと離れ離れになるのもつらかった。

どちらを選んでもいばらの道だったんだな。

しかし、、、一体なんだったんだろう?

混乱、苦悩、、、しばらく反省だ。

現実をすべて受け止めて

俺は生きる。

生と死の幻想 Music 生と死の幻想

アーティスト:キース・ジャレット
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ きょうのおんがく。

荘厳な感じ。宗教的な響き。

わかる人にはわかるし

わからない人にはわからない。

わかっていると思っている人でも

ほんとはわかっていないかもしれないし

わからないと思う人でも

ほんとはわかっているかもしれない。

そんな感じの一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

スタート→ゴール、スタート→ゴール・・・

昨日、

仕事を中抜けして

公証役場に行く。

相手方は、

最後まで、カネ、カネ、カネ、、、

そんなにカネがほしいのか!

思わず苦笑い・・・

しまいには自分で依頼した公証人に

たしなめられる始末。

「あなたの希望を証書にしたのですよ!

定額給付金はこの件とは関係ないんです!」

ブザマだ・・・

しかも証書の代金も払わないで立ち去る。

こんな人をパートナーとしていた

俺もブザマだなー。

<

夜、ドライブ!

尾根幹道路を120キロくらいで飛ばしていると

やたら平べったいスーパーカーに

突然 インから抜かれる・・・

170~180キロ出てたんじゃないか?

危ないじゃないか!交通ルールを守れよ!

制限速度は40キロ(?50だったかな?)だぞ!

ケーサツに言うぞ!(笑)

Kind of Blue Music Kind of Blue

アーティスト:Miles Davis,Wynton Kelly,Paul Chambers,Jimmy Cobb,Cannonball Adderley,John Coltrane,Bill Evans
販売元:Sony/BMG Japan
発売日:1997/03/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のジャズ。

むかーし むかし 1959年に録音されたこの盤は、

ジャズ界ではいまだに売れ続けているモンスターアルバムらしい。

ロック界でいうとビートルズの「サージェント・ペパー・・・」や

ピンク・フロイドの「狂気」のように神格化されたアルバムだと。

ジャズを聴き始めた頃、そんなに良いなら聴いてみようということで、

耳を傾けてみたが、さっぱりわからんかった!暗いじゃん!

ノリが悪くて全然盛り上がんないじゃん!程度にしか感じられなかった。

ビ・バップからハード・バップ、フリー・ジャズ、ビックバンド、、、

無数のジャズアルバムを 初めて訪れる土地を旅するように

聴いた後、あらためて この盤を聴くと非常に素晴らしく聴こえる。

あー、そうか!このアルバムはジャズの「スタート」に聴く盤じゃなくて

「ゴール」に聴く盤なんだなって、今頃気づいた。

追い求めて辿り着く場所。

一切の無駄な音が無い完成された美。

全5曲中4曲でピアノを弾いているビル・エヴァンス無しには

この傑作は生まれなかっただろう。彼は日本の芸術、感性、

独特の間というものにも造詣があるらしく

彼にしか出来ない独自の音の空間を創っている。

そんなもん、ビギナーにわかるわけねえよな!

このアルバムが「ゴール」だからって 旅が終わるわけじゃない。

「ゴール」に踏みとどまってそこに安住しちまったら

もうおしまいだ。

何回もスタートして何回もゴールするつもりだ。

人生、いや、少なくてもジャズの世界は永遠に進化する

一方通行の一本道じゃなくて、一見複雑なようで、

実は、「周回コース」になっているんじゃないかな?

ぐるぐるまわって元に戻ってくるっていう・・・

じゃあ、「スタート」には何を聴けばいいかって?

モーニン+2 Music モーニン+2

アーティスト:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ,リー・モーガン&ルディ・ヴァン・ゲルダー
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2008/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ やっぱ、このオヤジだろ。まちがいねえ!

なんてったって 「ナイアガラ瀑布」だぜ!!ワイルドだぜぃ!!

ロック界の「風車奏法」と良い勝負だぜぃ!!

<

人生に意味があろうがなかろうが、

俺は生きるために生きている!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

Peace Piece

まもなく“元”妻になる人は

慌しく引越しの用意をしている。

食器から本棚まで

この家にあるものを根こそぎ持っていくような勢いだ。

仕事中、

出先から事務所に戻ると、至急 家に電話するようにという

伝言がある。

誰か死んだか!と思い、自宅に電話すると

「定額給付金は下さい」

「・・・・・・」

そんなもん全部やるわ!

公正証書を作るのに3万円くらいかけるそうである。

今回の件での 俺の判断は

限りなく 正しかったな と思えるようになった。

まあー俺には「正義」なんて必要ないけどね。

たいていの場合、それは人を不幸にするもんだと思う。

<

もの凄く健康だけど不幸な人と

病弱だけど幸せな人、

どちらか選択しなければならないとしたら?

俺は前者だな。

一生不幸でい続けるって かなり難しいことだろ。

Everybody Digs Bill Evans Music Everybody Digs Bill Evans

アーティスト:Bill Evans
販売元:Riverside
発売日:2007/06/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ きょうの音楽。

録音は1958年だってさ。

ピアノがビル・エヴァンス

ベース サム・ジョーンズ

ドラム フィリー・ジョー・ジョーンズ

のトリオ編成。

繊細なエヴァンスとワイルドなフィリー・ジョー。

相性合うのかいな?

一曲目から 結構激しくやり合っている。良い勝負だ。

でも、ピアノソロで演奏しているエヴァンス作の「Peace Piece」は

素晴らしく美しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

ある意味「成長」したぜ

離婚の期日が3月末で決まりそうだ。

正直言って ホッとしている。

いや、まてまて、油断は禁物だ!

最後まで最悪の事態も想定しておかなければ

ならない!

4月1日に帰宅したら、ニコニコ笑いながら居た!って

いうのはホラー映画みたいでコワい(笑)

先方の両親からは、孫よりも“自分の娘”を引き取りたくない

という意向が感じられる。

まー、気持ちはわかるが 血のつながったテメエらの

娘なんだから気持ち良く引き取ってくれ!(笑)返品するよ!

確かに“60億分の数名!”並みの扱いにくい女だがね。

本人に自覚症状は無いらしいが・・・。

それとアンタら(爺&婆)の葬式には行かんぞ。

俺の縄張りに土足で踏み込んで荒らしていった報いだ。

代わりに紅白のチューリップでも送ってやるよ。バラのほうが良いか?

で、

女の記憶力は凄いね!

あの時買ったあれは私がお金を出した、など、

恐ろしいほどよく覚えている。

アーティスト名とタイトルまで・・・。

でも、俺が買った大量の音楽・映画ソフトも全部荷造り

されているんだけど・・・?それはどうするつもり?

素朴な質問に 相手は黙った(笑)。墓穴を掘ったな。

この期に及んで細かいこと言うなよ!

家までやると言ったんだから!往生際が悪いぞ!

今後、子ども達が成人するまで

大枚はたくのを約束したんだし!

で、

良かったことは 子ども達の行き来が自らの意思で

自由にできるということ。金に困ったら たかりに

来るだろう(笑)

最後に残ったのが、長女と携帯の月々の上限額を

いくらにするか?という問題(笑)

(俺) 「使い過ぎたらその分のカネ払いに来い!」

(長女)「えー!めんどくさいよー!」

“血の絆”は断ち切れねえんだよ(笑)

ア・ロング・ドリンク・オブ・ザ・ブルース Music ア・ロング・ドリンク・オブ・ザ・ブルース

アーティスト:ジャッキー・マクリーン
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/09/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のミュージック。

マクリーンのヨレヨレで“雑”なサックスが良い。

珍しくアルト以外にテナーサックスも演っているが、

やっぱ、ちょっと かすれていて ヨレヨレ感が漂う。

マクリーンを聴く理由?

酒を飲んでいるとき、

他にもっとおいしいものがいっぱいあるのに、

何故か“ビーフ・ジャーキー”を食いたくなるのに似ている。

<

離婚はあまりおすすめできないが、やっぱり結婚は

少なくとも一回はしたほうが良い。

“我慢強い”人間になれるからな!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

クレーマーをぶっ殺せ

このまえの休暇がいつだったか、

思い出せない・・・

少なくとも3月は一日も仕事を休んでいない。

俺は、煩悩あふれる人間なので、

当然イライラしてくる。

そういうときに限って、

クレーマーは現れる。

ん?なになに?

違法駐車のクルマがあって、

自分のベンツを駐車場から出すのに、

2、3回切り返しをしないと車が出せなかった。

不法行為にもとづき損害賠償請求を・・・

さもなくば管理責任を追求して顧問弁護士に・・・

このてのクレーマーは対面すると小心ものだが、

電話ではやたら強気だ。しかも異常に法律に詳しい。

まともに話していると数時間つぶれる。

直接会って話したいと言うと絶対拒絶される。

俺の一番苦手なタイプだ。そしてもっとも嫌いな人種だ。

おまえなー、

殺すぞ!

俺は死刑制度存続に大賛成だ(笑)

ちょっと前、「走り屋狩り」が話題になったけど、

「クレーマー狩り」なら大賛成だ!!

できれば絶滅させてやりたい!!

文句があるなら直接会ってやるよ!!

背徳の掟 Music 背徳の掟

アーティスト:ジューダス・プリースト
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 一曲目の「フリーホイール・バーニング」は、

未だによく聴く。傑作だね。へヴィー・メタルと呼ばれる音楽は

何かと軽蔑されるが、それを極めた奴らは尊敬に値する。

彼らの音には迷いも邪念も無い。そこが凄い。

優れた音楽にジャンルなんて関係ねえぜ!

もちろん好き嫌い、聴く聴かないは「自由」だけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

たまにはタテノリ

おい!

そこのファック野郎!

うじうじしてたって

どうにもならねえぜ!

で、

俺が、最近 話題の藤原○香と、

再婚する気はねえぜ!!

できるわけねえだろう!!!!

↑ (全国の読者の声)

うーん。良い コール アンド レスポンスだな!

ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ハーシャム・ボーイズ Music ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ハーシャム・ボーイズ

アーティスト:シャム 69
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2004/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ ボーカルのジミー・パーシーがライブのMCで、

「これ(曲)でのらなきゃウソだぜぇぇぇぇぇー!!!!」って、

絶叫してたけど、なにがウソなのか未だにわからん(笑)

でも、意味不明な叫びって、、、好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

右から左

親に貸していたカネが返ってきた!

http://dizzygillespie.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/250_066a.html

200万円!

このご時世だから返済はムリだろうと思っていた。

が、

どうやら「ついのすみか」を売って、また住み替えたらしい、、、

不景気なのに売却益を得たようだ。ちょっとした驚きだ。

貧乏家はじまって以来の珍事!奇跡と言っても良い!

実家は いままで何かの選択をせまられたときに、

その判断がことごとく裏目に出ていたんだよなー。

転職と引越しで貧乏つづきだったもんなー。

水洗トイレからボットン式に降格(?)したときは

笑うしかなかったなー。

で、

俺の口座に一括で200万を振り込むのは大変だったようだ。

かーちゃんが振り込もうとしたが、すでに初老ゆえ、

銀行員に「振り込め詐欺」に違いないと決め付けられ

本人確認できる免許証なども持っていなかったため

送金することが出来ず、口座名義人のオヤジが出直すこと

になったそうだ。

オヤジは、銀行員に「198万しか貸してくれなかったのに、

200万返せと言ってくる鬼のような息子に振り込むんだ!」と

いちいちいらんことまで説明してやっと送金できたそうだ(笑)

年利1%でカネ貸してくれる金融機関なんてなかなかないぞー。

俺ってなんて良心的なんだろう(笑)

えっ?

200万円を何に使うかって?

もちろん、

全額俺の娘たちの養育費に消える(笑)

右から左へ 、、、

完璧なストーリーだろ?

全部実話だけど、ちょっと愉快な気分になるのは

どうしてだろう?

モア・スタディ・イン・ブラウン Music モア・スタディ・イン・ブラウン

アーティスト:クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット
販売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
発売日:1997/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ きょうのおんがく。

「スタディ・イン・ブラウン」が有名なアルバムなので、

タイトルに“モア”がついたら、単なる残り物か寄せ集めアルバム

だろう思って聴きこんでいなかった。

ところが、あらためて聴いてみると 全然違った、、、

確かに録音時期はいろいろだが、

ものすごく良い!!

1曲目から3曲目まではテナーサックスがソニー・ロリンズ。

ブラウニー、ロリンズ、マックス・ローチのソロが始まると、

あまりに素晴らしいので口があんぐり開いたような状態になる。

なんてすごい人たちなんだろう。別格だ・・・

努力もしたんだろうけど、その「才能」に圧倒されるばかりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

華麗なる人生

まもなく

俺は、

リビングから富士山と夜景が見える(一応東京都)、

100㎡超の5LDKマンションに一人暮らし!

エアコンは4台ある・・・(意味ねー!)。

もの凄い無駄だなー。

かつて、お付き合いした女性に言われたことがある。

「どうして男の人って自慢ばっかりするの?」

別にいいじゃん!

孔雀のオスだって自慢ばっかしてるじゃん!

俺もオスなんだよ!

改名しようかな?

jazz坊主 改め 孔雀坊主!

全然 華麗じゃねえな・・・きもちわりー(笑)

華麗なる煽動者~モット・ライブ(紙ジャケット仕様) Music 華麗なる煽動者~モット・ライブ(紙ジャケット仕様)

アーティスト:モット・ザ・フープル
販売元:Sony Music Direct
発売日:2006/07/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ この人たちも華麗というよりは

チープでB級なところが魅力のロックンロールバンドだな。

1974年発表。パンクロックブレイク前夜の

妖しい70年代ロックミュージックの魅力が

伝わってくるぜ!

イアン・ハンターは妖しいというより“怪しい”だな・・・

<

退廃 悪徳 毒気 ・・・ あり過ぎると困るけど、

多少はないと生きててつまんないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

酔いどれ散文

若い頃、学生のときとかは、

俺も社会に出るのが少し怖かったな。

出家して坊さんになろうかとか、

親戚のおじさんの会社に入れてもらってゆるく生きられない

だろうかとか、

友達と会社を作って和気藹々とした日々を送れない

だろうかとか、

あまり利益を追求しないレコード屋か喫茶店を

細々と営もうかとか・・・・・・

あー、何て甘ったれたこと考えてたんだろう(笑)

現実逃避のオンパレード。

いまだから笑えるけど、当時はマジだったと思う。

<

現実の世界はおそらくひとつしかなく、

それぞれの受けとめ方で無数の世界観が広がっていく

のだろう。

現実の社会は矛盾や不条理にあふれていて、

それをどう解釈したり乗り越えたり戦ったり逃避したりして

生きるのか?

うーん、酔いが回ってきて何かいているのか良くわかんなくなってきたが、

たとえば、大波にのみこまれて、気が付くと浜辺に打ち上げられている、

あー、生きてて良かった。と思える繰り返しで良いんじゃないかな。

過去に戻りたいと思わない。だって、弱過ぎたから。

正直なところ 今が一番良い。

モダン・アート Music モダン・アート

アーティスト:アート・ペッパー
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ かなり前に買っていたんだけど、

あまり聴きこんでいなかった。

いまさらなんだが、、、すばらしい!大傑作だ!

アート・ペッパー自作の「ブルース・イン」で

始まり、スタンダード曲やオリジナル曲を挟んで

「ブルース・アウト」で終わる。

クールなアルト・サックスがときどき感情が抑えきれない

ような激しい音色に変わったりして陶酔させられる。

1956年から57年にかけて録音された人類の遺産だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

もっと怒れ!

なんでも不況のせいにしたくないが、

長引く経済の不安・閉塞感の影響で

「わかもの」が変になってきているような気がする。

(※もちろん、ごく一部の「わかもの」)

言っちゃ悪いが、

キ○ガイだらけだ・・・

こんなことはいままでなかったな。多少はいたけど。

俺が思うに 社会に出るのが怖いのだろう。

特に2、3年留年してしまったヤツが危険だ。

閉じ篭って部屋から出てこない。意味不明のことを口走る。

挙動不審、幻聴、行方不明、自○・・・

次から次へと

精神が壊れていく人を見るのは

おれもつらい。というか、非常に冷たい言い方だが、

正直、これだけ多いとウンザリしてくる。

まー、こんな世の中だから恐怖心はあるのだろう。

でもね、いくら自分を責めても社会を憎んでもしょうがない。

生き残りたいなら劣等感や恐怖心を“怒り”に変換して、

巨大な壁にぶち当たっていってほしい。

精神的にもろい人って親が裕福なケースが多い。

親が立派(人間性は別として)だと

プレッシャーを強く受けるんだろうか?

ん?

ひとのことより自分の心配しろって?

あなた様のおっしゃるとおりでございます(笑)

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン Music ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

アーティスト:ヘレン・メリル
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のミュージック。

大人の世界にようこそ!ってな感じか。

名唱と名演。

人生に彩りを添える一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

働かんと飯食えねー

不景気で、俺の親会社も相当利益を落としている。

が、

俺の部署は、何故か前年比600%増の異常な(?)利益を残し、

親会社のマイナス分をほとんどカバーした。

本体のたった6、7%の人員で親会社とほぼ同額の利益を得た。

年度末には3度目のボーナスが出るし、

MVPにあたる賞ももらえるらしい・・・

俺には経済危機も雇用不安も いまのところ無縁だ。

で、

家族を失うことになりそうだ。

俺は仕事人間ではないし出世意欲もない。

仕事が嫌いだ。

でも、結果的に休みもまともにとらず毎日長時間労働していた。

仕事と生活のバランスがとれなかったんだな。

家族の修復も考えてみた。

しかし、俺にとって配偶者は

生理的に受け付けない人になってしまった。

いっしょにいるのが苦痛になってしまった。

いままで約20年暮らしていたが、未練がないどころか、

話したくも 見たくも あいたくもなくなった。

長年の積もり積もった感情で、

堤防が決壊したような感じがする。

もはや憎悪の感情すらない。

俺は配偶者を捨てた。

そして俺は娘たちに捨てられた(?)

なんだか、

深ーーーい人生になってきたな。ブルージーだ。

まー、みんな健康に生きていれば

そのうち良いこともあるだろう。

将来に対する不安が無いんだよ。性格なのか?病気なのか?

考えたってしょうがないし

厄払いする気もない(笑)

仕事に打ち込む気もない。

かといって、無気力でもない。

つまり、働かんと飯食えねーんだよな。

Live at the BBC Music Live at the BBC

アーティスト:Peter Green's Fleetwood Mac
販売元:Sanctuary
発売日:2001/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 1960年代、フリートウッド・マックは

ギターのピーター・グリーンを中心とした白人ブルースバンドだった。

バリバリ(どろどろ?)のブルースロック演っとる。

うねるようなサウンドが心地良い。素晴らしい演奏だ。

バンドはその後、ギタリスト3人が失踪したり新興宗教にはしったり

精神病になったりして脱退。メンバーがめまぐるしく入れ替わる。

70年代半ば、スティービー・ニックスなどが加入して、

スーパーPOPロックバンドとして何千万枚もアルバムが

売れるようになる。ここまでサウンドが変化したバンドも

珍しいだろう。つくづく、変なバンドだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

毎日学んでるよ

今日、息子を亡くされた両親と対面した。

強烈な衝撃・・・

なんというか、

親として、子供に先立たれるほどつらいことはないだろう。

十分に悲しみにくれる間も無く、

おわびにまわらなくてはならない親御さんの気持ちを

思うと、気の毒でしょうがない。

俺は、どうかお体に気をつけて下さい。それが、

亡くなられたご子息様の供養につながると思います。と伝えた。

これは本心だ。

俺は思った。宗教や信仰心とか、そういう次元じゃなくて、

相手を思いやる心が大切なんだってね。

重篤な病気に襲われない限り、

人は生き続けることこそが尊いんじゃないかってね。

渚にて Music 渚にて

アーティスト:ニール・ヤング
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑今日のおんがく。

魂のミュージック!って感じ。

ジャケットの写真が聴き手に何かを訴えている。

どう解釈するかはその人の自由だ。

<

苦悩しない人間なんていないと思う。

でも、

「私には悩みもストレスも無い」って、

笑顔で言い切る人も好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

ハードな日々

明日、自○した若者の親に会う。

伝えたいことは特に無い。

本人がこの世にいないんだから!

当たり障りの無いお悔やみしか言えない。

とにかく、

子供は親より先に死んではいけない。

<

建物を所有している資産家に言いたいことがある!

おまえは 建物と人の命 どちらが大切だと思う?

バカでもわかることだけど、

おまえにはわかんねえだろう。

まったくおめでたいババアだぜ。

Hard Rain Music Hard Rain

アーティスト:Bob Dylan
販売元:Sony/BMG
発売日:2008/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のおんがく。

特にコメントは無いが、

グレイト・ロックンロール・ライブアルバム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

非日常的な日々3

まったく、なんということだろう。

ちょっと勘弁してくれよ!ってくらい非日常的なことが続く。

大地主一家の大喧嘩の仲裁。

怒鳴り合い!怒号!修羅場だったな。マフィアの一族みたいに。

<

それと、離○が決まりそうだ。

通常 子どもが一番の被○者っていうから、

家をやる、と言った。

が、

2人とも転校させられそうだ。

それを思うと 胸が張り裂けそうだ。

最後まで鬼のような配○者だったな。

これ以上娘たちを悲しませたくないから、

俺は争わない。

子どもが小さい頃は、俺が仕事で不在のときに

虐待の心配があったから、ひたすら耐えていたが、

もう十分大きく育った。

やり返すくらいの体格になったので大丈夫だろう。

俺の判断が正しいがどうかわからない。

でも決断するのは俺だ。

どんなに罪深いと言われても

どんな罰を受けようとも

全部引き受けるよ。

地獄にも行くよ。それが存在するならね。

波乱バンジョーの人生になりそうだ。

イーグルス・ファースト Music イーグルス・ファースト

アーティスト:イーグルス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そう、俺はあの道を駆け下りていく

苦しみを振り払おうと

頭の中に広がる困惑の世界

恋人を求めて

俺を優しくつつんでくれる女は

そう簡単に見つかるものじゃない

心配するな、気楽に行こう

運命に翻弄されるな

さあ、ベイビー

曖昧な言い方はやめてくれ

おまえの愛が俺を救えるものか

確かめてみたいんだ

さあ、くよくよ考えずに

気楽に行くのが一番さ

一曲目「テイク・イット・イージー」より

この曲もバンジョーが良いんだよね。

詩を書いたのはジャクソン・ブラウンだろうか?

なかなか良い詩だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

非日常的な日々2

なんか、

毎日のように

ありえないことが続いている。

今度はノイローゼ患者かい・・・俺は医者じゃない。

で、

自○の件は

俺の想像以上に大変で

しかも一年のうちで一番の繁忙期なので

極度の疲労感に襲われている。

憎悪 本心 醜悪 強欲 利害関係 訴訟 法律 噂 世間体 ・・・

正直言って精神的ダメージがこれほど

俺の肉体にダメージを与えるとは、なんというか、驚きだ。

でも、学ぶこともある。

いちばん大切なもの・ことは何か?

自分?家族?子供?金?名誉?誇り?土地?家?

俺は「生きる」ことだと思う。

自分も身内も他人も、 

人も動物も植物も すべての生物にとって大切だと。

それとね、

人生には、

「考えてもしょうがない」とき・ことがある。

俺は呪文・お経を唱えるように

「考えてもしょうがない」と繰り返す。

なんか、

長生きしそうな気がしてきた。へっへっへ。

ナウズ・ザ・タイム+1 Music ナウズ・ザ・タイム+1

アーティスト:チャーリー・パーカー
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑今日のミュージック。

やっぱりこの盤は良い。

同じ曲を何度(数テイク)も繰り返して収録していることも

欠点にはならない。俺に必要な音なんだ。

早死した音楽家から「生きる」エネルギーをもらっている。

なんか、変だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

非日常的な日々

今日、法廷デビューした。

被告じゃないぞ!原告側だ。

詐欺師親子に支払いを要求したわけだ。

殴る蹴るの取り立てだと俺が捕まっちまうので、

合法的に弁護士と裁判所に任せた。

勝つだろうな。判決聞くまでわからんけど。

いつ被告人になってもおかしくないような俺が原告側かぁ。

世の中おもしろいなぁ。

<

昨日の自○の件で、

警察署にも行って来た。

俺はたまにヤクザに間違えられるが、

よく刑事にも間違われる。

署内の廊下ですれ違う警察官が俺に

やたら気合の入った挨拶をしてくる・・・。

刑事課の部屋で突っ立っていると

完全に身内というか同僚扱いされている感じだ。

俺は一般市民だよ。

それにしても非日常的な一日だったな。

自分の職業がなんだかわかんなくなるような感じ。

Niandra Lades and Usually Just a T-Shirt Music Niandra Lades and Usually Just a T-Shirt

アーティスト:John Frusciante
販売元:Warner Bros.
発売日:2006/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ ジョン・フルシアンテが麻薬中毒だった頃の

ファースト・ソロ・アルバム。後半になるにつれて、

“生ジャンキー”の歌声が聴ける。通常、こんな声だせねえよ。

ちょっと気持ちの悪い、でも魅惑的な、非日常的な一枚。

あまりお薦めする気は無い・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

自○対応

仕事が繁忙期だ。

まったく休みは無い。

ま、

それは毎年のことだから別に問題無い。

が、

今年は違う。

俺のなわばりで、

自○者が出てしまった。

“みずからしぬ”ってこと。

まだ若いのに。

すでに遺○は搬送されていた。

繁忙期なので、

俺一人でその行為が行われた真っ暗な部屋に入り

現○検証と撮影をした。

そこには、

(ピーーーーーーーーーーーーーーーーー)

※詳しくは書けません。

テーブルの上に飲みかけのグラス。

おそらくウイスキーだろう。

俺は信仰心がほとんど無いので

恐ろしいとかいう気持ちにはならなかったが

すごく不思議な感じがした。

ここで一人の若者が2,3日前まで生活していたんだ。

ある一部分を除いては 普通の生活空間・・・。

彼はどんなことを思っていたのだろう?

で、

思うんだけどさ、

自○は 良くないよ。

残されたまわりの人が気の毒だ。

親の気持ち 子の気持ち パートナーの気持ち

友人の気持ち ・・・

考えると心が痛むぜ。

一人で生きてるんじゃねえんだよな。

もし 自○を考えている人がいたら伝えたい。

その気持ちを 誰かに話せ!

不治の病気でもない限り 精神を救う方法はある。

不治の病人だって希望を持っているんじゃないかな。

1日でも長く生きていたいって。

Survival Music Survival

アーティスト:Bob Marley & the Wailers
販売元:Universal Japan
発売日:2001/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ボブ・マーリーは確か30代半か後半くらいでガンで死んだ。

何度も書いたが俺は139歳まで生きることにしている。

でも、ガンとかになって治らないようなら

現実を受け止めようと思っている。

きっと、泣き喚きながら、

「お医者さん、もっとモルヒネちょうだいー!」って

駄々こねるだろう。

クタバルまでね!(笑)

それが俺の人生さ。(← フランス語っぽいだろ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »