« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

最近 円高らしいな

たぶん去年の今頃も書いたと思うけど

俺にとっての地獄の季節が始まった。

土日祝日も休日無し。休憩無し。昼飯食うヒマ無し。

長時間労働・・・

だからブログは手を抜こうと思う。

いつも抜いているような気もするが・・・

<

数日前、ソープ嬢を職業としている人と話す機会があった。

断っておくが ただ話しただけだ。

ヘルスに比べ ソープランドのサービス内容は多岐に

わたっていて難易度の高いサービスもあるが、

いったい実技は誰に教わるのか?

訊ねてみた。

店によってもそれぞれ違いはあるが

講習会みたいのがあるそうだ。

講師というか客の役は店の「オーナー」がつとめるらしい。

ただし、講習会の「講師」ゆえに

快楽というか自己満足を求めてはいけないという理由で、

イッてはあかんのや!」 と彼女は説明中なんども

繰り返した。

「たなぁ・・・イッてはあかんのや!

講習会だから、イッてはあかんのや!

だから・・・イッてはあかんのやで!」

何べんも繰り返し言うので すごく印象に残った。

勃起してゴムかぶせてしまったら

射精しようがしまいが 関係ないような気がするが、

イッてはあかんのや!」

・・・

それは禁欲的ということなのだろうか?

彼女が言うには 同じ職場に所属するものとして、

射精させてしまうと その後に会うのが気まずくなるらしい。

その店の「オーナー」はめったに店にはこないそうだが。

At Newport 1958 Music At Newport 1958

アーティスト:Miles Davis
販売元:Sony International
発売日:2008/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今、俺的に大ヒット中だ。

トランペットがマイルスなのはあたりまえだが、

アルト・サックス キャノンボール・アダレイ

テナー・サックス ジョン・コルトレーン

ピアノ  ビル・エヴァンス

ベース  ポール・チェンバース。

野球チームなら全員4番バッター級の人たちが

演奏していて、さらに

ドラムのジミ―・コブが一番張り切っていて

バカスカ ズドドド とブッ叩いているとなれば

興奮せずにはいられない。

これだけのメンバーを集められるマイルスは、

自身が演奏していないときでも他の演奏者に緊張感を

与えて良いプレイを引き出させているという点で 

物凄い音楽家だ。ちょっとわかりにくいかな?

プレイしなくても

そこにいるだけで全体の演奏の質が高められる人・・・

三つ星レストランのフルコース料理級の演奏が

六百数十円で買えるのだから驚きだ。

円高も悪くないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

ねずみ一族

俺には姉が一人いる。2人兄弟だった。

で、

俺のオヤジは10人兄弟だった。

俺のかーちゃんは9人兄弟だった。

数名死んでいるが、

俺には約40人のいとこがいる。

いとこの子どもが約80人いる。

最近、いとこの子どもにも子どもが生まれ始めた。

だから、

俺には血のつながった親戚が数百人いる。

父母の代がほぼ隠居生活に入る時期になった。

このねずみ算並みの一族の父方の家長は

俺だ。

オヤジは三男だし 俺より年上のいとこもいるが、

男でも養子になって姓が変わったり、いろいろな

偶然が重なり 俺が一族の長ということになってしまった。

しかし、

遺産相続で財産が手に入ることもない。

なぜならば、

俺は親に金を貸しているくらい実家が貧しい(笑)

が、

財産がないとすごく良いことがある。

親族の争いがまったく起こらないことだ。

顧客の泥沼の相続争いを知っている俺にしてみれば

争いがないということは素晴らしいと感じる。

一週間前に

俺のかーちゃんの兄の息子(つまり俺のいとこ)が

まだ40代半ばなのに死んだという連絡が入った。

心不全で死んでいるのを電車内で発見されたらしい。

15年前くらいに

そのいとこと生涯で一度だけ会話した記憶があるが、

顔を思い出せない。

ちょっと残念だ。

俺が何を言ったかだけは覚えている。

         ↓

「俺にはいとこが40人いるんですよ」

(笑)

でも、

血のつながりのある人間がいっぱいいるって

けっこうたのしい。

しばらくぶりにあったり、初対面であっても

どことなく親族の誰かに似ていたりして

すぐにうちとけることができる。

そういうてんで 俺はしあわせなんだろうと思う。

The Ultimate Collection Music The Ultimate Collection

アーティスト:The Jackson 5
販売元:Motown
発売日:1996/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 究極のポップミュージック。素晴らしいな。

それ以上言うこと無いな。

大人数の兄弟グループだけど上手くいってんのかな?

余計なお世話だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

生き残る

人間以外の動物は、

「目標」を持って生きているのかな?

動物と会話したことがないのでわからないが、

たぶん、

「子孫を残す」ことと「長く生きる」ことを

「目標」としてんじゃないかな。

動物の場合 長生きという表現よりは 

いかに「生き残る」か ということだろうけど。

考えているのか本能でそうするのかもわからん。

俺は動物と話したことないからな。

人間が「生き残る」と言うと

なんか、

悲壮感が漂うような気がしていたが

けっこう、前向きな言葉だな。

「自分探し」?

いいんじゃないかな。

でも、

俺は「生き残る」ことを優先するよ。

139歳まで生きることにしている(笑)

好奇心だけは失わないようにしたい。

125歳くらいになったら、

コカインとヘロインに挑戦してみたい(笑)

やっぱ、かなり違いがあるのかな?

ちょっと前、「ジャンキー」という本を読んでみた。

どうやらドラッグをやると

人間が快楽に浸るというより、

人間がクスリに隷属する状態になるようだ。

それと確実に身体が痛む。

まだそんなことになりたくない。

―「世界最高齢125歳、薬物過剰摂取で緊急搬送」

うーん。趣き深い見出しだな・・・

バカなのはわかってるよ。

名盤JAZZ 25選~Historical Albums of The 20th Century チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ~マスター・テイクス Music 名盤JAZZ 25選~Historical Albums of The 20th Century チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ~マスター・テイクス

アーティスト:チャーリー・パーカー
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 次々とジャズアルバムを聴き続けているけど、

この人より凄いアルト・サックス奏者はいないなー。

34歳か35歳で亡くなったが、ドラッグが彼の寿命を

縮めたようだ。

でも、

・・・・・・ 音色がホントに素晴らしいんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

本日も異状なし

たださ、

「詐欺行為だ!訴えるぞ!裁判だ!」

「損害賠償請求だ!」

「私は間違ったことは一言も言っていない!」

「支払う気は一切ない!」

「最初から保険会社は支払う気がない!」

「善管注意義務が!・・・」

いつものように上記のような言葉が飛び交っていただけだ。

俺は怒りをあらわにすることは無かったが、

難しい言葉が飛びかう状況が確実に増えてるな。

結構、変な世の中になってきたような気がする。

信頼関係が崩壊してきたんだろうな。

「裁判」なんて 社会生活を営むうえでの最後の手段だろ。

いい大人が気安く使ってんじゃねえよ!

The Man-Machine Music The Man-Machine

アーティスト:Kraftwerk
販売元:Universal
発売日:1998/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 多様性 や 寛容の精神について考えるとき、

なぜか聴いてしまう一枚。

ニヤニヤしながら2度繰り返し聴いてしまった。

「テクノ」とひと言で片付けられない徹底した職人気質を感じる。

ただシンセサイザーを鳴らしているだけじゃない。

楽曲が優れているんだろうな。

永遠にシュールな響き。すてきだぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

驚 き

ある40前後の二人の独身男が会話をしていた。

「今の若い奴らはどうしようもない。

戦争でも起きて徴兵されて叩きなおされればいいんだ」。

「そう そう 北朝鮮でも攻めてきて

戦争でも起きればいいんだ、そうすれば・・・」。

「このままだと日本は衰退するよ・・・」。

冗談で言っている様子でもない。

俺は驚いた。

若者の批判をするよりおまえらの頭のほうを治せよ!

衰退してるのはおまえらのほうだろう!

男なら多少の殴る蹴るは俺の許容範囲だが、

少なくても未来永劫平和であってほしいと思っている。

いい年した大人に注意したところで新たな諍いが起きる

だけだし、再教育しても手遅れだろう。

だから俺は心の中でつぶやいた。

「おまえらだけ死ね!」。

次の産廃処理のときに持っていってもらおうかな。

肥料にもならねえだろうから。

こういうやつら増えなきゃいいんだけどね!

RIDE ON Music RIDE ON

アーティスト:山口冨士夫
販売元:GOODLOVIN'PRODUCTION
発売日:1998/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ いま聴いてんのはティアドロップスの「らくガキ」なんだけど

(腹立ってるときによく聴く盤)

たまたま素敵なジャケットを見つけたから・・・

やっぱ「平和」が大切だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

ほんとは働きたくない

こんばんわ

毎日 ほぼ平和に暮らしているjazz坊主だ。

最近 会社更生法や民事再生法で深刻なところが

増えているようだ。

鈍感な俺でも 周りがピリピリしているのを感じる。

運良くスポンサーが見つかった場合でも、

「買われた会社」の社員は相当大変のようだ。

過激な営業成績の競争をさせられ、下位から

何割かの人はリストラされるそうだ。

まるで奴隷じゃないか。

気の毒としか言いようが無い。

<

俺は最近あまり怒らないようになった。

歳を食って丸くなった、というほど歳食ってないんだけど、

無駄に怒らなくなった。

もっと悪い言い方をすると

金にならない怒りはしない。

それと、

ストレス解消につながらない怒りはしない。

いままで仕事上で起きた出来事なら確実に

ブチ切れていたようなことでも

冷静でいられるようになった。

何の得にもならない怒りはやめた。

大体、仕事上で起きる腹の立つことは、

怒りをあらわにすることで 損することが多い。

俺は生活に必要な金を稼ぐために仕事をしている

だけで、もし金があったなら働かないで遊んでる。

たぶんアフリカあたりをぷらぷら旅しているだろう。

そうだ!

金や資産のある人は働かない、

って決まりをつくるのはどうだろう?

金を浪費して資産がある程度まで減らなくなるまでは

働いてはいけない!って法律。

景気や失業者対策にならないかな?

<

で、あまり怒らなくなった俺が、

もし、ケンカを売られたらどうするかって?

もちろん 喜んでブチ切れるよ!(笑)

Smokin' at the Half Note Music Smokin' at the Half Note

アーティスト:Wynton Kelly Trio,Wes Montgomery
販売元:Verve
発売日:1989/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のBGM。

ギター、ピアノ、ベース、ドラム。

ちょっとコメントのしようがないくらいカッコ良いなー。

毎日 愛聴盤が増えていく。

寝るヒマねー! 贅沢なことだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

前向きに

2009年も始まってしばらくたつというのに、

いまだに「新年会」をやっている。

俺の仕事はお互いの信頼関係と人脈がものをいう業界なので、

どうしても回数が多くなってしまう。

つねにペテン師同士で腹の探り合いをしているような感じ・・・

昨日は取引先の招待で、自腹では絶対入らない高級な店で

新年の“情報交換”をした。

先方もそれなりの規模の会社で60歳前後の部長級が

来ていたので、店の選択も気を使ったようだが、

俺には贅沢すぎるな。

いくらするんだろう?もったいない気がした。

俺は味覚にあまりこだわらないし敏感じゃないが、

それでも「美味い」と感じたのだから相当に

良い素材をつかった料理だったのだろう。

世界的な不況の中、こんな贅沢なところで飲み食いして

いいのだろうか?・・・

多少の罪悪感を感じながら・・・

で、

酒が入ってくると 

そんなことはどうでもよくなってきて

テンションが上がってくる。

そう!「前向き」に生きれば良いんだ!

前向きに出された食い物をたいらげ、

前向きに飲めるだけ酒を飲み、

前向きに働き

前向きに遊び

前向きにサボり

前向きに手抜きし

前向きに悪さし

前向きに車をとばし

・・・

きりがないな。

まー、俺の知る限り 生きている時間は

ビデオテープのように巻き戻しできないし

どんどん過ぎ去っていくものだから、

前向きに生きていようと思う。

で、

仕事の話はどうなったかというと、

ほとんどしなかった・・・

9割方 酒と女と車の話・・・

みんな酔っ払ってんだもん。

ダメなオヤジたちだなー。

サムシング・フォー・レスター Music サムシング・フォー・レスター

アーティスト:レイ・ブラウン
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/09/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 本日のBGM。

JAZZアルバム、特にピアノトリオ編成のアルバムは

正直言って、どれも似たりよったりだ。しかも無数に存在する。

大抵の盤は演奏の水準が非常に高いので「ハズレ」は無い。

しかし、

逆の見方をすると、どれが「大当たり」か分からない。

だから、

財力の許す限り大量にアルバムを買いまくって

聴きまくる。その中で繰り返し聴きたくなる盤が

数枚見つかる。それが名盤であるし自分の愛聴盤になる。

↑のアルバムが俺にとってのそれになる。

レイ・ブラウンのベース!ちょっと尋常じゃないくらい

カッコイイ!!

鳥肌立つよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

親近感

数日前に研究費で買った「AERA」を

ボーっとながめていると、

スピッツ(犬じゃないほう)の記事があった。

ふーん。ボーカルの草野さんは俺より一つ年上なんだー。

《草野は・・・・・・武蔵野線北府中駅に近い府中市晴見町の

アパートに住んでいた。》

ふーん。俺とまったく同じ場所じゃねえかー。

刑務所にも近いんだよねー。

《学校帰りにJR国分寺駅近くの古レコード屋「珍屋(めずらしや)」

に通った。・・・・・・》

ふーん。俺とまったく同じ行動パターンじゃねえかー。

すでにCDの時代だったけど、

ついつい買っちゃうんだよね。LPレコード。

《「でも、当時は就職がいくらでもあったので・・・やってダメでも

どこかで働けるかもしれないな、みたいに。20代ならなんとか

なるという時代でしたから」(草野)》

ふーん。俺とまったく同じようなこと考えてたんだー。

なんか 親近感がわくなー。

彼らがブレイクし始めた頃、俺は

なぜか「ハチミツ」の店舗用サンプルCDを持っていて

ちょうど俺の長女がよく暴れる赤ん坊の時期で(笑)

CDがグズグズのボロボロにされて以来あんまり聴いてない。

買いなおそうかな。傑作だもね。↓

ハチミツ Music ハチミツ

アーティスト:スピッツ
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2002/10/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

変 革

ちょっと前、

俺は親会社の60歳代のNo.1と50歳代のNo.2に

「仕事の実務能力のピークなんてせいぜい45歳までですよ」と

言った。2人の顔色が多少青くなった。

口が滑った訳ではない。わざと言った。

本当にそう思っているから。

もちろん世の中には例外も大勢いるだろうけど。

金がある程度貯まった人は

さっさとハッピーリタイアすれば良い。

フロリダでもドバイでも熱海でも どこでもいいからどっか行っちまえ。

余計な口をはさむだけなら いないほうが良い。

保身ばかり考えていねえで、

もっと自由にやらせろよ!

報復人事?

望むところだ。

そのかわり、内部留保金の持ち逃げはさせねえぞ。

もっとバラまけ!貯めこんでねえで!

俺は「うすらバカ」かもしれないが

「恐れを超越した男」と呼んでくれてもかまわないぜ(笑)

多少波風があったほうが生きてて楽しいと思う。

Sex Machine Music Sex Machine

アーティスト:James Brown
販売元:Unknown
発売日:1993/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大統領就任式ではアレサ・フランクリンが素晴らしい歌唱を

披露したが、↑の人が歌っていたら、もの凄い「変革」がその場で

起きたかもしれないなー。想像するとちょっと楽しい気分になる。

ちょっと死ぬの早かったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

前 進

ネット広告で

「あなたの2009年の運勢を占う」(だったと思う)

みたいのが掲載されていて、その周りに

インチキ臭い占い師の写真が貼り付けてあった。

他人が占った自分の運勢なんかに興味ねえよ。

俺は

二本の足で歩いているだけで良い気分になれる。

だからこれからも前に進むだろうし

選択は自分でする。

いろいろな難題も背負ってるし常にリスクもある。

でも、いままで経験してきたたくさんの良いことよりも

さらにたくさんの良いことが

この先 起こるような気がする。

根拠は無いんだけどね。

二本足で前に進んでいけば

必ず良いことがある。

たぶん車椅子や義足でもね。

時代は変る Music 時代は変る

アーティスト:ボブ・ディラン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカはオバマになるのかー。

俺は政治的な式典と全然関係ないところで

ディランがアコギ一本で歌う「ハッティ・キャロルの寂しい死」を

聴いてみたくなった。

一昔前の黒人と白人の間で起きた事件を歌った悲しい、怒りの曲。

・・・

ずいぶん時間がかかったなー。

ホントに変わったかどうかは まだわからないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ゆるく生きる

スーパーには食い物が溢れているのに

餓死してる人もいる。

餓死するくらいなら、俺は無銭飲食して

しかるべき刑罰を受けたほうがいいな。

少なくてもこの国では生きる意志さえあれば

どんなに借金があろうとも生きることができる。

でも、

食べ物があるのに行き渡らないというのは

問題があるな。

国は全然当てにならんから

企業のトップが決断しなければならん。

やっぱ ワークシェアリングだよ。

毎日、休み無く会社でいろんな案件を処理してると

とにかく疲れる!

だから、

みんなで仕事わけちゃえばいいんだよ!

コピーとる係、電話対応係、クレーム対応係、

取り立て係、ファイル綴じ係、観葉植物水遣り係・・・・・・

給料減ってもいいよ。今の半分でも暮らせる。

今のこの国の食料自給率40%を100%にしておけば、

グローバリゼーションの波とか国際間競争に負けても

飢えなくて済むじゃん。

人口も減ってるから住むとこも余ってるし。

一週間のうち3日くらいは公園でサッカーしたり

街をぷらぷらして過ごす。すごく良いじゃない!

俺は単純作業が好きだから「コピーとる係」が良いな。

いや、「コピーとることしかしない係」が良い!

ミスコピーしたらこっそりと紙を「シュレッダー係」に渡すんだ(笑)

今、一方では 有職者がやるべきことが多過ぎて

ヘトヘトになっているのに、

他方では 働く意欲のある失業者が大勢いる。

絶対変だろ?

だから、

分け合おうぜーーーーー!

What A Long Strange Trip It's Been: The Best Of The Grateful Dead Music What A Long Strange Trip It's Been: The Best Of The Grateful Dead

アーティスト:Grateful Dead
販売元:Warner Bros.
発売日:1989/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ ゆるい曲満載(笑)

けっこう愛聴してる盤。

つい最近買ったような気がするが20年経ってた・・・

収入が減るとCDが買えなくなるから

街の公園ごとにBGMを分けて鳴らすってどう?

ビートルズしかかけない公園、ストーンズしか・・・

演歌公園には行かねえだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

明るいニュース

最近暗いニュースばかりだな

明るいニュースといえば、

Fukada

↑ くらいだな。

ちょっとズラしたりして

なんとかしたいよな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

雑 感

今年の春から

次女は中学生になる。

姉妹とも身長が150センチを超えた。まだまだ伸びるだろうな。

なんか早いなー。

故小渕さんが墨で書かれた「平成」を掲げてから

21年もたってんだよな。

俺の気持ちは「平成元年」からあまり変わっていない。

子どもたちは あっという間に大きくなった。

・・・・・・

あまりに忙しく過ごして

気づけば 孫がいた! なんてね。(笑)

まあ、それはそれでいいか。

なるべく健康で

食い物と寝るところがあればいいんだよな。

<

いま話題の「給付金」っていろいろ議論されているようだけど

その巨額な金を

食べる物が無い人の「炊き出し」や

寝るところの無い人の「臨時宿泊所」に使えねえのかな?

ほとんどの日本人は長いこと農耕民族だったから

いきなり仕事で切り捨てられても生きる術が無い。

長い間受け継がれてきたDNAがすぐに変化出来るわけ無い。

困ったときはお互い様って言うだろう。

俺は給付金いらねえよ。(←カッコつけてるだけ)

でも、

もし俺が

「炊き出し」の列に並んでいるのを見かけたら、

見なかったことにしてくれ(笑)

SWEAT BOX Music SWEAT BOX

アーティスト:SUPERSNAZZ
販売元:LOFT RECORDS
発売日:2006/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日のBGM。

スーパースナッズのカヴァーソング集。

ストーンズ、CCR、グラム・パーソンズ、キャロル・キング他を

全部スーパースナッズ流に演奏している。

演奏スタイルはラモーンズに近い感じ。

たぶんメンバーの世代も俺とあんまり変わんないはずだ。

だから質はともかくとしてすごく共感できる。

ライブは凄いよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

暗いニュース

今日、

大学の教○が

刺殺されたな。

亡くなった先生と面識はないが、

彼の父上も先生だった(すでに故人だが)。

その方が

俺が十数年前 いまの所に入社したときの

最終面接の選考者の一人だった。

だから

かなり遠いけど縁がある。

複雑な気分だ。

早く犯人が捕まってほしいが、

あんな都内のど真ん中で

おそらく返り血を浴びてるはずなのに

(一時的であろうが)逃げられたなんて驚きだ。

それだけ周囲が他人に無関心になったのかな?

クルマが路駐できるようなところじゃないし、

着替えなければタクシーにも乗れないし、

地下鉄でも目立つだろう。

不思議だ。不気味だ。

なんか ドヨーンとした重たい嫌な気分だ。

人が殺されたんだからそうなるよな。

暗いニュースはホントにイヤだね。

What a Wonderful World Music What a Wonderful World

アーティスト:Louis Armstrong
販売元:Verve
発売日:1996/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ せめてタイトル曲のサッチモの声で自分を癒そうっと。

それと酒、酒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

自 立

ある学者によると

現在の若者を取り巻く生活・経済環境は

暴動が起きてもおかしくないほど厳しい状況である、という。

それが起きないのは親との同居率が高くなったから

危機感や怒りが緩和・吸収されているだけ、というようなこと。

ほんとかどうかはしらん。俺、20歳じゃないし。

でも、

思い出した。

10代後半に俺が重要な課題としていたことは、

「経済的自立」と「精神的自立」だったな!と。

それと怒り狂っていた。対象は巨大資本とか権力だった、

と書くとカッコ良いが、単にカネと女に飢えていただけの

ような気がする。

でも「自立」を妨害するものや生活を脅かすものに対しての

怒りは 物凄く強かった。

俺は他人に説教する立場にないが、

自分の子どもには「自立」を促そうと思う。

やっぱり今の若者は大人に騙されているよ。

親も 20歳を超えた子どもに居心地のいい場所を

提供しているとすれば詐欺に加担してるようなもんじゃない?

俺も若い頃 何の疑問もなく時給600円や

日給3,000円でよく働いてたな。

都合の良い日時に必要な収入をゲット!みたいな

広告、ほとんどウソに決まってんじゃん。ただの搾取だよ!

もっと怒ればいいのに!

俺も便乗して暴れられるから(笑)

路上でパイプ椅子振り回したりして!楽しそうだ!

Damned Damned Damned Music Damned Damned Damned

アーティスト:The Damned
販売元:Sanctuary
発売日:2005/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 一曲目「Neat Neat Neat」。

いま語られるのはNEET(ニート)で意味は違うけど、

カタカナのタイトル名は「ニート・ニート・ニート」。

何か 身も蓋もない響きがするなー。

エルヴィス・コステロもカヴァーしてたとか。

反撃の狼煙のテーマ曲としていかがでしょう?

でも、テンポの速い曲だから、

「二・二・二」と歌ってるようにしか聴こえねーなー?

俺の歳のせいくわぁなーーー???難聴気味だしなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

オーティスが故人だって平気だよ

年末ジャンポ宝くじを

3万円払って100枚買っていたので

番号調べに行ってきた。

100枚だと自分で確かめる気力も無いので(笑)

窓口の機械に任せた。

6千円しか戻ってこなかった。

俺は

酒屋に行き

もらいもののビール券で

24缶のエビスビールを手に入れた。

たった70円の自己負担で。

まー、

人生、入れたり出したり、出したり入れたり、

大変だよなー!

年をとると

起ったり濡れたりするのも大変だ。

ローション使ったり 薬使ったり・・・

でも

俺は 何が起こっても平気なんだ。

Live in Europe Music Live in Europe

アーティスト:Otis Redding
販売元:Rhino Flashback
発売日:1999/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑  上の盤の「Try a Little Tenderness」が

聴ける限り

俺は

決して

絶望することは無い!

そう、

生きてる限り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

いい気分だ

昨日は

某会社社長のお招きで

ある高級懐石料理店に行ってきた。

俺には不相応の格調高い店だ。なにもかも贅沢過ぎる。

離れの座敷には30人くらいの招待客がいた。

他の会社の社長が自分の隣に来いと 俺を呼ぶ。

「ぜひ今度ご一緒させていただきたいと思ってたんですよ。

この席が終わったら一緒に(飲みに)行きませんか。

いいところを知っているんですよ」と言って

小指を立ててニヤリとしてみせる。

あー、おねえちゃんがいるいかがわしい店か。

俺より20歳以上年上の社長がなぜ俺を誘うのか?

要するに彼は自分の妻にたいするアリバイがほしいのだ。

俺にアリバイは必要ないけど。

それと、俺に自分と同じような悪い人のオーラを感じ取ったようだ。

そこらへんの嗅覚はちゃんと持っているようだ。

それと彼は金も十分持っている様子だったので、快く承諾した。

俺は内心ラッキーと思った。

<

向かい側に座っていた初対面の人は、

俺のことを本物のヤクザと勘違いしていた。

俺はそんなに悪そうに見えるのか?訊ねてみると、

「見た目も凄いけど眼光の鋭さが普通じゃなかったから・・・」

と言う。

あー、それは眼光が鋭いんじゃなくて このごろ乱視がひどくなって

ものを見るときに目つきがきつくなることを説明した。

<

会が終わって、さっきの社長にいいところに連れて行ってもらおうと

玄関を出ると、広大な店の庭園に酔いつぶれている社長を発見。

俺はそれを見なかったことにして家路についた。凍死してたら

どうするんだって?彼は62歳だ。十分じゃねえの?ちょっと早いか?

<

家に帰って

もらいもののビールをまた飲んだ。

俺は今年になってからまだ数日しかたっていないのに

18リットルポリタンク一缶分よりずっと多くビールを飲んでいる。

そう思うと なんかゆかいな気分になって

ゲラゲラと笑った。

Free for All Music Free for All

アーティスト:Art Blakey & the Jazz Messengers
販売元:Toshiba
発売日:2006/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今日5,6枚ジャズアルバムを聴いたが、

一番凄まじかったのがこの盤。

フレディ・ハバード、カーティス・フラー、ウェイン・ショーターの

3管ホーンが大迫力。

特にショーターのテナーが気がふれたように凄まじい。

で、さらに凄まじいのがアート・ブレイキーのドラム。

叩きまくっている。まさにナイアガラ瀑布。爆音ドラム。

一曲目のショーター作になる「FREE FOR ALL」が最高だ!

みな凄まじいテンションで演奏していて怖ろしいくらい。

メーターの針が振り切れてるような感じが素晴らしい!

こんなにテンションが高いのにもかかわらず

キチンと各プレーヤーの演奏の統制がとれているのが、

ブルーノートの凄いところだ。

数あるブルーノートの作品のなかでも最重量級の一枚だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

魔が差しそうになった日

今日、

ぷらぷらと

銀行に行き、

会社の預金通帳を記帳して

何気なく残高を見てみると

1億4千万円もある。

ひゃー、なんてこった!

これだけあれば海外に高飛びできるじゃん!

現金預金だろ!

何で今まで気づかなかったんだろう?

うーん。

いや、

でも、

待てよ。

俺には

家族もいるし

親戚も多いし

何より残された従業員が困るよなー。

それに

海外で肩身の狭い逃亡生活を送るのも

ストレスがたまりそうだ。

この計画は中止だ。

もし14億になったら再検討しよう。

ありえねえけど。

仕事があるうちは薄給でまじめにコツコツやっとこう。

別にいいんだ。スケールの小さな男で。飢えと寒さをしのげれば。

で、

ポリタンクで灯油を買ってきた。

自分の車で運んで灯油こぼしてにおいがつくのがイヤだから

会社の車を使用した。全然まじめじゃないな。

別にいいんだ。スケールの小さなワルで。塀の外で自由に暮らせれば。

エンピリアン・アイルズ+2 Music エンピリアン・アイルズ+2

アーティスト:ハービー・ハンコック
販売元:TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M)
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 記事と全然関係ないけど、この盤良いぜー!

ハービー・ハンコックのリーダーアルバムで

彼のピアノの素晴らしさは言うまでも無いけど、

先日なくなったフレディ・ハバードのワン・ホーンなので、

トランペットの音がじっくり聴ける。実に素晴らしい!

ベースがロン・カーターでドラムがトニー・ウィリアムスの

クァルテット。

完璧に酔えるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

黄昏親子

仕事中に車で抜け出して

長女を乗せてケータイの機種変に行ってきた。

長女は今年中3になる。春からは受験生だ。

車中での会話。

「そろそろマジで勉強しねえとヤベーんじゃないか?」

「わかってるよ」

「なるべく良い高校行っといたほうが進学するにも就職するにも

楽(有利)だぞ」

「わかってるよ」

「やっぱ公務員か教員がいいぞ。一般企業は産休とれんから

その後、パートで働かなきゃならん。そうすると生活費が足りなく

なるから、今の俺んちみたいに ものすごく夫婦仲が悪いのに

別れたくても別れられん状況になる。

教師とかになっとけば、将来ダンナが嫌になったらそいつを捨てて

自分の子ども連れて出て行くことができるだろう?」

「そっか!公務員かー!先生かー!」

長女は少し勉強する気になったようだ。

少なくても 今は俄然やる気が出ているようす。

なんか鼻息が荒い。単純なやつだ。

彼女には目標が出来た。産休のとれる組織に入ること。

よかったじゃねーか!

世の中、何が吉と出るかわからん。

ただよー、そう簡単に教師にはなれないぞ!

世の中、そんなに甘くねーんだよ!はっはっはっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

のみすぎ

昨日の新年会は

みんな相当ひどく酔っ払ったらしく、

大暴れの余韻が残っている。

翌日の朝なのに まだ顔が赤いヤツもいる。

その場で冷静だった人たちの

俺に突き刺さる白い目が

全然気にならない(笑)

暴言でも吐いたのかな?

酒乱でワルで女好きのレッテルを貼られると

正直言って気楽だ。

またあいつか。しょうがねーなー。で済んでしまう。

飲み過ぎた連中の一人は

自力で電車から降りることすらできなかったらしい。

轢かれないだけよかった。

俺?

どうやって帰ったかも覚えていない。

完全に記憶が飛んでいる。

その記憶が無いのに

ブログの更新をしている・・・

<

<

ま、好きなだけ酒が飲めるってことは

しあわせなことだ。

Northern Lights Southern Cross (Remaster) (紙ジャケ) Music Northern Lights Southern Cross (Remaster) (紙ジャケ)

アーティスト:ザ・バンド
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2004/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 冬場は暖かく過ごしたいな。

初めてロビー・ロバートソンの「カキコキ」鳴るギターを聴いた

ときは衝撃をうけたぜ。なんでこんなに「カキコキ」してんの?って。

中学生のときにLPレコード買ったから25年くらい聴き続けてる

ことになるが、年齢を重ねるごとに味わい深く聴こえてくる。

まるでウイスキーのような盤だな。乾杯!

昨日ゲロ吐いたのに まだ飲むか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

盛者必衰

昨日は仕事始めだった。

といっても、俺は年末年始も仕事してたけど。

で、

新年会。

いつもの通り タダ酒を浴びるほど飲んだ。

その後、

職場の「ワル」が数人集まって、また飲む。

見たことも無い洋酒をストレートでゴクゴク飲んだ。

たわいの無いエロ話などしながら。

会社のトップが見かねて、

「おまえらいつまで飲んでんだ!けじめをつけろ!」

などと吠えている。

別に気にならない。完全に無視する。

新年にガタガタ言うな!

盛者必衰という言葉があるが、

俺の部署は昨年、この大不況にもかかわらず

純利益を130%に伸ばした。

状況が悪くなったら頭を丸めて謝ればすむことだから

良い時こそデカイ態度をとっていたい。

悪い時にデカイ態度はとれないからな!

で、

俺は「鉄砲ゲロ」を吐くまで飲み続けた。

だから、

いまは「スッキリ」している。

良くても悪くてもパンクスは攻撃的じゃなきゃいけない!

ファック・オフ!

Damned Damned Damned Music Damned Damned Damned

アーティスト:The Damned
販売元:Sanctuary
発売日:2005/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

俺が今 重視してることは

飢えないことと 凍えないこと!

もちろん 俺の家族もな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ブルーノート

先日、

正月休みはダラダラ・・・

出かけると「生きるエネルギー」を消費する・・・

とか書いておきながら

俺は昨日、

吉原にいた。

Photo

日本の有名ジャズ・ライブハウスは

青山にある「ブルーノート東京」であるが、

実は!

「ブルーノート」は吉原にもある。

Photo_2

130分で¥35,000するけどね。

だからガキの行くところじゃねえ。

俺はjazz坊主と名乗っているゆえ、

年に何度かはご挨拶しておかなければならない。

で、

ここでライブの演奏は無い。

かわりに一人の女の子を選ばなければならない。

そういうルールなんだ。

なおちゃん。

最初、標準語を話していたが

俺はすぐに関西語圏の人だと気づく。

そのことを指摘すると、すぐに白状する。

京都の女。いーですね!しかも美人だ。

関西弁でしゃべりだすと、なんとなく

大塚愛みたいな感じで心地良い。

下着を脱ぐと

いきなり パイパン!

つまり 陰毛を全部剃ってある!

つるんつるん。

俺にはロリの趣味は無いが、

大人の女性のパイパンは結構好きだ。

何か征服欲が満たされた感じがする。

それと、

大人のパイパンは限られた人しか出来ない。

毛が濃すぎるとやたら青くなったり、カミソリ負けして

ところどころ赤くなったりする。

要するに毛の本数が少なくて性器の格好が良い人

じゃないとできないことなのだ。

それに男のヒゲと一緒で毎日剃らなければいけない。

選ばれた人しか出来ないし地道な作業が伴うのである。

とにかく、

吉原遊廓は日本の伝統文化であり、吉原で働くソープ嬢たちは

誇り高い(例外もいるけど)。だから俺も尊敬の念をこめて接し

厳かに遊ぶのだ。

・・・俺が書くと全然説得力が無いな(笑)

でもすばらしい技術だと本気で思ってるよ。

オープン・セサミ+2 Music オープン・セサミ+2

アーティスト:フレディ・ハバード
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フレディ・ハバード!

昨年末に亡くなったそうだ。

享年70。

切れ味鋭い偉大なトランペッターだった。

ブルーノートつながりってことで。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

ダラダラ

Photo

人間が「生きるエネルギー」を得るために

正月休みにすることは

何か?

食って 寝て 

ダラダラすることだ。

これしかないでしょう!

出かけ過ぎるとエネルギーを多く費やすし、

一年のうちでダラダラ出来る日は限られている。

で、

今日のダラダラのBGM ↓

クール・ストラッティン+2 Music クール・ストラッティン+2

アーティスト:ソニー・クラーク
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もちろんソニー・クラークの代表的なリーダーアルバムで

あるが、この人、何かリーダーって感じがしない。

マイルスやアート・ブレイキーといったいわゆる怖いリーダー的

な存在がいないので、みんなリラックスして演奏しているように聴こえる。

怖い先生がいない間にワルどもが好きにやりましたみたいな

いかがわしい感じ。ちょっとあやしい感じがする。そこが良い。

ドラム・ベースは黄金のマイルス・クインテットの2人で堅実だし、

アート・ファーマーはのびやかなトランペット。

特にジャッキー・マクリーンのサックスがいつもより雄弁で力強い。

こんなに力強く演奏する人だったか?って感じ。

フロント・マン2人の息もピッタリで迫力がある。

そこにソニー・クラークのつかみどころのない踊るような

リラックスしたピアノ。

ダラダラするには良い一枚だ。

酔っ払いながら大音量で聴きたい盤だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

年頭にあたって

とりあえず

2008

↑ おれんちから見えた昨年最後の夕日と富士山。

昨年の10大ニュース!

パタパタパタ --- ジャン!

<

<

<

特になし!

去年のことは もうどうでもいい。

前厄だったらしいが

厄払いはもちろん

初詣にもいかず

さい銭も投げず

一度も祈らず

・・・

罰当たりな俺だが

健康だった。

<

今年の抱負。

一日一日を大切に生きる。

ちいさなしあわせを追い求めて生きたい。

今年は厄年らしい。

もちろん初詣も行かないし祈る気もない。

神でも悪魔でもかかってこい!

ケンカする気もないけどね。

A Night at Birdland, Vol.1 Music A Night at Birdland, Vol.1

アーティスト:Art Blakey Quintet
販売元:EMI/Blue Note
発売日:2001/07/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ 今年 一番最初に聴いた盤。

演奏が・・・凄まじい破壊力だ。

アート・ブレイキー、クリフォード・ブラウン他、

名プレイヤーたちがエネルギーを爆発させている。

生きるとは自分の持っているエネルギーを燃やしたり

爆発させたりすることなんだな。

そんな単純でいいのか?

いいと思う。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »