« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

トリオ・オブ・ドゥーム

ジャコ・パストリアスのベースを初めて聴いたのは

ジョニ・ミッチェルの『ミンガス』だった。

20年以上前かな。

ジョン・マクラフリンのギターを初めて聴いたのは

マイルスの『ジャック・ジョンソン』だった。

ジャック・ジョンソン Music ジャック・ジョンソン

アーティスト:マイルス・デイビス
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2005/10/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トニー・ウィリアムスのドラムを初めて聴いたのは

何だったかな?マイルスの『フォア & モア 』だったかな。

3人とも超人的テクニックを持った偉大なミュージシャンだ。

そんな3人が一時期トリオで演奏した。

それを記録したのがこの盤。

トリオ・オブ・ドゥーム Music トリオ・オブ・ドゥーム

アーティスト:トリオ・オブ・ドゥーム
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1979年、キューバで行われた『ハヴァナ・ジャム・フェスティヴァル』

のために結成されたトリオらしい。

ライブヴァージョンとスタジオヴァージョンが収められている。

わざわざ後日にスタジオで録音をやり直したのは、

ライブ時にジャコがキーもコード進行もリハーサルと全然違う演奏を

してしまってトニーとジョンが激怒したかららしい。

いかにもイカレポンチのジャコらしい。

でも、ライブヴァージョンのほうがスリリングに聴こえる。

トニーのドラムが凄まじいのは怒っているからなのか?

ロックなのかフュージョンなのかジャズなのかよくわからんが

とにかくメチャクチャおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

今日は良い気分だ。

今日は次女の誕生日だった。

おめでとう!

最近は憎まれ口たたいてばかりだが、

それでも

かわいくてかわいくてしょうがない。

未だに十数年前の

両脇を抱きかかえて

たかいたかいしていたころの

楽しいイメージが抜けないからな。

つい最近のように思えるんだ。

次女は凄いスピードで成長しているのに、

俺は全く成長していない。

というかどんどん凶悪になってるな・・・。

ハッハッハッ・・・・・・

今日は良い気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

ジャーナリスト魂

Photo

長井健司さん。

何か熱いものを感じるな。

心にも、目頭にも・・・。

俺も明日から仕事と勉強と遊びを

もうちょっとマジでやってみようかな。

悲しいねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

ボーズ負けるな!!

うらぁあああああああーーー

おいっ!ミャンマー軍事政府!

ボーズを殺したな!!

俺は猛烈に抗議する!!

必ずお前らは敗北するだろう。

人民とその子どもたち、

その子どもたちの子どもたち、

その子どもたちの子どもたちの子どもたちによって。

お前らに勝ち目は無い。

早く武器を捨てろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

或る独身男へ

そんなに頑なになるなよ

ちょっと前向きになったらどうだ?

一人 豪華3LDKマンションで

人をやり込めることばかり考えて

法律書にかじりついている自分の姿

映してくれる鏡は無いのかい?

たとえやり込めることができたとしても

君が何も生み出せないこと

みんな知っているんだよ

もっと不真面目でいいんだよ!

這ってでも前に進んでみろよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

何か文句あるか?

今日は

東京事変

娯楽(バラエティ) Music 娯楽(バラエティ)

アーティスト:東京事変
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大塚愛

LOVE PiECE(DVD付) Music LOVE PiECE(DVD付)

アーティスト:大塚愛
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

CDを買ってきた。

(俺は発売前日に買える)。

東京事変は

デビュー時から椎名林檎が大好きだから

良いとして、

普段、JAZZとかロックとかパンクとか

うんちくを垂れ流している

この俺が

何故、大塚愛!買うのか?

・・・・・・別にいいじゃん。

愛ちゃん、かわいいし。

まだ若いし・・・。

まあ、あえて言うなら、

腐れ縁だな。

エロトラックバックを放置しておいたおかげで

このブログには

大塚愛の乳首を見たい野郎どもからの

アクセスが数千件もあった。

下火になったが今でも続いている。

愛ちゃんのおかげじゃん!

恩返しをしなければならんだろう。

たまには、

愛ちゃんの

計算尽くの甘えんぼ声

騙されて

へらへらしながら

酒を飲むのも悪くない。

えっ?

キモい?

うるせえ!!

ゴタゴタ言う奴は

ケツの穴に

一升瓶ブチ込むぞ!!

(俺も身勝手だなー。)

♪ぴぃぃぃちー、♪ぴぃぃぃちぃーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

世間では

3連休だったらしいが、俺は今日も仕事だった。

俺は休みが大好きだ・・・

なんか虚しいな。

おっ、

ビルマのボーズたちが

反政府デモをやり始めたんだ。

同じボーズとして

応援するぜ!

ミャンマーって呼び名、イマイチだしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

きょうだい

中1の姉が問う。「あーちゃん、16時って何時?」

(アホか?)

小5の妹が答える「4時だよ」

(やさしいな)

アホな姉と冷静な妹。

きょうだいって

いいな。

(今、妹は食器洗いをし、姉はニタニタとアホ面こきながらDSをやっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

弱腰というより・・・

<弱腰警官>暴力酔客言いなり、従業員に土下座させる 高知

9月22日13時40分配信 毎日新聞

 高知市の飲食店からの通報で駆け付けた高知県警高知南署員が、酔客が従業員に暴行するのを目撃しながら、騒ぎを収拾するため、酔客側が求めるままに従業員に土下座をさせていたことが22日、わかった。同署幹部は24日に店に謝罪する。上村和宏副署長は「不適切な対応だった」としつつ、「暴行した女性が妊婦だったため、(検挙などは)配慮した」と釈明している。
 同署などによると、今月18日午前1時過ぎ、男女3人組の客が「注文した物が来ていない」などと皿を割るなどし騒いだ。通報で駆け付けた同署員4人が、任意同行しようとしたところ、客の女が逆上し、女性従業員を平手で殴った。
 同署員は客を店外に出すなどしたが、約2時間たっても客が店に土下座を求めるなど事態が収拾しないため、署員が「それで終わりにしましょう」と土下座を促し、店長ら従業員3人は客に土下座。客の1人は酔っており、署員が客の車を運転し自宅まで届けたという。
 上村副署長は「今後は店に対し、誠意を持って対応したい」と話している。【近藤諭】
弱腰というより、
「腰抜け」だな。
何の為に拳銃と警棒とチンコぶらさげてんだ!ボケッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

射殺でいい、射殺。

同級生ら3人も金要求=3分の1がいじめ認識-高3自殺の学校側再調査・神戸

9月21日17時33分配信 時事通信

 神戸市須磨区の私立高校で、飛び降り自殺した3年の男子生徒(18)に対する恐喝未遂容疑で同級生の少年(17)が逮捕された事件で、同校は21日、生徒らからの聞き取り再調査の結果を公表し、少年以外の同級生ら3人も金を要求する携帯メールの送信にかかわっていたことを明らかにした。クラスの3分の1が男子生徒に対するいじめがあったと認識していることも分かった。
 学校は少年が逮捕された翌日の18日から20日まで、同級生ら四十数人に対して再調査を実施。その結果、男子生徒や少年とフットサル仲間だった同級生ら3人が、少年に対して「僕も入れといて」と言い、金を要求するメールを送らせていたことが分かった。
 少年や同級生らのグループが数回にわたり、男子生徒の机やかばんの中に紙粘土を入れるいたずらをしていたことも判明。クラスに在籍する34人のうち11人がいじめを認識しており、学校側は「いじめがあった」と結論付けた。
このニュース、多数の記事から判断するに、
「いじめ」じゃなくて「殺人」だよな。
人間、ここまで残酷になれるのか・・・・・・
加害者は射殺でいい、射殺。
飛び降りた被害者は
痛かっただろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

アルコール度数96%の酒は飲めるのか?

何か気分がさえねー。

ゆううつだー。

こんなときは

お清めをするにかぎる。

Dsc00004

で、

『越乃寒梅』の一升瓶買ってきた。

¥4,500

高いような気もするが、

一回飲み屋に行ったと思えば・・・。

「お早目にお飲み下さい」の注意書き。

大丈夫、大丈夫、

二日持たないから。

で、

酒屋に一緒にいたのが

    こいつ

     

Dsc00002

ポーランド産ウォッカ

96 PER CENT ALCOHOL BY VOLUME

アルコール度数が高いため、火気に注意して下さい。

ごもっともな注意書きだが、

人体への影響は・・・・・・???

ショットグラスに注ぎ

一気に飲んでみる。

ギョエエエエエエエエエエ

俺を殺すきか!

でも、

たしかに

酒の味がした。

今、

俺の食道と胃は

妙な一体感に包まれて

燃えている・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

脱力・・・

ラモーンズの生きてるときの(4人中3人死んでいる)

ライブDVDがもうすぐ発売になるなー

イッツ・アライヴ 1974-1996 DVD イッツ・アライヴ 1974-1996

販売元:WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D)
発売日:2007/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すごく楽しみだなーとおもって

くそアマゾン見てたら

      ↓

ロマーンズの激情 Music ロマーンズの激情

アーティスト:ロマーンズ
販売元:MEERKAT RECORDS
発売日:2006/09/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーーーーん。

ナウいじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

便所のラクガキ

個室の壁に

ラクガキがある。

ジオン軍に就職が決まった。

来年の春からはザクを動かすぞ!」

・・・・・・?

募集はどこでしてたんだ??

とりあえず、

就職おめでとう。

HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 量産型ザク MS-06 HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 量産型ザク MS-06

販売元:バンダイ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

村八分

なーんか、日々悪人になってるな。

音楽で清らかな心を取り戻そう。

Music ライブ〈+1〉

アーティスト:村八分
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2001/08/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なーんで画像使えねえんだよ、くそアマゾン!

なーんか、シンナー臭いストーンズだなー。

コカインじゃなくてシンナー

「ウッセーッ!!」

観客を怒鳴りつけるチャーボー

人間離れした風貌の山口フジオのギター。

あああああああああ、

またダークサイドに引き込まれていく・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオレンスな日々

今日(日付が変わった・・・)昨日は研修会だった。

その後、反省会。

タダ酒、飲み放題。

全部経費扱い。(総務部長決裁)。

行かない訳にはいかない。

一次会、幹部連中とタダ酒目当ての不良連中の飲み会。

幹部連中ダウン。

二次会、不良のみ。

違法駐車のチャリを蹴り飛ばす。

他部署のボスが

社会的な行為ではないと俺を怒る。

口論。

一人VS七人。

社内イチの武闘派と勝負。

「お前を殺してやる」とのこと。

このクソガキ!

生まれつき握力が強いので

その場を力で制す。

ボキ、ボキ、ボキ・・・。

力強く握手する(笑)。

仲直りして

飲み尽くす。

俺は社内でヒールらしい。

ご忠告ありがとう。

んなことわかってる、クソ野郎!

俺は冷酷な人間だ。

飲んで、飲んで、飲んで、・・・・・・。

帰りがけ、かわいい3人連れ女がいるので

声かける。

慌てて、チビ野郎が来て、自分の連れだというので、

あきらめて平和的に家路に着こうと思ったら、

背後から笑い声が聞こえてきたので

引き返す。

「いま、笑ったの誰かな?」

残念ながら、

チビを血祭り。

俺は右利きだが、サウスポースタイルで

いきなり右ストレート放つ。

当然、親指を折らないように外に出し

ヒジを押し出すように顔面にクリーンヒットさせる。

うーん。気持ち良い!!

だめだ!

俺は平和主義者にはなれない!

相手が死なないことを確認してから

さよならする。

警察沙汰にはならんだろう。

うーん。

でも、後味が悪い。

バイオレンスは良くない。

酒は平和に飲まなきゃな。

全ての武器を酒に!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

クレーマー対応について

明日は仕事だ。

社員研修会。

俺の発表のお題は、

「クレーマー対応について」。

うーん。

いまいち気が乗らない。

なんか、お題が前向きじゃない。

クレーマーなんか

ガソリンぶっかけて

火つけて燃やしちまえばいいんだ。

といっても研修会だから

そんなこと言うわけにもいかない。

気分転換に

回らない寿司を食いに行く。

お会計。

ぐわぁぁぁぁぁぁーーーー!。

ツタヤ行く。

長女の同級の男子発見。

「テメエ、中1のクセにこんな時間に何やってんだ!

とっとと家に帰れ!」ケリを入れる。

駅前の不良少年に手当り次第ガンつけながら家に帰る。

クレーマーねぇ・・・・・。

やっぱ、

ガソリンぶっかけて

火つけて・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

MONEY JUNGLE

― へヴィー・アコーステック・ジャズ

Money Jungle Music Money Jungle

アーティスト:Duke Ellington
販売元:Blue Note
発売日:2002/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば、マックス・ローチって死んじゃったんだよな。

正直、あまり悲しくはなかった。

男としては天寿を全うしたと言って良い年だったしな。

でも、マックス・ローチという男。

最高のドラマーだった。

トニー・ウィリアムス、エルビン・ジョーンズより

凄かったと、

今でも思っている。

今でもそう聴こえる。

追悼として彼のリーダー・アルバムを

一枚だけ紹介しようと思ったけど、

数が多過ぎる(笑)。

クリフォード・ブラウンと一緒だったときの盤は

ほとんど傑作だ。

で、リーダー・アルバムじゃないけど

上の盤を紹介したい。

ピアノ デューク・エリントン

ベース チャーリー・ミンガス

ドラム マックス・ローチ

一曲目から笑ってしまうくらいへヴィーだ。

一体、誰が打楽器なのか?

そう思うくらい3人とも強烈な音を発している。

これがピアノ・トリオの演奏か?

これがアコースティクのジャズの音か?

まったく異次元の世界だ。

チョーおすすめ盤。

大音量で聴いてくれ!!

で、

ローチ様のご冥福を祈る!

さ、

飲まなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

“死ぬ前に天国を見せる”ツアーpartⅤ

― 那覇へ

2007年9月5日(水)

今日も良い天気だ。

a.m.10:00の高速艇で座間味を後にする。

Dsc00065

船の中でバク睡。景色が良いのにもったいない。

あっという間に泊港着。

国際通りと牧志の市場をふらふらする。

Dsc00027

お土産屋さんを見て回る。

連日の飲酒と遊泳の疲れが溜まり、

ゆるーい一日となる。

なかなか楽しい。

国際通りでまた飲酒。

もはや暴れる力は残っていない。

ホテルで一泊。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

― 帰路

2007年9月6日(木)

今日も良い天気だ。

が、

帰るべき東京には台風が近づいているらしい。

とりあえず那覇空港に行く。

何かいつもと違う慌しい雰囲気だ。

羽田に着陸できない場合、

関西か名古屋の空港に着陸するという条件の下、

飛行機に乗り込む。

スゲェーたてゆれ、よこゆれ・・・。

スチュワーデスさんも安全のため着席。

スッチーも極度の緊張感のため・・・

あれっ、向かいあって座っている眞鍋かをり

スッチーは、居眠りをしている・・・。

きっと乗客に安心感をあたえようと・・・、

そんなわけねえよな。昨日遊び過ぎただろ!

初めてみたよ。スッチーの居眠り。

機長の機内アナウンスはさすがに緊張感が感じられる。

機長、あの悪条件でよくまともに着陸できたな。

尊敬するよ。

しかし、思いっきり強風にあおられてたな。

スリル満点だった。

羽田空港で両親と別れのお茶会。

といっても、俺はまた酒を飲む。

オヤジがポツリと言う。

「今まで67年間生きてきて、こんなすごい体験を出来るとは

思わなかった。あんな風に海の中を覗き込んで、ぷかぷか

浮かんで・・・。おかけで長生きできそうです。

本当に良い思い出になりました」。

おいおい、自分の子供に敬語はよしてくれよ。

かあちゃんも同じようなこと言ってたな。

やっぱり、ある程度年をとってしまうと

何かのきっかけがないとビーチに行くということに

ためらいがあるらしい。

しかし座間味の海は特別だ。

Dsc00032

両親には、かなり満足してもらったようすで、俺もうれしい。

しかし・・・、あまりにも遊びすぎたようだ。

この旅行で俺は40万円も金を使ってしまった・・・。

まあ、人生は一度限だし

天国で死ぬほど遊んできたんだからいいんだ。

また、この世の地獄で稼ぎまくって、

再び天国に戻ってやる。

(終)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

“死ぬ前に天国を見せる”ツアーpartⅣ

― 島内観光・素潜りの練習・泥酔

2007年9月4日(火)・5日(水)

今日も二日酔いだ。

今日も良い天気だ。

連日の強い日差しで

俺は黒人並みに黒くなってしまった。

宿では宿泊客に従業員と間違われ、

外に出ると地元の人と勘違いされ、

観光客に度々道を訊かれる。

地元のレンタカーを借り、両親を後部座席に乗せ

島内観光に出かける。

絶景の連続。

Dsc00059

Dsc00013

Dsc00066

といっても小さな島なのですぐに回れてしまう。

ざまみ食堂で昼飯を食い

両親は疲れてきたので宿に戻る。

俺は、古座間味ビーチに直行。

素潜りの練習をする。

昨日、亜由美ちゃんなどに潜り方のコツなどを教わったので、

その通りやってみる。

いままで、3メートルもぐると水圧にまけて

鼓膜が破けそうになっていたが、

“耳抜き”をしっかりすることで

5メートル潜れるようになる。

これまで近づけなかった深いところにいる魚を

ゴーグルの数センチ前で

じっくり鑑賞できるようになる。

これは楽しい。最高だ!

夕方の5時過ぎまで

延々と潜水を繰り返した。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夜、天の川の見えるきれいな夜空を見ながら、

またもや亜由美ちゃんの小料理屋へ。

明日の朝、座間味を去ることを告げると

少しだけ残念そうに

「(時が経つのが)早いですね」と亜由美ちゃん。

まあ、変な犬でも数日過ごせば情が移るからな・・・。

昨日、閉店時間まで一緒にいたニコラスおじさんは現れず、

俺は2ショットで心ゆくまで亜由美ちゃんと

おしゃべりすることが出来た。

しかし、泡盛飲み放題コースにしたのがいけなかった。

大量の泡盛で

俺はヘロヘロに酔っ払ってしまい、

今までの自分の女性遍歴や

一妻多夫、一夫多妻の少子化に対する有効性など

話の内容がメチャクチャのボロボロになってしまった。

口説こうとしている女に対して、

俺は何とアホなことを話してしまったのだろう・・・。

閉店時間が来て、

俺は宿に帰る・・・つもりが、

急に、高いところにのぼって

飛び降りるという訳のわからない行為を

繰り返しやっちまった。

酔いは完全にヒザにきていて、

飛び降りたはずみで

頭部を強打、流血。

しかも

愛用のiPodとポケットの金を、

草むらにまきちらしてしまった。

さがそうとするが、

あまりに頭に激痛が走るので・・・・・・

(ここから完全に記憶がない)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

翌朝、a.m.6:00

かあちゃんに蹴飛ばされて

俺は起きた。

何が何だかわからなかった。

自分がどこにいるのかも。

俺は宿の玄関の床

行き倒れのようになって

バク睡していたようだ。

しかも、

よほど楽しい夢を見ていたのか、

ニヤニヤと笑っていたそうだ。

チンコが朝立ちして

なかなか起き上がれない・・・。

結局、俺のiPodは見つからなかった・・・。

頭の強打した部分が赤く腫れ上がっている。

俺は、

どうしようもない男だ。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

“死ぬ前に天国を見せる”ツアーpartⅢ

― 白いビキニと黒いビキニ

2007年9月3日(月)

今日は座間味のメインビーチである

古座間味ビーチに行く。

Dsc00036

両親は昨日ですっかりシュノーケリングに慣れた。

で、

俺は何もすることが無くなったので、

ナンパすることにした。

2分でゲット。

Dsc00035

大学1年生

18才

ナイスバディの白いビキニと黒いビキニ

日本人の女

この世にこれ以上のごちそうが・・・・・・

18才といえば、2人あわせても、36才。

38才の俺より年下か・・・。

3人で楽しくシュノーケリングで遊んだ後、

俺のプライベートビーチ(俺の所有物じゃないけど勝手にそう呼んでいる いつも無人で絶景)

にご招待。

Dsc00047

南国特有のきれいな貝殻拾いと

写真撮影会。

Dsc00045

Dsc00046

(※座間味はナンパ目的で行く島では無い。あくまでもダイバーの聖地である。)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夜、

当然のように亜由美ちゃんの店に行く。

ボトル・キープの泡盛は1日と数分で無くなる。

キープになってない。

地元の初老オヤジのTシャツの

バックプリントに感動する。

“年中無給”

ものすごいボランティア精神だ。

常連客の名古屋のニコラス・ケイジ似男が

閉店時間までねばるので

亜由美ちゃんと

2ショットになれず。

ニコラスさん、何で50才のフリーターが

ジャマイカやメキシコやキューバまで行って

ダイビングできるの?

それもある意味才能があるということなんだろうな。

この遊び人が!(笑)

亜由美ちゃん、珍しくリップ・サービス。

「あしたも来てね」

50と38のオヤジは

「はーーーい!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

“死ぬ前に天国を見せる”ツアーpartⅡ

― 天国の無人島 安慶名敷島

2007年9月2日(日)

ひでー二日酔いだが、今日も良い天気だ。

昨日、飲み屋で少し話したにいちゃんに聞いた

無人島渡しのおっさんにケータイで連絡。

両親を連れ、漁船で座間味港から

約15分

天国の無人島 安慶名敷島につく。

Dsc00051_2

青い空

恐ろしいくらいにきれいな水の海。

(表現のしようがない!)

何十種類もの熱帯魚が

無数に泳ぎまわり

黄、桃、紫、青、赤、白、・・・・・・

様々な色の珊瑚。

イソギンチャクを棲み家とするクマノミの家族・・・

ここで溺れ死んでも良い。

本気でそう思ってしまう。

(俺は水中カメラ持ってないので、亜由美ちゃんの写真集買ってね)

両親にシュノーケルと足ひれとライフジャケットを

装着させ

天国を満喫してもらう。

足が届かないと怖い、と言っていたカナヅチのかあちゃんも

ふわふわと海に漂ううちにコツを覚えたようだ。

40数年前の新婚時代に戻ったように

仲良くしている老夫婦を確認して

俺は一人で心ゆくまで

泳ぎまくった。

出来るだけ深いところまで。

深いところは海水が群青色に変わり

まるで宇宙遊泳をしている気分になる。

回遊魚の大群など見え、

浅瀬と違う世界が広がる。

途中、デカイ魚に指先をガブリとかまれて

左の薬指から流血。

俺の深爪の指先をソーセージと間違えたようだ。

血が止まらねえ。

それでも俺はヘラヘラと笑いながら

魚と珊瑚と美しい海を満喫したわけだ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夜はまた一人で飲み屋に出撃。

亜由美ちゃんの店は定休日なので

他の店でガブ飲み。

店のカウンターの姉ちゃんは

笑顔がかわいくて・・・

後で新聞の切り抜きで知ったことだが、

彼女はヨットか何かマリンスポーツの

すごい選手らしい。

とにかく今日もゴキゲンで

宿に帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

亜由美ちゃん、愛してるよ!

海はみんなの宝物―沖縄座間味 Book 海はみんなの宝物―沖縄座間味

著者:堀川 亜由美
販売元:パレード
Amazon.co.jpで詳細を確認する

座間味の海に魅せられてしまった女性の想いが

ストレートに表現されてます。

感動です!

みんな、買ってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“死ぬ前に天国を見せる”ツアーpartⅠ

Dsc00038_7   

― やっぱり座間味は天国だった

2007年9月1日(土)

両親と羽田空港で待ち合わせ。

去年の今頃、

俺は頭もボーズじゃなく、

人相も凶悪じゃなかった。

久しぶりの再会ゆえに

父母ともに息子の顔が判らなくなっていた。

那覇に着き国際通りや牧志の市場など

ぷらぷらして

高速艇で座間味島へ。

宿のオヤジはあまり働かないくせに

よく酒を飲む。

すすめられるがままに

泡盛一本飲み干す。

で、

一人でいきつけの飲み屋に出撃する。

目的は亜由美ちゃんに逢うため。

もう写真集も出版してるので

実名でもかまわねえだろう。

彼女は筋金入りのダイバーで

水中写真家だ。

夜は小料理屋で働いている。

@@@@@@@@@@@@@@@@@

亜由美ちゃんに初めて逢ったのは、

彼女がまだ20代で

無愛想、無口、たぶん人見知りなのかな?

狼のような鋭い顔つきで、

おまけにモンゴル人と大ボラをこかれた。

こんな沖縄の離島にモンゴル人が

いるなんて

ものすごいハードな人生を歩んできたんだろう

と信じこんでしまった。

といっても、彼女はそんなことは

まったく覚えていなく、

今回、初めてカウンターの店員と客として

ツーショットになったとき

告白した。

「キスしよう」

「イヤだ」

あたりまえの答えである。

それでも俺と彼女の会話は

閉店時間まで長々と続き、

といっても俺が勝手に長引かせたわけで、

ここらへんになると

俺の話も泡盛がまわって

支離滅裂になってきて、

独身の亜由美ちゃんに

少子化について話していたような・・・。

亜由美ちゃんが

「(年齢的に)まだ産めるよ」というので

俺は

「俺の種あげるよ!」

亜由美ちゃん、驚愕の表情。

あたりまえのリアクションである。

そんなこんなで

閉店時間になり

ヘロヘロになって

宿に帰ったのであった。

でも

亜由美ちゃん

俺、金払ってねえよ?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@

であまりにツアーの疲労がたまってるので

今日はこのへんでお終い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »