« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

サンキュー

昨日のブログの記事は、ネットのニュースを貼り付けて、俺の単純な怒りのコメントをちょっと足しただけだ。
それなのに、全国から多くのアクセスがあり、日本人の「正義感」みたいものを感じとれてうれしかった。
もちろん俺の意見に賛成してくれなんて言わない。反対意見もあるかもしれない。
でも、事件に関心を持ってもらえたのがうれしかったんだ。
ありがとう。

日本人は「忠臣蔵」好きが多いと思うが、あの話は多かれ少なかれ双方に過失(いやがらせと刃傷)があった。

本村さんの過失はゼロだ。

それなのに家族を皆殺しにされた。

犯人の事情?ドラえもん?なにそれ?だからどうした?

また怒りがこみ上げてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

「仇討ち」復活を願う!!!!

光市母子殺害差し戻し審 「ドラえもんが何とかしてくれる」元少年、改めて殺意否認

6月27日15時51分配信 産経新聞


 山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が1、2審の無期懲役の判決を破棄した元会社員の男性被告(26)=事件当時(18)=に対する差し戻し控訴審の第3回公判が27日午前、広島高裁(楢崎康英裁判長)で始まった。前日の第2回公判に引き続き被告人質問が行われ、被告は本村弥生さん=当時(23)=の遺体に性的暴行を加えたことについて「生き返ってほしいという思いだった」と供述した。
 被告は弁護側の尋問に「お母さんに助けを求める心境で弥生さんの遺体に近づき、性的暴行を加えた」と供述。理由については伝奇小説に、同様にして死んだ女性を復活させる儀式の場面があったから、とした。
 また、長女の夕夏ちゃん=同11カ月=を死亡させた状況については「はっきりしない」としたが、遺体を押し入れの天袋に入れたことは「ドラえもんの存在を信じていた。押し入れに入れれば、ドラえもんが何とかしてくれると思った」と説明した。弁護側の最後の質問では「弥生さんも夕夏ちゃんも殺害しようと思ったことはない」と改めて殺意を否認。検察側の主張は「事実無根」と主張した。
 続いて行われた検察側の尋問では、最高裁に提出した上申書や差し戻し審に向けた鑑定人との面会で、犯行状況について被告人質問とは異なる説明をしたことを追及されたが、「自分の記憶を精査してきた。今回、法廷で話したことが真実に最も近い」と述べた。
 被告は差し戻し前の1、2審では起訴事実を全面的に認めていた。

前から気になってたニュースである。

犯人は人を殺しておきながら自分の命が尊く思うらしい。

冤罪の可能性はゼロ。

ドラえもんの「どこでもドア」で地獄に落ちろ。

憎しみを背負った本村さんは本当に気の毒だ。

司法の皆さん、本村さんに「仇討ち」を許してくれ。

あんたらも人間だろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「高所平気症」?初耳だな

子供転落死招く「高所平気症」かー

いろいろな病気があるんだな。

俺に置き換えると

親父転落死招く「高度浮気症」か?

とはいっても

俺は世間で言われる「浮気症」の自覚症状は無い。

いつだって真剣、「本気」だった。

人それぞれに魅力と美しさがあった。

これはウソじゃない。

みんなとても素敵だったよ。

ありがとう。

というわけで

今日はそば焼酎を飲んでいる。

そして今日も俺は生きている。

それはとても運が良いことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ソニー・クリス

― チャーリー・パーカーの呪縛

天才チャーリー・パーカーは34,5歳で早死にしたのでモダンジャズの歴史上、早々と「神様」に祭り上げられた。

モダン・ジャズ&アルト・サックスの神様に。生きているときから神業を持っていたのだから当然といえばそれまでだが。

後に続くアルト奏者はつらい。

一昔前の野球で言うと、長嶋、王 引退のあとだれが4番を打つか?

誰が打っても批判される。
だから、原はハラタツ(ノリ)!、という駄洒落を言ったオヤジは日本中少なく見積もっても1,000万人はいただろう。

パーカー亡き後のアルト奏者ってそんな感じのプレッシャーを持ってた人、結構多いんじゃないかな。もちろん長嶋はその後の人物だけど。

「天才」なんてそう簡単にボコボコ生まれないし、簡単に生まれないから「天才」と呼ばれる。

トランペットは少なくともマイルス・デイヴィスがモダン・ジャズの終焉まで長生きしてくれたし、クリフォード・ブラウンが夭折したときも、やや強引とはいえリー・モーガンが祭り上げられた。

テナー・サックスはジョン・コルトレーンは早くに病死するが、ソニー・ロリンズという巨人が支え続けた。白人ではスタン・ゲッツもいたし。
テナー・サックスは本当に層が厚くて優れた演奏家が多いが、ジャズメンは、あえてアルト“パーカー”サックスを敬遠したんじゃないかと、俺はひそかに疑っている。中にはちんことサックスはデカイほうがカッコ良い、という単なるオス的発想のヤツもいたかもしれんが・・・。(バリトンじゃおっきすぎて壊れちゃうわ・・・・・何が壊れんだよ!!)。失礼、また余計なこと書いた。

他のセクションもそれなりに世代交代が行われた。ピアノなんかモダン・ジャズの全盛期から活躍し、未だに現役のおじいさんも多い。

アルト・サックス。このセクションだけは空白地帯だったように思う。アート・ペッパーという名手がいたが、天才“白人”アルト奏者と余計なものをくっつけることで頑固ジャズジジイから認知されていたのではないか。
黒人の名手ソニー・スティットなんか、パーカーの死後の演奏を聴いていると「頼むから比べないでくれよ・・・」というボヤキが聞えてきそうである。なんかつらそうに聴こえるのは俺だけか?
ジャッキー・マクリーンなんて「パーカーの真似すんな!!」とベースの巨匠ミンガスにいつも叱られていたそうだ。強制的に矯正させられたせいかマクリーンの音はちょっとヘンテコリンに聴こえる。

で、ソニー・クリス、彼のアルトの響きだけはパーカーの呪縛から解放されるいわゆるひとつの解答のように聴こえる。「俺、パーカー大好きっす!」と明るく肯定的に、60年代後半になってもビ・バップ的な高度なテクニックを響かせていた。特にこの盤!「これはクリスです!」(邦題訳jazz坊主)。この心地良い響き!良い音出してます!

This Is Criss! Music This Is Criss!

アーティスト:Sonny Criss
販売元:Prestige/OJC
発売日:1991/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(今なら国内盤が1,100円で買えるはず)

そうだよな、ROCKでもストーンズ好きだからニューヨーク・ドールズエアロスミスを聴いてはいけないなんて決まりないもんな。
俺たちストーンズにもろに影響受けてます!というスタンスだったのに、それぞれの個性があった。

実はパーカーの呪縛に囚われていたのは俺自身だったのではないか?

パーカーのワンフレーズ、ワンフレーズにイッてしまうのである。

「ナウズ・ザ・タイム」なんて鳴らしてから最初の2,3秒でイッてしまう。(別に射精するわけじゃない)

これはたまらん・・・・・・。実に味わい深い。

音楽とセックスはある意味似ている。少なくとも俺はかなり前からそう感じている。

パーカーの盤は5枚組、10枚組というものも結構ある。いちいちイッていては金玉袋が何個あっても足りない・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

ザ・ポール・ウィナーズ

ザ・ポール・ウィナーズ Music ザ・ポール・ウィナーズ

アーティスト:シェリー・マン,レイ・ブラウン バーニー・ケッセル
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この盤は買うのにかなり迷った。普段、即断即決が好きな俺がなぜ迷ったのか?

ジャケットがとてもカッコ悪かったからだ。(もちろん俺の主観)

「坊主」、「メガネ」、「角刈り」の3人の男が巨大な棒キャンディ(ポールなんだろうけど・・・)を持って青空の下、にこやかに笑っている。

ジャケット写真がこうも締まりが無いと、どうも聴こうという気合が入らない。

何でもこの3人は、アメリカの主要なジャズ専門誌などの人気投票でギター、ベース、ドラムスのそれぞれの部門で第一位に選ばれたそうな。

腕の良い職人がスタンダード曲を多くやってるのだから音楽の中身が外れるはずが無い。

聴いてみる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

やっぱ、ええわーーー・・・。うん、うん。ごくらく、ごくらく。

いかん、ウイスキーが止まらなくなってしもうた。

ギターがメインのジャズってあんまり好きじゃないけど、これは良い。
レイ・ブラウンの懐のふかーいベースとシェリー・マンの決して出しゃばらないドラムスをバックにバーニー・ケッセルが実に気持ち良さそうにギターを弾いている。

蛇足なんだけど、ドラムスの「シェリー・マン」って初めて活字を見たとき、「シャーマン」と読んでしまい、トランス状態になって黒魔術的なオドロオドロしいパーカッションを叩く人なのかいな、と勝手に想像してたんだけど、角刈りの白人で気のよさそうなおっちゃんだったんだ。ホッ。俺、どうもカタカナ苦手で・・・。

うわあぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーまた夜間緊急出動の連絡。もうアルコール体中巡りまくってんのに!くそっ!タクシーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

オーネット・コールマン

オーネット・コールマン=フリー・ジャズ=難解
というイメージを持つ人は多いのでは?

でも
SOMETHING ELSE !!!!

Something Else!!!!:The Music Of Ornette Coleman Music Something Else!!!!:The Music Of Ornette Coleman

アーティスト:Ornette Coleman
販売元:Original Jazz Classics
発売日:1991/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはいいぞー。
鳴らした瞬間、あっ、一昔前のビ・バップ時代のCDかけちゃった、と思った。
おもわず、レーベル面を確かめる。間違ってねえや。bird&diz(パーカーとガレスピー)みたいな感じ。
演奏技術は・・・・・・まあ、俺にもよくわからん。こまかいこと言うな。初期衝動に勝るものはない。
全曲、オーネット・コールマンのオリジナル曲というのもいいねー。

ごく普通のJAZZクインテットだが、切れ味鋭い音だ。スピード感、躍動感がある。若くて不良っぽく聴こえる。
ぶっきらぼうで雑な感じ。ちょっとぎこちない感じがカッコ良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

弔 意

友人の友人の悲しいニュース

俺にはどうすることもできない

100パーセントパクリだ

訴えたければ訴えろ

Rock‘n’Roll Suicide

(David Bowie)

時はシガレットを手にとらせ あなたの口もとに運ばせる

あなたは指をそぐように引く

また次の指も そしてシガレットも

叫びは壁から壁へと響きわたり あなたは忘れてしまう

あなたは Rock‘n’Roll Suicide

失うには年老いすぎ 選ぶには若すぎる

時計は気長にあなたの歌についていく

カフェを通りすぎるけれど食べようとはしない

あなたは長く生きすぎた

あなたは Rock‘n’Roll Suicide

あなたはよろめきながら道を渡る

突然シェブ・ロレイの急ブレーキの音

それで一日はだいなしになる 家に急いでいるというのに

あなたの影を太陽の光で失くさないでくれ

気にかけちゃいけない ミルク配達のことなんて

それがとても自然というもの――にじみ出る薄情さ

ちがうんだ 愛する人よ! あなたはひとりじゃない

自分ばかりを凝視(みつ)めているけれど それは正しいことじゃない

混乱しっぱなしのあなたの頭

けれど もし 僕があなたの気をひけるなら

おお ちがうんだ 愛する人よ! あなたはひとりじゃない

たとえ何であろうと 誰であろうと

あなたは存在していたはずだ

たとえいつであろうと どこであろうと

あなたは見ていたはずだ

すべてのナイフが あなたの頭をずたずたに引き裂いたのだ

僕にもかつてそんなことがあった

どうにかして僕はあなたを救おう

あなたはひとりじゃない 僕のほうを向いてくれ

あなたはひとりじゃない 戻ろう 生きるんだ

あなたはひとりじゃない あなたの両手を差しだすんだ

あなたは素晴らしい 両手を差しだしてくれ

あなたは素晴らしい 両手を差しだしてくれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

査定会議 ―ラウンド2

今日の会議は朝から白熱したなー

性格の悪い人間が全員集合!!

互いに自らの「毒」と「牙」を剥き出しにする。

普段、ひとりひとりは単なる「性格の悪い人」なのが、

一同に会すると毒の相乗効果で「猛毒」が醸造される

最悪のブレンドの「劇薬物」

うえぇぇぇぇぇーーーーーーー

ぐえぇぇぇぇぇーーーーーーー 

会議室に「毒ガス」と「毒液」が充満している

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)

そこに「性格の良い人」が居たなら即死だろう。

一刻も早くアルコール飲料で中和、消毒しなければ・・・

髭の殿下もアル中だってな

俺、健康診断受けても「肝臓」極めて正常なんだよなー

不思議だー

でもこの酒量と高アルコール度数を続けると舌か食道か胃か腸がヤバそうだなー

生きるからには健康でいたいよなー

「オラ、もうウイスキーやめた!」

「店員さん、芋焼酎!ロックで!」(なんかパクってる?)

2倍飲めば変わんねーな。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

今日は珍しく落ち込んでんだよね・・・

俺への「部下への査定が厳しすぎる」・・・という指摘

グサッ!!!!ドクドクドクドク、たらーーーーーー、バタッ。。。

最も「性格の悪い人」なはずの「閻魔大王」みたいな「暗黒帝国ジジイ」に言われるとは・・・

部下に甘すぎるといわれたほうがまだ救われた。

「性格の悪い人」チャンピオンは俺だったのか・・・・・・

シャレにならねーよ!!

しかし、配る金そんなにあるんだったら最初から言えよ!!

金くれるんだったら拒まねーよ!

このたわけもの!!

この死にぞこないの「暗黒帝国ジジイ」!!

クタバレ クタバレ クタバレ

クタバレ クタバレ クタバレ

クタバレ クタバレ クタバレ 

クタバレ・・・・・・

なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ

なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ

なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ なみあぶだぶつ

なみあぶだぶつ・・・・・・

(エンドレス)

でもまあ、完璧な人間なんていないからなー

それに俺の死後は「無」だ。(何をとーとつに?)

金や性格のことで悩んでもしかたない。

食べ物はたくさんあるし、服や寝るところもある。

よーし、あと70年生きてやる!スクッ!(と立ち上がるjazz坊主)

(立ち直るの早すぎ・・・)

とは強がったもののやっぱ傷つくよ。

自分自身の傲慢さ・・・・・・

自業自得

人生に正解は無い

しばらくもがき苦しむこととする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

査定会議 ―ラウンド1

今日の会議は長かったー

やっぱ管理職はイヤな奴が多い。(ワタクシもふくまれる)

うちの会社だけかなー?

昔、『ゴレンジャー』という人気クソガキ番組があったけど

なんか『キチガイレンジャー』 って感じなんだよなー。ちょっと字多いけど。

仕事キチガイ

私利私欲キチガイ

記録とりキチガイ

ゴマすりキチガイ

理論武装キチガイ

重箱の隅突きキチガイ

ホントーのキチガイ・・・・・・

いろいろいるなー

みんなきらわれものだー

みんな冷血動物だー

悪魔の囁き(紙ジャケット仕様)

すごいなー

俺?

色キチガイさ

(やけくそ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

査 定

ボーナスの査定の時期だ。

この時期になると必ず「えー、さてー・・・」と最悪のオヤジギャグをいうアホ部長などいて、査定されるほうの気持ちにもなってみろ、と言いたいところだが、そういう繊細さがまったく無い人ほど部長になる。嫌われ者ほど出世する。世の中そんなもんだ。

査定する人の見方によって、もらえる金額もプラスマイナス、ウン万円から十数万円変動する(うちの会社の場合)わけであるが、、、

もらう本人にとってみれば、査定の金額よりもどのように評価されたかというメンタルな部分のほうが比重が大きいのではないか?自分は上司にどのように見られているのか?普段はにこやかに挨拶してくれるけど、査定は最低、、、おまえはそういう非情な上司だったのか!とかね。

俺のボーナスは立場上、損益の数字で機械的に決まる、というか初めからわかっているのでメンタルなショックみたいものは無い。数字で全てが決まるから前向きに考えれば気楽だ。

さて、今俺の机には何枚かの査定用の書類がひろげられている。極秘資料だ。

部下はみんな帰った。

みんな俺よりずっと真面目に働いてるよなー。

何で俺が管理職なんだ???

顧客からの頂き物の最高級さくらんぼを一人で全部食ってしまう最低男だぞー。

あいつはSランクかAかBかCかD・・・・・・。

さてー・・・。

査定方法及び各人得点は極秘だ!!(あたりめえだよ!)

誰かかわりに決めてくれねえかなー。

あみだクジでもつくろうかなー。

うーん・・・・・・。

日付も変わったし早く片付けて帰って酒飲もう。

・・・パンクスは悩んではいけない(超最低男)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

はんせい文

6月20日 はれ

1年 モンクぐみ      ジャズぼーず

今日は、かいしゃで、おきゃくさんに「さとうにしき」という

とってもおいしいさくらんぼをもらいました。

おきゃくさんのおばさんが、やまがたのさいこうきゅうひんよ。といいました。

ぼくは、かいしゃでひとりだったので、こっそり、ひとつだけ、あじみをしてみました。

ほっぺがおちそうなくらい、あまくておいしかったので、もうひとつたべました。

ぼくは、「さとうにしき」をたべるのがとまらなくなりました。

1キロぐらむもあった「さとうにしき」は、きがつくと、はんぶんにすくなくなった。

ぼくは、もう、ておくれとおもった。

これじゃあ、もう、みんなで、わけられないとおもいました。

だから、ぜんぶたべちゃいました。

みんな、ごめんなさい。

ぼくは、おなかが、とてもいたくなりました。きっと、ばちがあたったのです。

かいしゃのみんなが、もどってきました。

ぼくはトイレにこもった。ゆるゆるのウンチがでました。

そのとき、ぼくは、みんなに、わるいことをしたとおもった。

はんせいしようと、おもいました。

2どと、こんなことをしては、いけないとおもいました。みなさん、ごめんなさい。

Koji1971222img400x3001181359679sakuranbo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

新たなるパンクス ― episode Ⅶ

「奴隷にして…」20歳女性宅を突然訪問 32歳男逮捕

茨城県つくば市で、32歳の男が、ひと目惚れした女性の家を訪れてチェーンのかかったドアのすき間から手を引っ張り、「奴隷にして下さい」と話すなどして逮捕されました。

・・・・・・一方的に好意を抱いていた女性の家を訪れ、一人暮らしだった女性がドアチェーンをかけたまま玄関のドアを開けると、大谷容疑者は、「好きです。あなたの奴隷にして下さい」と自身の想いを告げました。・・・・・・

うーん・・・・・・。

その昔、the stooges という名のロック・バンドがあった。

イギー・ポップ&ストゥージズ

デビュー・アルバムに“i wanna be your dog” 「私はあなたの犬になりたい」という超名曲が収録されている。

オリジナル・パンクバンドは、ザ・フーだ、キンクスだ、キングスメンだ、などどんどん歴史をさかのぼる輩がいるが、彼らは暴力的だったとはいえ、ある程度の節度は保たれていた。ドアーズは節度はなかったが知性があった。

節度も知性(たぶん確信犯だけど)も持たなかった初めてのバンド、つまりオリジナル・パンクバンドは the stooges だろう。

the stooges は60年代後半に“i wanna be your dog”をこの世に発表していた。俺には驚異的なことに思える。
時代はまだ、ヒッピー、フラワー、ラブ&ピース!が辛うじて生き残っていたはずなのに・・・・・・!!
奴らはすでに1977年の音を予言している!!

大谷君、釈放されたら君はデビューすべきだ。パンクロッカーとして!!デビュー曲はもちろん「あなたの奴隷にして下さい!!」・・・・・・

TV出演して、ドアのすき間から絶唱しろ!!
(ドアのセットは腕の良い工務店を紹介してやる!)

the stooges のオリジナルアルバムひっぱり出してみたら、iggy pop って、最初“iggy stooge”と名乗っていたんだ!裏ジャケに書いてあった。ビックリ!!

stooge を辞書で検索したら、1(喜劇の)引き立て役, ぼけ役. 2 ((略式))(一般に)引き立て役;手先, 操り人形;(警察の)おとり・・・

すげえ自虐的。。。。。。。。。。。iggy師匠のDVDはチンコ出すからなかなか自宅でplayできねえんだよな・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

陰 謀

俺は自ら

スーパーマーケットへ

買出しに行くのを志願する

家族のために飲料・缶詰など重い食料を大量に買い込む

大量に

とにかく大量に

そして

そっと FOUR ROSES を一瓶 買物カゴにしのばせる

Photo

俺の目的は達成された

FOUR ROSES は

合法的に食費として家計から差し引かれた

・・・・・・俺の懐はいつも痛まない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

ビートルズのCDを値下げしろ!!!!

ビートルズ・フォー・セール

おいっ!!東芝EMI!!

テメエら、いつまでビートルズで小銭稼いでんだよ!!

何で、オリジナルアルバムが未だに2,500円以上してんだよ!

俺のうちには中古で買ったので前所有者の手垢がカビてジャケ写が見えなくなった『ラバーソウル』と

ラバー・ソウル

一時的にプーだったときに泣く泣く3,200円で買った『サージェント~』と、

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

まあ社会人になってからは

『Let It Be... Naked 』やマニアックなものも我慢して買ったけど・・・・・・・・・とにかく高い!!

ジャズの金字塔ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』、マイルス・デイヴィス『バグス・グルーヴ』だって1,100円で買える時代だぞ!!
(俺は1,800円で買ったけど、くそ!)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

なにぃぃい!! 最近『ザ・ベスト 1000 ザ・ビートルズ』を1,000円でリリースしましただと!!

THE BEST 1000 ザ・ビートルズ Music THE BEST 1000 ザ・ビートルズ

アーティスト:ザ・ビートルズ,トニー・シェリダン,トニー・シェリダン&ザ・ビート・ブラザース
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2007/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あんなクソみたいな選曲、ちんこの皮がむけてねえクソガキしかだませねえよ!!

おまけに販売元違うじゃん!!

おまえら『人類の宝』を販売しているという自覚があるのか!!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

東芝EMIさん、頼むからさあ、『プリーズ・プリーズ・ミー』とかそろそろ1,500円くらいにしませんか?

プリーズ・プリーズ・ミー

世の中、感受性はアホな大人の数百倍あるのにお小遣いは何十分の一でビートルズのアルバム買いたくても買えない無垢な子供たちもいるんですよ。ホントに!!なあ、ジョン(ともだちじゃねえけど・・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

史上最弱のチーム(室蘭栄高校球技大会)

高校のとき、1年から3年の全クラス対抗球技大会があった。(全校で確か30クラス)

競技はバスケットボール、サッカー、卓球、バレーボールの4種目。

それぞれの種目の部に現役で所属しているやつはその競技には出られないという規則があった。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

バスケはクラスでも運動神経の良い人気者集団で結成され、中学のときバスケ部で高校になってからハンドボール部に転身したようなやつばかり。つまり元バスケ部軍団。華やかで俊敏なプレイに女子たちはキャーキャー黄色い声援を送っていた。

サッカーはとにかく人数が11人も必要なので球技大会の主要な競技であった。フォワードには元サッカー部とか運動神経の良い足の速いやつが選ばれ、華麗にシュートを決めていた。当時女子サッカーなんてなかった。女子たちに「男」をアピールするには良い競技だった。

卓球は各クラス、ダブルスを2組という定員があったので4人しか出場できない。これも中学のとき卓球部だったやつがほとんどを占め高度なテクニックを競い合っていた。

バレーボールは(女子を除いて)、たいていのクラスで運動神経の鈍いあまったやつらで結成されていた。
もちろん俺もそのなかに含まれていた。(優勝狙いの強いチームもあったけどね)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

バレーの出場選手は6人から9人の間であればどうでも良いといういい加減なルールで、しかもコートは外の土のグラウンドにネットを立てて行われた。
理数科のクラスなら男が多いので全ての種目問題なく出場できたが、俺は普通科クラスだったのでバスケ5人サッカー11人卓球4人、あまったのはぎりぎりの6人。

こうして史上最弱のバレーボールチームが結成された。

メンバーは俺、I、O、A、N、あと一人思い出せない。影が薄かったのか?とりあえず「鏑木」という名前にしておこう。

Iはエースアタッカー。6人の中で一番背が高いという単純な理由だ。こいつは柔道とか純日本風のことに関しては得意だったが、欧米の球技はいまいち苦手だったような気がする。アタックを打つときもなんかへっぴり腰でかっこ悪かった。
俺はセッター。子供の頃からお姉ちゃんたちと円形になってバレーボールをやっていたのでトスを上げることが出来た。
あとの連中は適当にレシーブをやってもらうことにした。多分「鏑木」くんも。

バレーチームが結成された時点で、クラスの誰もが俺達のことを、ただ出場するだけのチームだなー、と思っただろう。
クラスの誰もが『絶対に勝てるはずがないチーム』が結成されたと確信していた。俺自身そう思っていた。他のみんなは内心笑っていただろう。っていうか、最初からウケ狙いのオンボロチームだったのだ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

俺はぜんぜんやる気なんてなかったんだけど、幸いなことに良い友達に恵まれていた。

ぜんぜんやる気のないバレーチームを見て、現役バレー部のやつや運動神経のいい友達らが、お前ら、みんなにバカにされて悔しくないのか!俺達3年生は最後の球技大会なんだぞ!今日から練習だ!と言い、放課後に6人は猛特訓を受けることになった。
コーチはもちろん級友のボランティアだ。

とりあえず、みんなが守備のレシーブをできるようになることからはじめた。何人かは最後までダメダメだったけど。

守備が出来たら攻撃の態勢を整えようということになり、とりあえずエースアタッカーのIとセッターの俺以外がレシーブをして、セッターに返し、Iがアタックを打つ。攻撃のレパートリーはこれひとつしかなかった。

コーチたちは辛抱強く俺達のコートにサーブを打ち続けた。最初はダメダメだったが練習を重ねるうちに少しずつ守備から攻撃へのプレイができるようになってきた。100回に1回くらいの割合だったが・・・。

とにかくコーチたちの熱い情熱に支えられ、俺達は毎日練習を続けた。市民体育館を借りたりもした。
コーチたちは自分の所属する部の練習はどうしていたのだろう?今思うと不思議だ。

外のグラウンドだったのでトスをあげるとボールについた泥と砂が顔面に降りかかった。口の中が砂でじゃりじゃりになった。
雨の日はボールが水分を含みとても重たくなった。トスを上げるのが下手だったこともあるのだろうが、練習のし過ぎで俺のつめと指先の間はどんどんはがれてきていつも血がにじんでいた。

周囲の嘲笑にもめげず、みんなヨレヨレになりながら真面目に練習を続けた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そんなこんなで球技大会当日を迎えた。

球技大会は校内の各競技場にて同時進行で行われたので、空き時間は他の競技に出場している自分のクラスのチームを応援した。

男子バスケ、サッカーの試合が行われているときは、女の子たちはみんな応援にかけつけキャーキャー声援を送った。中には本気で涙ぐんで応援している女子もいた。

卓球は室内の狭い格技場で行われたのであまり観客が入れなかったが、各プレーヤーの高度なテクニックにマニアックなファンは感嘆していて、それなりに盛り上がっていた。

バレーボールは?

女子に「○崎、時間余ったら応援行くからね!」「○崎君、男子バスケの試合終わったら行くからね!」とあたたかい声援をうけながら、俺達6人とコーチ2人のみで土と砂と泥のコートに出陣した。

おおっ!俺たちはいきなりビビった。相手は2年生だが、9人もいる!

対戦相手が男の多い理数科だったのか、他の競技にエントリーしないでバレーを強化してきたのか、今となっては思い出せない。
俺達はただでさえヘタクソなのに6人対9人どう考えても勝ち目は無い・・・・・・

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

試合開始!

俺達はコーチに教わった通りサーブ、レシーブ、トス、強烈なアタック・・・・・・とは全然いかなかった。

ロックドラマーだったNはシューズのかかとを踏んでクールに決めている。イケメンで多少ナルシストだったので、なんとなく誰も彼には注意しなかった。
Nのジャンピング・サーブ強烈なバックアタックはものすごいスピードで鋭角的に相手コートに突き刺さり・・・・・とは全然いかず、ことごとくネットのど真ん中にぶち当たり自陣のコートに落ちた。サーブなんて下から打てば入るのに・・・。

レシーバーのAは、頭の良い策士タイプでいつも何かを深く考え込んでいる様子だった。俺は、ひょっとしてこいつトンデモナイ秘策を持っていて皆を勝利に導いてくれるんじゃないかなと密かに期待していたのだが、そんなことは全然なかった。
Aはいつも深く何事かを考えていたので相手のサーブが飛んできても踏み出すのが一歩遅かった。だからボールがコートに落ちる瞬間、片手をグーにして当てるだけだったので、彼のレシーブはことごとくラインの外側に勢い良く飛び出していった・・・・・・。

クラスNo.1の秀才だったOは運動神経がゼロだった。しかし、当日の彼は闘志まんまんで、相手側から放たれたサーブをことごとく片手をグーにして「えぃ!えぃ!むんっ!やぁ!・・・」と一発で相手コートに打ち返していた。攻撃の基本はレシーブ→トス→アタックだろ!!チャンスボールを相手に与えてどうするの!!練習の成果は彼にもまったく生かされていなかった。
それでも猫パンチみたいに一発で返したボールが相手コートに運良く落ち得点になったときには、「ねえねえ、いまのでいいのかな?ねえ!みんな、いまのでいいのかな?」と得意になって俺達に訊いてきた。O君、君の得意な数学と違ってスポーツのプレイに完全な解答は無い。とO君以外はみんな思っていただろう。

試合が進むにつれ、猫パンチレシーブ、俺のヨレヨレトス、Iのへっぴり腰アタックが決まりだした。Iのアタックはのろのろだったが、決定率は異常に高かった。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そして     俺達は勝利した!!

「勝ったよ・・・・・・・・・・・・・・・」。コーチのひとりは本気で目を潤ませてつぶやいた。もう一人のコーチも信じられないといった表情で絶句し、俺達を迎えた。

        俺達は勝利したんだ!!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

クラスの女子が寄って来て俺に声をかけた。「○崎くん、かっこよかったよ!

「テメエ、男子バスケの試合見てて、俺達の試合は最後の1、2分しか見てねえだろ!!」・・・・・・とは言わなかった。

俺達は、女子にもてる以外にも大切なものがあることを学んだ。青春。それだけで十分だった・・・・・・・・・・

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

ボロブログ

最近、このブログもメチャクチャだなー

最初からそうだったけど。

YahooGoogleで 陵辱の内診台 って検索すると俺のブログがトップにきてしまう。

いったい何のブログだ?

俺もりっぱな変態ということか?

ということは俺もちんこちょん切られて大海原の真中に浮かぶメガフロートに放置され

余生を送るのか?

自業自得というやつだな。

でも俺、だれからも訴えられていないし被害届けも出ていないので執行猶予ということにしておいてくれ。

メチャクチャやってたもんなー 外で無理やりパンツ脱がしたり・・・ ゴメンネーーーーー

でも誰もだましてないだろう? そこにそれぞれのLOVEがあったからさ! あー うそくさー・・・

昨日の飲み会も暴走ーーーーー。

今日も寝坊ーーーーーー。モノレールでは間に合わないので原チャ・・・。あれっ、原チャが無い!

俺の原チャどこいった? 盗難か?

しかたなくモノ通勤 iPod レッチリでノリノリ

会社に着く。

あっ!俺の原チャだ! しかも横倒し・・・ ドカッ!ガッシャン

俺の原チャに覆い被さっていた放置自転車に蹴りを入れどける

昨夜、原チャ放置したままタクシーで飲みに行ったことすら完全に忘れていた。

午前10時10分過ぎ営業開始! なんて中途半端な・・・

こんないい加減なことでいいのだろうか? 土曜日だし、まあいいか、俺の余命もあとわずか40年かもしれないし・・・・・・・・・・・・・・

こんなアホな俺でも今年の夏の新入社員研修の講師になりそうな気配

4年前の研修会議事録を見つけた。俺が作成したものだ。記録を読む。

「遅刻して来るとは何事だ!!最低5分前に集合してるのが社会人の常識だ!!」と怒鳴る。 by jazz坊主

うーーーーん。俺も良いこと言うなーーーー。 大人って、、、、、うそつき。  俺だけか?

今年対象者が8人もいる。こんなに多いのは10年ぶりくらいのことじゃないかー

若い女の子が4人もいるぞ!お願いだからひとりくらいなんとかやらせ・・・いや、なんでもねえよ・・・。

若い野郎どもはそうだなー・・・・・・

レインボーブリッジからバンジージャンプやらせときゃいいよな。ひも無しで。度胸つくぞー!俺みたいに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

想像してごらん

元巨人軍クロマティ、プロレスデビュー

『史上最強の助っ人』という輝かしい経歴を持つクロマティが“インドの狂虎”タイガー・ジェット・シン(まだ生きていたのか!)とプロレス対決するんだって。相当うさんくさい
クロマティに何があったのか?
過去の実績を台無しにする暴挙か?
いつまでもハングリー精神を持ったチャレンジャーか?

まあ、生きている限りあらゆることに挑戦するというのは本人の自由だ

死んでしまったら挑戦もできなくなる・・・

そこで夭折のロックンローラーたちが今も生きていたと仮定して

新たなる挑戦を想像してみる・・・・・・

君たちも想像してごらん・・・・・(ロック好きじゃないとわからないかも。ゴメン)

ジム・モリソン、一日警察署長に任命される

ジミ・ヘンドリックス、一日消防署長に・・・

ジャニス・ジョプリンビューティークリニック設立

ママ・キャス式ダイエット法、特許取得

マーク・ボラン、春の交通安全イメージキャラクターに選ばれる

ジョン・ボーナム、爽やかにノンアルコールビールCM出演

ジョニー・サンダース 元気! ハツラツ! オロナミンC!のCM出演

カート・コバーン リポビタンDのCMに出演 ファイトー 一発(ヤバすぎ!)

シド・ヴィシャス著 『病気にならない生き方』 出版

イアン・カーティス、「おかあさんといっしょ」体操のお兄さんに

ブライアン・ジョーンズ、薬科大学に社会人推薦枠で入学

キース・ムーン、リフォーム会社設立・・・・・・

生きているからこそ 可能性がある・・・

もがき苦しみながら ぶざまに生きるのも人生かと思う。

80年以上続ければそれは偉大な人生だったと言えるんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

不思議だなー

The Cat Music The Cat

アーティスト:Jimmy Smith
販売元:Verve
発売日:1998/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日の朝、車で走っていると

道の真ん中で 猫が轢かれていた

こんな光景を見るのはかなりひさしぶりだ

道は のぼり坂で40キロの標識なのに

轢いた奴はかなり運転がヘタクソか相当スピードを出していたのだろう

悪質なひき逃げだ

-------------------------

夜、ひどい雨になった 車で走っていると

突然 助手席からガサッという音が聞こえて

運転中の俺のひざの上に猫がのってきた

ものすごくビックリした

暗くてよく見えなかったけど猫だった

あわてて急ブレーキ 反射的に急ハンドル 急停車

後続車がいたら間違いなく事故だった

猫はどこ行った?

後部座席か?シートの下か?

日中、暑かったので 窓を全開で駐車しているときに入りこんだのか?

暗いし捜すのも面倒なので会社まで車を走らせる

明るい電灯のあるところに車を止め猫を捜すが見つからない

確かに猫が俺のひざの上にのって 俺の運転の邪魔をした

朝、轢かれていた猫だったのかな?

俺、そういう霊的というか超常現象、全然信じてないけど

確かに猫だった 俺の脳と体は確かにそう認識した

だからウソじゃない

まあそれだけの話なんだけど

人間の脳って不思議だなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

夜間緊急出動

夜中

JACK DANIEL‘S ボトル半分飲んだところで

仕事用ケータイがなる

タクシー呼んで緊急出動!!

任務遂行! 内容は極秘だ!(たいしたことではない)

任務完了!

ふらふらー ふらふらー

先ほどまで飲んでいた酒がいい具合にまわってきて

ふらふらしながら表通りでタクシーをひろおうとするが

3台続けて乗車拒否

空車なのに明らかに速度をあげて過ぎ去っていく

ヘッドライトに照らされる俺のボーズ頭のせいか?

そんなにあやしいか?

人種差別だ!くそっ!

運転手さん、アメリカンニューシネマの傑作『真夜中のカウボーズ』知らないのか!

真夜中のカウボーイ

・・・・・・・・・相当さむいなー なかったことにしてくれ

でも俺の一番好きな映画なのは確かだ 田舎も都会も楽園も描かれているところが共感を覚えるのか?

しかたなくケータイでタクシーを呼んで帰宅

くそー!

なんかいらいらしてボトルの残りの酒 全部飲む

background musicはLet There Be Rock 『ロック魂』 どこかで聞いたようなタイトル・・・

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ・・・・・・・・・・・・・

朝、起きる ズバッ!

a.m.9:55 ということは午前10時5分前ということだな・・・

おうっ!! また重役出勤だ 最悪・・・

まあいいや 体調良いし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

変態メガフロート構想

きゅおぉぉぉぉーーーーん きぃぃゆうぅぅぅぅぅーーーーん
(いちおうパトカーのサイレン、イマイチ)

会社の事務所前の通りに3台もパトカーが集まってくる

わらわらとおまわりさんがおりてくる

事件か!!

傷害か? 強盗か? 殺人か?

どうやら不審者らしい 野郎が捕まってらー

――――――――――――――――――――――――――――――

女性を勝手に撮影したとか、されたとか・・・・・・

最近この手のスケールの小さい犯罪が多いなー

盗撮とか痴漢とか

携帯でスカートの中を撮るとか やることが小さい

便所の盗撮・・・ くだらねえー すごくくだらねー

うんこなんて男も女も見た目変わんねーだろー

変態男はちんこちょん切って

大海原のど真ん中にメガフロート浮かべて放置しとけばいいんだ

ケツの穴でも舐めあってろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

RollingStone日本版?

本屋で立読みした。

ん、RollingStone日本版?

ふーん、こんな雑誌出てんだ。

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 07月号 [雑誌]

RollingStone誌といえばアメリカの権威あるRockマガジンじゃねえか。

キース・リチャーズとジョニー・デップが表紙か。

キースは俺のオヤジみたいもんだからな。確認しなければ。

とりあえず中を見る。

なーんだ、ガキのファッション誌みたいじゃねえか。

こんなのガキの絵本だよ!

たいせつなのは音楽なんだよ!

ヴェルベット・アンダーグラウンドのバナナレコード

ストーンズのメインストリートのならずもの聴いてりゃ

服なんてどうでもいいんだよ!

ユニクロで無地の黒Tシャツでも買って着てろ!

・・・・・・でもこの本買っちゃった。

P144の栗山千明スゲェかわいいんだもん

あのー、千明さん、今度ドライブしませんか?フェアレディZ程度なら今すぐ買ってきますから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

IRON MAIDEN その弐

こどもの頃、お小遣いの都合で欲しくても買えなかったものを大人になって買うということをする人は意外と多いんじゃないかな。とくに野郎の場合。
大人になって買ってみて、思いのほか期待外れで、俺、何でこんなものほしかったんだろう?と間抜けな感覚を持つ人もいるだろう。

例えばガンダムのプラモデルとか・・・。40才前後のオヤジがプラスチックのロボットを片手に持ち、レーザービームがどうのこうの、カタパルトが外れた、ミノフスキー粒子が多くてレーダーが・・・と満面の笑みで遊んでいる光景・・・
不気味だ。

Killers

            ↑
このアルバムは中学生のとき友達にレコードを貸してもらいカセットテープに録音して聴いていた。
多感な時期に聴いた音楽は若くて柔軟な脳に深く刻み込まれるんだろうな。
ジャンルがどうの、今の時流がこうのといったこととはまったく関係なく良く聞こえる。
当時は歌詞カードも持ってなかったので、何を歌っているのかまったくわからなかった。どれどれ・・・

“魔女よ 俺を助けておくれ
 悪魔が俺の魂を摑んで
 俺を自由にされてくれない
 魔女よ 呪われた俺は
 悪に走ってしまいそうだ”

・・・・・・。うーん。やっぱりヘヴィ・メタルは大変なお仕事なんだなー。

伊藤正則、こいつが日本におけるヘヴィ・メタルに対する偏見を植え付けた張本人だ。
こいつのライナーノーツを読んで、爆笑と怒りを同時に感じた。

・・・とにかく、偉大なバンドにふさわしい豪華仕様のリニューアルだ。IRON MAIDENのファンは12点全てのアルバムを収集することが義務付けられているといってもそれはオーバーな表現ではない。・・・・・

おまえは北朝鮮の指導者か?12枚のCDの収集を義務付けられる?買うか買わないかは本人の自由だ。てめえ、ケツの穴に爆竹突っ込まれてえのか!クソ野郎!!
と、またパンク魂が爆発してしまうのであった。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

かなへび

道を歩いていると
名も知らぬ鳥とかなへびが生存をかけて戦っていた

かなへびは自分の十数倍もある鳥にむかって
最後の抵抗をこころみた

鳥の鋭いくちばしについばまれ身体をボロボロにされながらも
精一杯大きな口を広げて懸命に戦いを挑んでいた

誇り高きかなへびよ

数分後には
鳥の胃袋のなかで消化されはじめるのだろう

俺は残酷な世界に生きている
生きているだけ運が良い

俺は生の最後の瞬間
かなへびのように誇り高く振舞えるだろうか

俺は残酷な世界に生きている
今日 生きているだけ運が良い250pxtakydromus_tachydromoides1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『“俺の”子供部屋』

ほしい物がない。どうしてもほしくてたまらないという物がない。
家族もいるし、家も買ったし、CDやレコードは部屋にあふれているし・・・。

で、俺は車を一度も買ったことがない。
やはり、地球環境保護の観点から、自動車によって排出される二酸化炭素による地球温暖化に・・・・・・

などとはまったく考えたことはない。いや、少しは考えたかもな。

車を所有するって、国にとって多くの税金をかき集める都合のいいシステムに荷担しているような気がするのである。
トヨタ帝国軍とその利権に群がる悪徳役人ども・・・。(トヨタの人は努力家です)   
変なところでパンク魂が働いてしまうのである。従量税って何?デブにもかかるのか?単なる言いがかりなんじゃないか?みたいな。
だから車はほしいと思ったことすらない。必要なときだけレンタカーを借りるか、こっそり会社の車を使用するか。あと原チャ。
大体、狭い東京で車が生活必需品の所に住んでいるひとなんてほとんどいないだろう。大抵長くても2,3キロ歩けば、どこかの公共交通機関の駅にたどり着く。
あと俺の場合、仕事時間以外ほとんど酔っぱらっているから運転できない。これが車を所有しない一番の理由だったりする。

女の心は金で買えない・・・。というより所有できない。

金で買えるものでほしいもの?・・・。

クラシック音楽のレコード?

興味はある。

いまでさえジャズとロックの盤が部屋のほとんどを埋め尽くし、収納スペースもCDで一杯、レコードプレーヤーのカバーのうえにまであふれかえっていてレコードが聴けない
状態でさらにクラシックに手を染めるとなると・・・。
それに聴く時間が無い。今でさえ未開封の盤が大量に・・・。何千枚あるのかな?

Dsc00001

通称『“俺の”子供部屋』

時間!そうだ時間がほしい。旅にも行けるし。

でも時間も金で買えねえな。

もし将来クラシック音楽にのめり込むようなことがあれば、ブログのタイトルは
『クラシック坊主のパンク魂』

うーん・・・。なんか締まんねえ名前だな・・・。やめとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

次は、明るい話題です・・・

グレイテスト・ヒッツ

八幡市職員、学生と乱闘 野球とサッカー練習めぐり

・・・互いの練習場所に相手のボールが飛び交ったことで口論となり、乱闘騒ぎに発展した。・・・

久々に明るいニュースだ。やっぱり男はこうでなきゃ!

まさに異種格闘技戦。トラとライオンどっちが強い?みたいな好奇心をそそる。

結果はサッカー学生が前歯2本折られたとのこと。公務員も侮れないな。

学生諸君、次はリベンジだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種をまく

Led Zeppelin IV

私は種をまくのがしごとです
この世に種をまくため 生まれてきました
さあ 種をまきましょう 種をまきましょう
至るところに花を咲かせ 甘い果実をみのらせましょう
種をまかせてください 種をまかせてください
お願いです
乱暴なことはしませんから(?)
種をまきたいのです 種をまきたいのです
ただ純粋に 種をまきたいのです
中にはまきませんから(?)
邪心はありません(?)
本能です ほんとうです(?)
私はただ種をまきたいだけなのです

種がなくなれば
私はおとなしく土に帰ります
だから 種をまかせてくださいな
生きている限り・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

communication breakdown

今日は弁護士と話をしてきた。俺が悪事をはたらいて告訴されているわけではない。
仕事上、トラブルの仲裁をしているだけだ。
大抵のトラブルは俺が黒いスーツを着て眉間にたてじわを寄せて「それで・・・」と低い声で言うとなんとなく収まってしまうのだが、今回は両者弁護士をたてて争う様相。
きっかけは?

ゴミの出し方。
こうなる前に話し合うとか出来なかったのか?
意思の伝達の出来ない人間が増えてきた。ネット社会の弊害なのか?それともこれもマリリン・マンソンのせいか?(※当ブログ2007年5月20日 (日)参照のこと)
まともに話もしないで互いに被害妄想だけをどんどん膨らませている。
そのうち「静かにして」と言えばすむことを、いきなり相手の背中にナイフを突き刺してしまうような奴が増えるかもしれない。
会社で「おはよう」のかわりにバットで撲るとか、「ちょっと待って」のかわりに槍で突く、「すみません」のかわりにナタを振り下ろす、「それは違う」のかわりに弓を射る、「おつかれさま」のかわりにチェーンソーを振り回す・・・。うーん。緊張感があってちょっとおもしろそう・・・、いかんいかん俺まで妄想を膨らませては。職場が死体だらけになってしまう。

もっと人の目を見て話す機会を増やした方が良さそうだ。
このままだと弁護士が大繁盛だ。いや失礼、大変だ。

ポートレイト・イン・ジャズ

俺も入ろうかな、法科大学院。もう遅いか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

都内を散歩する

この前の日曜日、仕事のお付き合いで大学教授なんかと都内を散歩した。明治神宮、青山墓地、原宿、表参道ヒルズ・・・。
俺の大好きだった表参道の同潤会アパートがヒルズになったわけだが、俺には巨大なコンクリートの棺おけのようにしか感じられなかった。
アパートが取り壊される前に写真撮影しておいてよかった。しかし、あんなに地下深く掘り下げたんじゃ地球さんもひどく痛みを感じたんじゃねえのか?地球は金で買えねえんだから少しはいたわれよ!

散歩後のお疲れ懇親会で、老先生から言われた。「君は若そうに見えるから言うけど、若いうちはアジアを旅しなさい。ヨーロッパなら年をとってからでも設備が整っているから行くことが出来る。アジアに行きなさい。体力があるうちがいいよ」。世界中を旅してきた先生からそう言われるのはなんか妙にうれしかった。最近、説教や助言というものをされたことがなかった。オビ・ワンから助言をうけるスカイウォーカーみたいな気分になった。

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション

インドにでも行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

We Want the Stones

洋楽をリアルタイムで聴いた最古の曲の記憶はクイーンの“キラークイーン”。1974年の作品だから、5,6歳の頃。
ブライアン・メイのちょっとくぐもったようなエレキ・ギターの音を聴くと俺はいつでも5歳児に戻ることができる。

日曜日のラジオ番組から流れてくるアメリカ・イギリスのヒット曲を聴くのを楽しみながら育った。

中学生になってラジカセを買ってもらいFMラジオから流れてくる洋楽をカセットテープに録音した。“エアチェック”ってもう死語かね。口臭検査のことじゃねえよ。そういえば、カセットテープも1本500円くらいしていて当時としては高額商品で重ねどりすると音が悪くなるから録音のスタートボタンを押すときの緊張感は初エッチで彼女のパンツを下ろす並み・・・、とまでは言わないけどそれはそれは相当の真剣勝負だった。

初めて洋楽のLPレコードを買ったのはローリング・ストーンズ。ライブ盤“スティル・ライフ”リリースの時期だったが、中学生の小遣いではひと月に1枚買えるか買えないかだったので、一番曲がいっぱい入っているロンドン・レコードのベスト盤(行方不明)を買った。

スティル・ライフ (アメリカ・コンサート´81) Music スティル・ライフ (アメリカ・コンサート´81)

アーティスト:ザ・ローリング・ストーンズ
販売元:東芝EMI
発売日:1999/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ストーンズを聴き続けてまだたったの25、6年。ストーンズ・ファンのなかではまだまだビギナーである。

ストーンズは今でも俺の中でNo.1バンドである。

ストーンズ・ファンは自分が世界でストーンズの音楽を一番愛し誰よりも深く理解していると思い込んでいるバカが結構多い。
もちろん俺もそう思っている。

えっ?そんなこと思っているのお前だけだって?“ストーンズ”って言うのにへんなところにアクセントをつけるテメエに言われたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

ちゅーたん

ハムスター
おいハムスター
おまえ かわいいな
ほんとうに かわいいな
メチャクチャ かわいいな
ちっちゃい手足を器用につかって
いつもからだをきれいにしているね

おいハムスター
おまえはペットショップで
何百円か千いくらで売られてたんだって?
でも安心しろ
俺のうちにいる限り
何百億円積まれたって
おまえを売ったりしないよ
死ぬまで面倒みるからな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

スタン・ゲッツ

ザ・コンプリート・ルースト・セッション Vol.1 Music ザ・コンプリート・ルースト・セッション Vol.1

アーティスト:スタン・ゲッツ
販売元:東芝EMI
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はじめて雑誌かなんかでスタン・ゲッツの古い白黒写真を見たとき、こいつ憎たらしいツラしてんな。お前の盤なんか買ってやるもんか。大体、ジャズは黒人がやるもんだ。黒人より上手くジャズをやる人間がいるはずないと、差別と先入観と食わず嫌い精神むき出しで、テナー・サックス奏者ではコルトレーンとソニー・ロリンズの盤を買いまくっていた。
スタン・ゲッツの盤をたまたま聴く機会があり、差別と先入観は一瞬にして吹き飛んだ。いったい何なんだ、この音色とスピード感!
暖かい音色なのに冷めたような感覚。矛盾した感覚を同時に表現して・・・・・・うーん、上手く表現できない。

例えば、彼女と海に行ったとする。暖かい微笑みと慈悲深い眼差しを彼女の下のVゾーンに向け、「毛、はみ出てるよ・・・」とクールに言ってしまうような冷酷さ・・・。うーん・・・。さらに何言ってんのかわかんなくなってきたな。
とにかく心地良く軽やか。テナー・サックスなのにアルトのように軽やかにさりげなく吹く。この何気ないのにものすごいスピード感覚は史上最高のアルト奏者チャーリー・パーカーを思い出させる。と思うのは俺だけか?とにかく聴いてて心地良いんだなあ。

ためしにチャーリー・パーカーの“NOW'S THE TIME”を聴いてみる。全盛期は過ぎているけどワン・ホーンで聴きやすいし。

ナウズ・ザ・タイム (※画像リンク不可 1,500円で買えるはず)

うっ・・・・・・。チャーリー・パーカーってアルト奏者というより“チャーリー・パーカー”っていう名の楽器だったんじゃないのかな。
チャーリー・パーカーを他の人間と比較した俺が愚かだった。凄げえよこの“楽器”・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

ともだち

(さん、はいっ!)

いーつまでもーたえるーことなくー ともだちがーいないー♪

あすのひをーゆめみてー きぼうのーみちをー

 

そーらをとぶーとりのーようにー ともだちがーいないー♪

きょうのひもーさようならー またーあうのかなー?

 

しーんじあうー だれとだよー? ともだちがーいないー♪

きょうのひもーさようならー またーあうのかなー?

またーあうかしらーーーーー?

作詞 処によりjazz坊主
作曲 トラディショナル?
変曲 jazz坊主
歌唱 jazz坊主
伴奏 恐山のイタコに憑依したセロニアス・モンク
   (日本語しか話せないのは何故?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

パンク魂のテーマ

今日は月初めだ。
このブログの記事も相当ボロボロになってきたなー。
初心に帰ろう。

このブログのテーマソングを再掲載する。

― パンク魂のテーマ

君が代は歌わない
だって強制されてるから

俺は丸坊主だ
だって強制されてないから

いつの日か新しい国歌が出来て
みんなで歌えるようになれば良いー♪

※俺は左翼では無い

ん?ブログのアクセスが今日だけで300を超えている。こんな多いことは今まで無かったなー。
何かあったのか?
まあ、営利目的でやってるわけでもないし。多いことはいいことだ。
でも、俺のひどい文章で気分を害された方、申し訳ございません。

『能無い鷹は爪全開』だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »