トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

エラ・フィッツジェラルド

マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン(紙ジャケット仕様) Music マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン(紙ジャケット仕様)

アーティスト:エラ・フィッツジェラルド
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2004/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ声が若々しくときどきかわいらしく聴こえる。

エラさんがあまりにも「センキュー、センキュー、センキュー・・・」というので、聴いている俺は「こちらこそどういたしまして」などと言いたくなってしまう。

「センキュー!センキュー!セェェエンキュー!・・・」。あのエラさん、演奏始まってますけど・・・。

しかし、この人ものすごく歌が上手いな。
エラの歌声を聴いているだけで幸せな気分になってくる。これぞ名盤!

エラ!センキュー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

1988

1988年 
俺には最近の出来事

1988年以降 
俺は成長していない

1988年より忙しかった年は無い
1988年より不安だった年は無い
1988年より貧しかった年は無い
1988年より盗みをした年は無い
1988年より惨めだった年は無い
1988年より人を騙した年は無い
1988年より人を睨んだ年は無い
1988年より怒り狂った年は無い
1988年より危険だった年は無い
1988年より孤独だった年は無い
1988年より嘘をついた年は無い
1988年より鬼になった年は無い
1988年より物を壊した年は無い
1988年より凶暴だった年は無い

だから今も生きている

1988年は永遠に最近の出来事

それ以前のことをたまに思い出したり
それ以降は楽しんだり苦しんだりしながら
暴走を続けている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

チェット・ベイカー part2.

昨日、弔い酒としてサントリーオールド1本を飲み干した。良い供養だった。
で、出来た詩が“チンコ”・・・。うーん・・・。悪くねえよ。誤字脱字も無いし。

先日亡くなった女性歌手について様々な憶測が飛び交っているそうだが、俺はチェット・ベイカーの死を思い出さずにいられない。
チェットは1988年5月にアムステルダムのホテルから転落死した。ホテルの2階から・・・。2人とも死ぬには低すぎるところから落ちた。そして死んだ。
自殺、他殺、病気、事故、死因にはいろいろあるが、人間は時として理解不能な行動をとるときがある。その理由がわからないと人は不安になって原因を知りたがる。
わかっていることは死んだら蘇らないという厳然たる事実だけだ。

Quartet:Russ Freeman Chet Baker Pacific Jazz 1232(1956)

Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman Music Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman

アーティスト:Chet Baker
販売元:Blue Note Records
発売日:1997/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランペット  チェット・ベイカー

ピアノ    ラス・フリーマン
ベース    ルロイ・ヴィネガー
ドラム    シェリー・マン

メンバーはカルテットとしてはウエスト・コースト・ジャズ最高のオールスターズ。
悪くなるはずがない。チェットはワンホーンで軽快に吹まくっている。たまんね~!

今日も喪に服さなきゃ。弔いの酒は赤ワインでいこう。しかたねえよな、弔いだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

表現の自由(もっと暴れろ!!partⅡ)

チンコ!
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPIRITUAL UNITY

今日は衝撃的な死が何件かあったようだ。
亡くなった方々には気の毒だが
俺には弔い酒を飲むことしか出来ない。
お気に入りのJAZZを聴きながら・・・

Spiritual Unity Music Spiritual Unity

アーティスト:Albert Ayler
販売元:Get Back
発売日:2005/03/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この盤は50回位聴いてやっと良さがわかってきた。
そんな音楽もあるんだよな。たまに。

ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

もっと暴れろ!!

昨日、次女(5年生)の小学校運動会に行ってきた。
うん、こどもの躍動感は素晴らしいね。特に低学年の屈託がない笑顔には心を洗われる。
やっぱりこどもは人類の宝だ。
自分の子が走ってるのを見て思わず興奮して、「A!行けっ~!!」と大声を張り上げてしまった。周りの人たち、ビックリさせてすみません。俺はやくざではありません。
結果は2位だったがまあ健闘だ。うちの家族のなかでは一番足が速いな。

で、何か気になることがある。
昔の運動会に比べて“やんちゃ”度数が足りないような気がする。
事なかれ主義というか。
騎馬戦も棒倒しもないし・・・。クライマックスが組み体操か、うーん・・・。
俺がこどものころは騎馬から落ちてくちびるが血まみれの奴がいたり、鎖骨を骨折するいた奴が何人かいたような記憶がある。こどもは体重が軽くて体が柔らかいので大怪我をすることはめったにない。こどものときこそ“痛み”を知る最良の時期のように思うのだが。
おどりや応援合戦の歌もイマイチぴりっとしていない。
別に北朝鮮のマスゲーム並みにとは言わないが、親と先生の甘やかし度がこどものダラダラ度に現れている気がする。一生懸命やらないと得られない感動というものがあることを教えなければならない。
あと、100メートル走が直線コースでないのも気に入らない。何でトラック1周なんだよ。
空港の滑走路を拡張する金があるなら校庭の拡張工事に使えよ。余ってる土地はいくらでもあるだろう!こどもは宝であるからこういうところには金をかけねばならぬ。これは甘やかしとは全く違う問題だ。
聞いてんのか!既得権天下り裏金居眠り詭弁ジジイども!

アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード Music アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

アーティスト:ザ・グレイト・ジャズ・トリオ
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あと、昔の運動会ってオヤジとかビール飲んでたような気がする。タバコは実害があるからしようが無いが。
せっかく休暇をとってビカビカに晴れた暑い日にビールも飲まないでスポーツ観戦するというのは、俺には犯罪行為に等しいように思える。どうしてアルコール類禁止なんだよ!
仕方なく俺は競技の合間に近所のスーパーに行って“ブラウマイスター”500mlを買っては校門の前でしゃがんで飲むという行為を4回繰り返した。道行く人々の白い目・・・。校庭で飲めればこんなことにはならずにすんだのに。こういう場で大人ってビールが飲めて楽しいんだぞ、という姿をこどもたちに見せるのもひとつの教育であると思うのだが・・・。

えっ、何?俺が小学校の前でビール飲んでてよく警官隊に包囲されなかったな、って。
そうだな。通報されなかっただけ良い日だったのかもしれない。バキュ~ン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

死んだフリ体操

仕事に育児に人間関係、あるいは家計のやり繰りに疲れていませんか?
そんなときはjazz坊主がお勧めする『死んだフリ体操』で体も心もリフレッシュ!

Undercurrent Music Undercurrent

アーティスト:Bill Evans
販売元:Blue Note
発売日:2002/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【やり方】

ソファやベッドや布団の上で(ようするにどこでも良い)全身の力を抜きましょう。10分くらい。手足をダラ~ンとさせましょう。
まぶたは開いてもよし閉じてもよし、白目をむいてもよし。
頭の中を空っぽにしてみましょう。最初から“空っぽ頭”のかたはそのままでかまいません。
何?赤ん坊が泣いている?
大丈夫です。10分くらい泣かせておいても赤ん坊は死にません。

事前に散髪と入浴を済ませておくと、より良い効果が得られるでしょう。

10分後、ほら、生まれ変わったような爽快感があなたを包む!(多少個人差があります)。そのまま眠ってしまうのも良いでしょう。

【効能】

心身のリフレッシュ。現実逃避。

※ご注意
ホントに死んだと思われると面倒なのであらかじめ家族に断っておきましょう。
『死んだフリ体操』、略して『死体』。「今から“死体”するからね!」とか・・・。
80歳以上の方は大変危険を伴いますし、あまりにもリアルなのでご遠慮下さい。

これのどこが体操なんだ!と言っているあなた。相当ストレスが溜まってますね。
そんなあなたこそ、ご一緒に『死体』してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変だ!!

ティッシュ値上げ10%強 大手各社6月から一斉

男性諸君!
俺が言いたいことはもうわかってるな?
今月中に抜いておけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

重役出勤

朝、目が覚めた。今日は雨か。目覚まし時計はA.M.7:30。
そろそろ起きるか。
今日はいつもより疲労感が抜けている。体が軽い。体調がいいんだな。
それとも俺の体に奇跡が起きてどんどん若返っているのかもしれないな。

おっ、妻も娘たちもすでに家を出たようだ。今日は皆やけに早いな。家には俺一人。

まあいい。朝刊にでも目を通すか。会社の責任者は常に世間の動向を把握するのが義務だからな。

ふと、リビングの時計に目をやる。午前10時5分前。

オウ!ワタシノカミサマ!

目覚まし時計が狂っていたようだ。2時間半も。
株式会社の責任者たるもの、これくらいのことで動揺してはいけない。
しかし、会社のマスターキーを持っている人間は今日に限って皆直行か休暇を取っている。
ということは、会社の玄関を開けられるのは俺一人・・・。うーん、非常にヤバイな。
こんなときこそ責任者には冷静沈着さと瞬時の判断力が求められる。いわゆる危機管理能力というやつだ。
顔も洗わず歯も磨かず、すばやく寝間着代わりの短パンのうえからウインドブレーカー1枚のみはおり、颯爽とスクーターに乗り込む。もちろん50ccだ。俗に言う「原チャ」。されど最高時速は60キロをゆうに超える。
雨でずぶ濡れになりながら、会社に着くとタイムカードも押せず外で途方に暮れる定時従業員。うーん・・・。
俺を見る白い目、目、目・・・。
「おはよう・・・」。威厳を持って俺は鍵を開ける。
が、いでたちはウインドブレーカーに短パン。限りなく変態に近い。
「タイムカード、手書きで書いといて。来た時間でいいから・・・」。
俺は的確な指示を現場に与えると、再びスクーターに乗り込み家に戻った。
なぜって?寝間着代わりの短パンでビジネスは出来ないからな。

家に帰りひげを剃り歯を磨き、この際ついでだとお風呂に入る。

iPodでレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを聴きながら「よー、よー、よーっ、くりみなぁ~る!・・・」「わっちゃせい、わっちゃせい、わっちゃせい、うおぉぉ~おう!・・・」
とノリノリでモノレールで再出勤。

ライブ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリアム Music ライブ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリアム

アーティスト:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2003/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイムカード?俺にはそんなもの無い。パンクスはタイムカードごときに束縛されてはいけない。

うーん・・・。
前任の役員や責任者が次々バタバタと倒れたり退職してしまったため、まわってきたこの役回り。
取締役に就任して今年の9月で丸2年になるが、周囲のねたみと憎しみのなか2年もっただけで奇跡である。
俺の更迭の時期は確実に早まっている。いいかげん早く更迭してくれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

想いは果てしなく

次から次へと
若くて美しい女が
メディアに現れる

次から次へと
若くて美しい女が
目の前に現れる

ムーンビームス

彼女の顔のラインに見惚れる

瞼のライン 鼻のライン 顎のライン 頬のライン

それなのに
俺は歳を重ねている

欲望は捨てられず

求めれば求めるほど

夢は遠ざかっていく

増えたのは アルコール量 睡眠時間 体重 疲労感・・・

金で買える女なら
ほしいと思わない

どうすれば彼女の心をつかめるのか?
今日もそう考えながら生きている俺は、この俺は・・・
しばらくの間 くたばりそうにない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類として

こどもの虐待は許せねえ

だって こどもは人類の未来

未来をつぶす奴らは人類の敵だ

奴らは必ず言い訳する

「しつけのためにやった」

なにがしつけのためだ

しつけでこどもが死んだり意識不明の重体になるのか

てめえの舌を引っこ抜くぞ!

それとも こどもにした「しつけ」とやらを

てめえにしてやろうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

昨日のうーん・・・。

【その1】

盗んだのは元教え子の下着!関西の有名中学校教師
大阪府河内長野市の住宅に男が侵入し、女性用の下着を盗んで逮捕されました。男は大阪有数の進学校の教師で、盗んだ下着は元の教え子のものでした。

うーん・・・。

52歳の理科教師か。盗んでどうするつもりだったんだ?穿くのか?嗅ぐのか?かぶるのか?
きっと何かの実験に使用するつもりだったんだろう・・・。理系は奥が深いんだな。

【その2】

世界の皆さんにコメントくれと記事を書いた直後、ブログにトラックバックがついた。

鹿児島県職員ハメ撮り流出動画公開!
うーん・・・。

鹿児島県の公務員は何か凄いブランドなのか?新潟米や静岡茶みたいに。熊本県の公務員じゃだめなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ローランド・カーク

― 三本一口で応募下さい。締め切りせまる!

ヴォランティアード・スレイヴリー(紙ジャケット仕様) Music ヴォランティアード・スレイヴリー(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ローランド・カーク
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久々にジャズ。でも、この人ジャズの範疇に収まらない。ファンクだったり、ロックだったり、ゴスペルだったり、ソウルだったり、ポップスだったり、コルトレーンだったり・・・
この柔軟さがたまらない。わくわくさせられる。聴いていて生きててよかった。楽しいな。悲しいな。と思う。

この男、一人で3本のサックスをいっぺんに吹く。
この想像力!
人類が月をめざすことを想像したことより、ある意味で高難易度である、と俺は思う。

そして人類は月に降り立ち、この男はいっぺんに3本吹いた。

人間、想像したことはいつか実現出来る、って誰か言ってなかったっけ?
それとも想像出来ることしか実現出来ない、か?
それとも俺が無知なのか?
昔から言われているからな、
お酒はぬるめの燗がいい 肴はあぶったイカでいい
パンクスはちょっと頭が足りないほうがいい・・・

俺も想像してみよう。

一妻多夫制・・・

新垣結衣の第17番目くらいの夫となる。
長澤まさみの第18番目の夫となる。
澤山璃奈の第19番目の夫となる。
戸田恵梨香の第20番目の夫となる。
蒼井優の・・・

俺の想像力はとてつもなく高難易度だ・・・

P.S.女の子の皆さん いつもブログ見てくれてありがとう
なんか適当な名前でコメントくれよ 「死ね」とか「バカ」とか記事に全然関係ないことで
いいんだよ~ なーんにもばらさないよ~
それと 男だけど香港で稼いでるらしいS君、最近の世界情勢についてなんか思うことねえか?
それと いちげんさんも大歓迎だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

エディ・ヴェダー

― 個人的な救世主

一時期、廃人だったことがある
人生には波がある
ドラッグの世話になった 合法的なやつ、たぶん
薬もいいけど・・・

命がけでやっている奴の音楽は
耳に残る

エディ・ヴェダー
彼もその一人

イラク戦争が始まる2週間前に彼とその仲間たちをみた
エディはステージでブッシュのかぶりものを弄んでみせた

戦争中も彼は決して信念を曲げず 公然と政府を批判した
俺には言う権利がある 税金払ってるからな!と

そして俺は
彼に救われた

「コーデュロイ」の詩(字幕)と演奏によって・・・

ツアーリング・バンド 2000 DVD ツアーリング・バンド 2000

販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2001/10/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

また俺のせいか?

猟奇的殺人事件が起こるといつも俺のせいにされる

アンチクライスト・スーパースター Music アンチクライスト・スーパースター

アーティスト:マリリン・マンソン
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コロンバインのときも・・・

ボウリング・フォー・コロンバイン

この映画もう見たかい?俺がインテリジェンスあふれる男というのがわかったろ?

えっ?見ていない!

もういい加減にしてくれ・・・

わかったよ!

俺なんか俺なんか俺なんか俺なんか俺なんか俺なんか俺なんか俺なんか・・・・・・

みんな俺のせいにすれば気が済むんだろ!

ホーリー・ウッド~イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ヴァリー・オブ・デス

クソガキが教室でウンチもらすのも
女子中学生が今穿いていたパンツ売るのも
電車内なのに携帯でデカイ声で話すのも
息子が10年間自部屋で閉じこもってるのも
オヤジが道の真ん中でタンを吐くのも
ホームでゴルフのスイングの練習をやるのも
本をめくるのにいちいちぺろぺろぺろぺろ唾をつけるのも
ババアがスーパーのレジの列に割り込むのも
おじいちゃんの入れ歯がポリデント使わないのでとてもくさいのも
公衆便所の大便がいつも流されていないのも
塗りなおした壁に必ずおまんこの文字及びそのイラストが書かれるのも
おねえちゃんのデリケートゾーンがかゆいのも
尾崎豊のファンが狂信的で冗談が通じないのも
おじいちゃんがもちをのどにつまらせて死んだのも
台風が来ているのに様子を見に行って波にさらわれる奴がいるのも
おとうさんが家族でかわいがっていたインコを踏んじゃったのも
歯間にニラが挟まってとれないのに楊枝がみつからないのも
今月も生理痛がひどくて腰が重いのも
食べた記憶が無いのに体重が増えてるのも
かっぱえびせんを喰い始めるとホントに止まらなくなるのも
気がつけばお腹の肉をつまむ癖がついていたのも
赤ワインを飲みすぎるとウンチが黒くなるのも
飼い犬が歳をとって口臭がきつくなったのも
使いたいときに限って耳かきとつめきりが無いのも
風俗に行けばいいのにわざわざ盗撮・痴漢をする奴が減らないのも
歩道橋にはガムの喰いかすがいっぱいくっついてるのも
パートのおばさんがおみやげを分けるときに執念を燃やすのも
電動歯ブラシ使ったら差し歯が飛んだのも
公園の砂場には必ず猫のクソがあるのも
バイクのミラーがいつも盗まれるのも
礼服を着ようとしたときに頑固な白カビが繁殖しているのに気づくのも
あまりにも酒を飲みすぎるので紙パック入り焼酎に格下げされたのも
自分は自分と言っておきながら他人の給与明細が気になるのも
おねえちゃんが部屋に連れ込む男はいつも違うのも
あえぎ声がデカイのに窓を開け放ってやっているクソアマがいるのも
一年中手首を切って包帯を巻いているお嬢さんがいるのも
おかあさんがヴィンテージジーンズを勝手に繕っちゃったのも
オヤジが参観日に子供のクラスを間違えていることに気づかないのも
こどものランドセルのネームプレートに間違えて自分の名前を書いたのも
川にはなぜかいつも自転車と便器が捨てられているのも
政治家の人相が悪いのも
イラクの自爆テロが止まらないのも
中国の遊園地に偽ドラえもんがいるのも
間違えてハムスターを掃除機で吸っちゃったのも
大便後の便器にケータイ落としちゃったのも
嫌いな奴に限っていつも目が合ってしまうのも
嫁と姑との仲が悪いのも
ボケたばあちゃんに限ってなかなか死なないのも
香典に五千円と書いて間違って一万円いれて気まずい思いをするのも
金を積まないと戒名が長くならないのも

メカニカル・アニマルズ

みんなこのマリリン・マンソンのせいだ!!

どうだ 気が済んだか?

ありがとう、マンソン君 俺の分もちょっとだけ君のせいにさせてもらって・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

聖なる戦い

昨日の悪魔との聖戦でひどい火傷を負った

Iron Maiden

ちょっと肌が痛んだようだ

でも 上の写真は俺じゃない 安心してくれ

これはアイアン・メイデンのファースト・アルバムだ
中学生のとき、俺はこのLPレコードを買うのに死ぬほど悩んだ
値段が2,500円だったからじゃない
国内盤の帯にデカデカと書かれていた邦題が原因だ

『鋼鉄の処女』

30センチ四方のこんなタイトルのレコードをレジに持っていたら、
死ぬほどモテ無い奴か、破裂するほど溜まってる奴と思われる
それが 怖かったんだ・・・

でも俺はこのLPレコードを買った

パンクスは人の目を気にしてはいけない・・・(説得力が全然ねえな)

えっ、これメタルじゃん?って うるせえ! お前は黙ってろ!!
俺は四半世紀も前から これ聴いてんだよ!
「プローラー」は俺の大好きな曲なんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

坊主をなめるな!

Rage Against the Machine

俺は 命懸けで
悪魔に「宣戦布告」して
苦闘の末 勝利を収めた

悪魔を地獄に連れ戻し
そして 閉じ込めた

なのに どういうことだ?
世間では 悪事が続いてる

別の悪魔がいるのか?
俺を呪い殺すって?
よし わかった

どっからでもかかって来い!
いつでも勝負してやる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

Ride on a bicycle

― さいくん

俺は子供の頃、よく野球をして遊んだ。毎日野球をした。野球しかすることが無かった。近所のガキはみんなそうだった。
でも、そんな当たり前の輪のなかに入れないガキもいた。
さいくんだ。
さいくんはちょっと頭が悪かった。きっと野球のルールを覚えられなかったんじゃないかな。それにほとんどしゃべらなかった。
さいくんは、俺たちが野球をしているのを横目でチラッと見ながら一日中町内を自転車でぐるぐるぐるぐるまわっていた。
ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる、
学校が休みの日は、朝から日没近くまでぐるぐるぐるぐる
同じコースを何十周もしていた。俺たちが野球をやっているところを通るときだけチラッとこちらをみた。いつも無言だった。

中学生になった。
学校には陸上競技大会があった。運動神経の良い子は100メートル短距離走や3000メートル走、走り高跳びなどに選抜されクラスメイトの喝采を浴びた。
俺は運動神経がちょっと切れていたので、「男子一般100」という身もふたも無い競技に強制参加させられ、ほかの競技に選ばれず余ったやつらと100メートル走で足ののろさを競った。

さいくんもわけもわからずいっぱん100に混ぜられた。どうせあいつはなんにもできないに決まっている。みんなそう思っていた。

いちについて、よーい、バアア~ン。(情けでピストルは鳴らしてくれた)。

同走のやつらがハアハアゼエゼエしながら50メートル付近にさしかかったとき、さいくんは猛烈なスピードでゴールラインを駆け抜けていた・・・。

さいくんは小学生のとき野球にいれてもらえなくて、一日中自転車をこぎつづけていたので、いつの間にか驚異的な脚力の持ち主になっていた。

めでたし、めでたし。

炎のランナー DVD 炎のランナー

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/02/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄に幽閉したぞ

昨日、俺が悪魔に説教したおかげで奴は今、

Piece of Mind

こんな状態だ。

そこでしばらく反省してろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

速報です

女性雑誌「ELLE」を発行するフランスの会社が、日本のロックバンド「ELLEGARDEN」が所属する音楽事務所「グローイングアップ」(東京都世田谷区)を相手に、バンド名を使った標章入りの商品販売は不正競争防止法に違反するとして、商品の販売差し止めなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、ステッカーやリストバンドなどの商品について差し止めを命じた。(時事通信)

どうでもいいじゃん。

昔、ローリング・トーンズっていうバンドあったぜ。

それはいいのか?

ひょっとしたら、まだ生き残ってるかもしれないとおもって

Google検索したら1件だけヒットした!

誤植だ。

どうやって打ったんだよ?

恥ずかしいからはやく訂正しろよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣戦布告

地獄の軍団(紙ジャケット仕様) Music 地獄の軍団(紙ジャケット仕様)

アーティスト:キッス
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/07/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪魔さん 悪魔さん
もしもし ご在宅ですか~
宅配便で~す 
荷物お届けにまいりました~
速達で~す 
現金書留で~す 判子下さい

悪魔さん 悪魔さん
すし屋の出前で~す
店長 一万円入りま~す
警察だ!
火事だ!

おい! 悪魔! いい加減起きろ!
早く 出て来い! こらっ!

「・・・・・・?」

そこから降りてきて
ちゃんと ここに座って!
俺の話を 最後までよ~く聞くんだ

「あの・・・」

俺が話してる最中に口をはさむな! こらっ!

「・・・・・・」

人の話は最後まで聞け!

「はぁ・・・・」

「はい」は一回でいい!

「・・・・・・」

きーてんのか!こらっ!

おまえ 最近 調子に乗って
人の魂 ブッ壊してるそうじゃねえか!

小僧にのり移って
人の体をブチブチ切りやがって!
人間はマグロじゃねえんだぞ!
巷の皆を不安にさせてんじゃねえよ! こらっ!

今後一切 人様に迷惑をかけるようなことだけはするな!
わかったな! 反省しろ!

※KISSの皆さんは悪魔ではありません。『地獄の軍団』です。
 LPレコードのジャケットが目についたもんで、つい・・・。
 おっ、けっこうPOPじゃん!♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでいいのだ

昨日 俺はヘロヘロに酔っ払って
「俺のチ●コは小さくない!」と投稿したんだ
そうしたら、ブログのアクセスが急増したんだ 
びっくりするくらいに・・・ 

そんなつもりはなかったのに・・・

それで気づいたんだ

「性器」は人類共通の関心事だってことが

もし、君が女性だったら
「私のマ●コはピンク色!」と投稿してみるといい
一番大きくて太い文字にして

この世の人々が 何に一番興味があるかってことが
わかるから・・・

ただ、画像の添付はよくないぜ

おまわりさんに つかまるよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

俺のチ●コは小さくない!

最近、気にいらねえことがあるんだよね。
俺のブリリアントな文章の下の広告に

--- Ads by Google ---

メスを使わないペニス増大
あなたのペニスはなぜ小さいのか その原因と解消法がこれでわかります

ってよく表示されるんだよね。まるで俺のが小さくて悩んでいるみたいじゃねえか!

俺のチ●コは小さくない!

女性諸君! 誰か証言してくれねえかな。

そこの君!知ってるだろ?君も、君も、他人のフリしてる君もだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

君と出会ったのは四月

南のちっぽけな島

偶然だけど 

俺には奇跡

真夜中近く バーのカウンター

俺の隣に ちょこんと座る

風呂上りの君は

天からの贈り物か?

キャミソールとブラの紐がクロスする

その美しく白い肌 白い肩 白い胸元

二一年間 一度も外気に晒されたこともないかのように

しっとりと輝く

君の大きな黒目に比べれば

ダイヤモンドもただの石ころ

テキーラよりも強い酒のように 

深く深く酔いしれる

五月 休暇は終わった

もう行かなくちゃ

君を想って何千回も聴いた

“April Come She Will”

俺は教会に行きたかったけど

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

一緒にバスに乗って逃げないように

もう二度と会わないよ

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

(エンドレス)

(さあ、みなさん、ご一緒に! さくらちゃん・・・)

卒業 デジタルニューマスター版 DVD 卒業 デジタルニューマスター版

販売元:東北新社
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は暗いニュースがあったな。
母親の生首持って来られても、おまわりさんが困るだろう!
みなさん、あまり深く考え込まない方がいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

ニール・ヤング再臨

2007年5月14日(月)

― 安易な評論を寄せつけない説得力

Live at Massey Hall 1971 Music Live at Massey Hall 1971

アーティスト:Neil Young
販売元:Reprise / Wea
発売日:2007/03/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この盤に何をコメントすればいいのか・・・。

とても点数なんてつけようがないし、つまらないケチや冷やかしも、何者も寄せつけない圧倒的な説得力。

ニール・ヤングの60年代後期から70年代初期に発表されたセカンドから4番目あたりのソロアルバムを聞き込んだ人なら
感動で泣かずにはいられない・・・。アコーステック・ギターとピアノのみの弾き語り。なのに力強い。鳥肌が立つ。

まぎれもないロックン・ロール。そう、これこそがロックン・ロールだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

陵辱の内診台

2007年5月13日(日)

― 人類史上初の快挙か?

The Man-Machine Music The Man-Machine

アーティスト:Kraftwerk
販売元:Emi
発売日:2003/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

学生時代の自己破滅型の生活というか、アルコールとニコチン中毒の自堕落な生活がたたり、20代前半の俺は極度に虚弱体質になっていた。

仕事の帰り道、下血が止まらない。意識が薄れてきた。命の危険を感じて病院らしきところに駆け込んだ。即入院。でもそこは産婦人科
腹の激痛が続く。下血は止まらない。何種類かの痛み止めもまったく効かず、もがき苦しむ。
夜勤の若い先生は「痛みだけなら止められる」と(下血は止められねえのかよ!)最後の決断を下した。
注射器で怪しげなヤクを注入される。あ~、何かだんだん気持ちよくなってきた~!やっぱ、あの注射は例のアレかなあ~。アレなのかなあ~・・・。先生、もっと注射打ってくれ~・・・。

その後入院生活は2週間に及んだ。病名は肺炎。何で胃腸にきたんだろう?

国立(くにたち)の産婦人科病院。仕事の帰り道にあり内科もやっていたので、その病院は俺のいきつけの店となった。というか入り浸っていた。
男の常連客は俺しかいなかった。妊婦と新生児とクソガキと、ちょっとわけありの若い娘しかいなかった。

院長先生はかなり高齢でちょっと壊れていた。俺は様々な種類の病気で通院したが、大抵処方される薬はいつも同じだった。

診察室では、若い女の娘がちょっとしたあそこのトラブルで診察をうけていて、
院長先生が「最近(男と)関係しただろう?」と女の娘に訊く。
「してませんっ!」。
「関係しただろう!」。
「してませんっ!!」。
「関係しただろう!!!」。

・・・老先生ならではのガッツある診察をされていた。

また、あるときは俺は原因不明の前立腺の不調に悩まされていた。

先生は「最近遊んだか?」と俺を尋問する。
「はい、いつも遊んでます」とは言えなかった。
先生が「肛門を見る」と唐突に言う。別室に行くように指示され、
「はい、ここにのって!」。

へっ、これって内診台じゃあ・・・。

内診とは「女性の生殖器の内部を診察すること。」と辞書にも書いてある。

つまり女がのる台である。

なんでこの俺が・・・。

パンツをぬいで仰向けにされ両足を固定された。ご開帳ならぬご開チン。ちょうどへその辺りで下半身を仕切る陵辱のカーテン
カーテンの向こう側にギャラリーの看護婦が多いのは気のせいではない。でもそれで勃起するほどの余力も無く・・・。

チ●コ吊り上げ、肛門検査SHOWの始まりさ~♪

結局、世紀(性器)の開脚ご開チンSHOWによっても病気の原因はわからなかった。一体なんのために・・・?

まあいいではないか、パンクスは細かいこと気にしてはいけない。うん。うん。

―内診台にのる若い男―

世界的にも報告例が無い、ひょっとして人類史上初か!と思うととても誇らしく、・・・ということは全然無かった。

ちなみに上のCD、邦題『人間解体』 クラフトワーク。もちろん文章とは全く関係ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0 )

2007年5月12日 (土)

謝罪広告文

2007年5月12日(土)

素晴らしいJAZZの世界を皆様に知ってもらおうという崇高な理想を持ってこのブログを始めたjazz坊主(ウソ)。
しかし、最近JAZZとは全く関係ないことばかり投稿している。どうしようもないアル中オヤジの昭和回想日記。
文章とは言いがたいボロボロの文字の羅列になってしまった。
かつて、1日アクセス数はゆうに100を超えていたが、あまりに下品で醜い文字の羅列にウンザリしてひとり、またひとりと去っていく・・・。

これではソロになったパンクロックの偶像シド・ヴィシャスがあまりに酷いライブをしたので客がだんだん減ってきて、陰ながら見守ってきたかつての盟友ジョニー・ロットンまで去っていく・・・状態。
そして過度の薬物により恋人ナンシーまで刺殺して・・・
最後は自らも命を・・・

シド・アンド・ナンシー DVD シド・アンド・ナンシー

販売元:東北新社
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

俺も過度のアルコール摂取により最愛の?妻をナイフで・・・という確率は限りなくゼロに近い。もしそんなことを実行すれば、妻に返り討ちのハイキックを見舞われ頚椎骨折で俺が即死する・・・という確率のほうが100万倍くらい高い。
それに俺が今死んだとしても夭折したとは間違っても言われない。中途半端な早死にだったね、とか言われるのだろうか?
そんなのちっとも『パンク魂』じゃない。

かつては吉祥寺のライブハウス『曼荼羅』でカウベルを狂ったように叩きながらシャウトするROCKボーカリストだった妻。
いまではキックボクシングをメインに総合格闘技や関節技にまで興味を示すようになった。風呂上りに黒いトランクス姿でシャドーボクシングをする妻の体型はクロアチアの英雄ミルコ・クロコップに似てきた。うーん......。

このタイトルは『謝罪広告文』。ちっとも反省していない。パンクスは後悔してはいけない。(だれもそんなこと決めてねえよ!)

P.S. Aちゃん、メールありがとう。また「お部屋」借りて2人で3次会やろうぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夫多妻、一妻多夫を支持する!

ナヴィさん、いま帰宅しました。神に誓ってホモじゃないけど愛してるよ~!

帰宅が遅くなった理由は営業。二次会の飲み屋であけみちゃんという美人と知り合うが
勃起したチ●コをアピールするも答えはNO。キムタク風に「俺じゃダメか?」と問うが
諏訪に住んでるあけみちゃんは、「髪の毛が短すぎて怖い」と率直な意見。一瞬、髪を伸ばそうかと思うが、男には男の世界がある。相手をビビらせるのも生きる術。ターゲットを代えて39歳の美空ひばりをもっと美人にしたような39歳のバツイチ・フリーにアタックするもやっぱ玉砕。
俺ってCOOL。(どこがじゃ!)。女性陣に「早く死ね!」というブーイングが聴こえてくる。楽しく過ごしたはずの俺の長髪時代も女の子のコメントはごんごんちゃんだけ。Aやちゃんも(そのまんまや)、Aっ子ちゃんやI子ちゃんもS香ちゃん・・・・・・・・・ええと、Sくらちゃんや・・・・・・・・・・・・・・、みんな愛してます!たまにはコメントくれよ。

ナヴィ村さんも(俺もだが)老化現象が始まっている。コメント欄の“M君の超絶的なファインプレーもあった。”それは運動神経が切れていた俺がキャッチャーで、元高校球児のMがセンターで、タイミング的には絶対セーフなのに「日頃の恨み、覚えたか~!」の忠臣蔵の世界みたいに140キロ位の剛速球を返球してきて、「オメエこそバイトしろよ!」みたいにムキになって命がけで捕球したが、けっきょくセーフ、
だっただけの話だ。
しかもナヴィ村氏は日頃から野球を神聖化してるくせに、ペタペタペタペタ、ヒタヒタヒタヒタ、と野球にはあり得ない音を奏でていた。
いくらソフトボールといえども、いくら華麗な守備といえども、ビーチサンダルでベースボールをやるというのはフェンシングを剣道の竹刀でやるくらいベースボールを冒涜している。先輩、靴すらも買えなかったんですか!

“僕が居候生活に突入する時、引越しでかたづけ先のない、僕の家財道具の一部はあの部屋に押し込んだ。”
俺の家にもナヴィ村氏の数百枚のLPレコードコレクションを預かる羽目になったことをあなたは覚えていないだろう。

まあ、昔のことだ。人生ギブアンドギブアンドギブアンドテイク・・・だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

残存記憶

<訃報>今村仁司さん65歳=東京経済大学教授

先生、ちょっと早過ぎますよ。

学生のときは「社会科学概論」の授業でお世話になった。
先生は学生サークル「社会科学研究会」の顧問でもあった。

俺はサークルに在籍していたようないないような・・・
所属しているつもりはなかったが名簿にはのっていた。

というわけで、大学生だったときのことを考えた。

このブログは同大学のT地ゼミの先輩、ナヴィ村さんの影響で始めた。

1980年代後期、ナヴィ村さん(他有志一同)は現役学生で、学内にネイティブ・アメリカンの人たちを招いたり、大教室でイベントを企画し、プロのロックバンドのライブを実現させるも大音量のため電力を使い過ぎブレーカーを吹っ飛ばして全学停電させるような(伝説の?)変な人たちだった。良く言えばパワー溢れる人たちだった。
一般学生・大学職員からみれば人騒がせな・・・。

彼らがイベントを開くと、キャンパスには6,70年代からタイムスリップしてきたヒッピーのような人やどこの国の人かどこに住んでいるのかわからないような個性的な人々が一杯集まってきて、原始的な太鼓を叩いたり、それにあわせて踊る人がいたり、変なタバコのにおいがしていたりしていた。その光景はとても東京郊外の大学で起きていることとは信じがたい異空間に映った。

「社会科学研究会」略して「社研」の部長だった(音信不通の)映画監督M野氏と知り合ったのは、ナヴィ村さんを通してだったような気がする。M野氏とは同学年だったが、俺のほうが3歳年下なのに生意気だったせいかまったく馬が合わなかった。彼は社会問題を真剣にとらえて生きていた(ようだ)。
俺は当時から女と酒と音楽にしか興味が無く、ついでに仕送りも無くとても貧乏だったのでいつもバイトの時給のことばかり考えていた。

何故か学生自治会もやろうということになり、わざわざ選挙をしてM野氏が委員長、俺が副委員長になったのだが、何で仲が悪いのに一緒に行動したのか?今でもよくわからない。議論の最中も俺はバイトの時給のことしか考えていなかった。

当時の「社研」は代々、左翼学生の巣のようなところだったらしく、実際に拘置所で2週間お世話になったり、ちいさなちいさなデモをしていたり、傷害事件を起こしたり、わざと部室でルール違反の酒宴をして一般学生を怒らせたり、「官僚的だ!ゲバルトはるぞ!」(意味わかんねーよ!)と持っていた包丁を振り回しそうなほど激昂する人などもいて、とても刺激的なところだった。その光景はとても東京郊外の大学で・・・(しつこい!)

たしかM野氏が部長になった代から、偏った思想の活動家を排除して、学生が自らの政治・思想・信条を超えて社会問題を真剣に考えようということで「社研」の名称を「文化クラブ」と変更した。今考えると冴えねえ名称だ。
といっても、やったことは学内ソフトボール大会に出場したこととフリーマーケットくらいなもので、故廣松渉先生(東大の凄く有名な偉い先生だったらしい)などを招いた大がかりな討論会などもやっていたようだが、俺には全く興味がなかった。討論会の最中も俺はバイトの時給のこと・・・(しつこい!)

ソフトボール大会は女の子を呼ぶ口実になったし、フリーマーケットは多少儲かった。バブル期で今よりも消費者の目は厳しくなくて、ぶっ壊れた蓄音機を高値で売りつけたりした。

変な学生時代であったが、女と酒と音楽にしか興味が無いのは今もまったく変わっていない。
変わったのは時給が月給になったことと広い家に住めるようになったことと家族が出来たことくらいか。
おっ、十分変化してるな。

今村先生のご冥福をお祈り致します。

ついでみたいでなんですが、T地先生、長生きして下さい。ロッキンチェアーならプレゼントしますから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

覚 醒

虚言で出来た処方箋

俺はヤク中

人格は錠剤の色で決まる

皆が俺を賞賛する

あいつには勇気がある

恐怖を感じられない人間に安神は要らない

横たわる常人の屍

お医者さん 

リスパダールは 俺に合わない

皆が俺を褒め称える

あいつは紳士だ

不安を感じられない人間に悩みはごとは無い

俺は調子に乗る

虚構の報酬を貪る

作られた自分と本当の俺との区別もつかないで

効き目は薄れて 睡眠薬で夜を更かす頃には

手段と目的の区別がつかなくなる

本当の恐怖が訪れる

心の痛みが 戻ってくる

絶望と混乱に襲われる

それこそが 本当の俺だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

アソコにバナナ

最近、こんなニュースがあった。

“<妻殺害>わいせつ画像見られ首絞める…容疑の夫逮捕 東京”

何でこの程度のことで人が死ぬのか?

以前、我が家でこんな事件があった。

“自宅でエロ本を盗み見していた長女、母親に叱られる。本の所有者は父親 東京”

リビングにて、父娘でうな垂れながら妻に説教される。

かたわらには、うれしそうにアソコにバナナをつっこんで微笑む女の子のグラビア。

・・・上のニュースより まだ、ましだろ?  

・・・やっぱ、ダメか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼントは現金

2007年5月8日(火)

今日は俺の母親の誕生日だ。北海道に住んでいる。もう5,6年会ってない。
仲が悪いわけじゃない。俺が休暇とれるとすぐに沖縄に行ってしまうからだ。
何で正反対の方向にいくのだろう?
母の日も近いし何かプレゼントを考えたが現金が一番喜ぶのはわかっているので
郵便局の茶封筒で3万円送る。これ以上無粋なやり方は無い。
だけど母から電話があり、素直に喜んでいるのがよーくわかる。
実家はオヤジの転職が多くてやや貧乏だった。だから純粋に現金が好きなのだ。のどが渇いたら水がほしいだろ?
「オヤジに1枚分けてやったよ。」と語る母。何か飼い犬に分け前を与えたような口ぶりだ。
そう、家では母が偉いのが平和の秘訣なんだよな。たぶん。
俺の予想だと、今頃両親はたらふく旨い寿司を喰っているはずだ。

ともかく、喜んでもらえる人がいるのはいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

もうノリノリ

2007年5月7日(月)

人の悪口を言ってはいけません!

それはわかってるし、恨みはないのですが
50歳目前のオバサンのぶりっ子しゃべりに耐えられません。
電話口で「へい、ぐくげんくぐやで~しゅぅ」。何言ってるかわかりません。
舌足らずな自分がかわいいと信じきっています。
さらにペンギン歩きをします。
とっても気持ち悪いんです。

やっぱ職場っていろいろと疲れるよな。

― ブローイング・セッション(1957)

A Blowin' Session Music A Blowin' Session

アーティスト:Johnny Griffin
販売元:EMI/Blue Note
発売日:1999/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

テナー・サックス奏者が3人もいる。誰が一番上手いテナー奏者か?何かへビィ・メタルのギタリスト速弾き大会のような気がしないでもない。
俺は聴きもしないでへビィ・メタルのことをバカにする奴は大嫌いだ。JAZZもへビィ・メタルも共通点がある。それはメチャクチャ練習しなければいけないことだ。パンクは…魂なんだよ!
ただ、へビィ・メタルはとてもストイックな音楽で「中世のお城うおおおお~」「悪魔の呪いういいいいいいい~」とか英語で真顔で歌われちゃうと俺も38歳なんでちょっと考えてしまうけど。そんなにスーパーテクニックがあるなら…。
ロニー・ジェイムス・ディオなんか本当に歌が上手いんだぞ!

で、『ブローイング・セッション』。もうノリノリのテナー・サックスの嵐である。

3曲目Jazz Standard "All The Things You Are"もこんなに元気な演奏でいいんだろうか?いいんだよな?

素人はついつい、ええと、このパートはグリフィンでここはモブレイでこのソロはコルトレーンかなあ~。という聴き方をしてしまう。
もちろん俺もそうだ。
3人のサックス奏者が競り合っている間に一番得をしているのが一人トランペットのリー・モーガンのような…。俺の不良っぽいブリリアントなラッパを聴きやがれ!
やっぱモーガンかっこいいや、とそこだけは確信できて安心するのである。

このころはグリフィンが洗練されていて一番良いような気がするが、そのわずか数年後にコルトレーンはモンスターとなってJAZZ界を席捲することとなる。誰が聴いても間違いようがないくらい個性的で誰も太刀打ち出来ない存在に。きっとメチャクチャ練習したんだ。

アート・ブレイキーのおっさんはそんな微妙な空気には無関心で絶好調にバカスカ、ドカスカ、ズドドドドド、カカカカカ、バッシャーンと快調に叩きまくり煽りまくりだ。やっぱおっさんはこうじゃなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

チェット君、ニューヨークに行く

― ボーカル抜きのチェット

『CHET BAKER IN NEW YORK』(1958)

チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク Music チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク

アーティスト:チェット・ベイカー
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランペット チェット・ベイカー

テナー・サックス ジョニー・グリフィン
ピアノ アル・ヘイグ
ベース ポール・チェンバース
ドラム フィリー・ジョー・ジョーンズ

当時のアメリカのジャズは、白人が中心のウエストコーストジャズと黒人が中心のイーストコーストジャズ(ハード・バップ)に分かれていたそうで、チェットを除くメンバーはバリバリのハード・バッパー(アル・ヘイグはビ・バップ時代の白人)である。
女性に人気があって白人のチェットがニューヨークになぜ乗り込んだのか良くわからない。(その後、すぐにNYに拠点を移す)。
阪神のチームに巨人の選手がたった一人で乗り込み一緒にプレイしてみました、見たいな感じか?

対抗意識を燃やすと思いきや、チェットのトランペットはあくまでマイペースで、ボーカルを披露しているときと同じような気だるさと哀愁と脱力感がある。トランペットで歌っている。
他のメンバーもさすが職人。自分の仕事に徹している。
ジョニー・グリフィンなどはハード・バップの番人というか、典型的なバリバリ吹まくるテナー奏者である。
チェットとは水と油ではないかと思ったが、普段より抑え目な演奏ながら、やっつけてやる!みたいな様子は無く一流のサックスを聴かせてくれる。
アル・ヘイグは戦時中からディジー・ガレスピーやチャーリー・パーカーと競演するくらいのキャリアのある人なので都会ニューヨークの大人のピアノを弾いている。かっこいい。
ベースとドラムスはモダンジャズの歴史上もっとも有名で重要なリズム隊の一つである。マイルス・デイヴィス・クインテットのメンバーとして黄金時代を築く。当時、チェットは帝王マイルスを凌ぐ人気があったそうだ。よくマイルスは嫉妬のあまりリズム隊の2人にチェット暗殺命令を出さなかったものだ。めでたし、めでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

性器移植

― 性器移植

20××年、国会で『性器移植法案』が可決された。

病院は連日大繁盛。

先生!おっきいのにしてくれ!

先生!あたしピンク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幸福の黄色いハンカチ』

幸福の黄色いハンカチ DVD 幸福の黄色いハンカチ

販売元:松竹
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本映画の金字塔

― 俺の高倉健物語

両親の故郷は夕張だ。
当時、室蘭に住んでいた俺は、夏休みで夕張の街中をオヤジと2人で散歩していた。
まだ、道路には農家の馬車なんかが通り、夏の日差しに熱されたアスファルトには馬の蹄鉄の後がついていて、ついでに馬のクソも落ちていた。

しばらく歩くと、街の一角に数十人の大人が集まっている。でっかい懐中電灯のようなものや見たことの無いでかいカメラや銀色の板、いろいろな変な道具を持った人とそれを取り巻く人だかり。何事だろう?

オヤジは言った。「たかくらけんだ・・・」

ちょうど、そこに大人たちの人だかりを横切る一匹の野良犬。

子供はどうしても大人なんかより動物に興味がいってしまう。

当時、俺は小学2年生で「犬」という漢字は「いぬ」とも読むし「けん」とも読むことを知っていた。

「たかくらけん」ってあの犬のこと?俺は訊いた。

「そうだ」とオヤジは答えた。

親は子供の質問攻めに疲れるといい加減な返事をしてしまうときがある。
特にこんなド田舎で日本の大スターが目の前にいるとなると当然意識はそちらに集中していたはずだ。

俺は「名犬ラッシー」や「フランダースの犬」のような犬感動物語を作っていると勝手に想像した。

ロケの様子は大人の人だかりが多くてよく見えない。

そしてすぐそばに居たはずの人気絶頂のナマ健さんに視線を注ぐことなくその場を跡にしたのだった。倍賞千恵子も居たはずだ。

― それから7,8年後、テレビでこの映画を見た。どこかで見たような光景。あー!あのときの人だかり、この映画を撮っていだんだ!
あの時、オヤジは「高倉犬」じゃなくて「高倉健」と言ったんだ、ということをはじめて理解した。

今にして思えば、あの時の犬は
血が混ざり過ぎてリカオンのようになってしまった汚ねえブチブチ模様の雑種犬、だったような気が。

おれも素直な子供だったんだな。
もったいねえ話だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

頭蓋骨をブッ壊せ!

― おお人生!

「刺激」は自ら作り出すもの

「刺激」こそは我が喜び

生まれたことを喜び

怒り 狂い 悲しみ

異性を惑わし 

楽しみ

そして愛し

己の血を残し

汚名も気にせず

土に帰る

お願いだ!

焼け残った俺の頭蓋骨を

金槌で

粉々に打ち砕いてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーチー・シェップ

2007年5月5日(土)

― 脱力系ジャケット

このジャケットは何とかならなかったものか?
頭蓋骨に花柄がいっぱい。

『THE MAGIC OF JU-JU』

ザ・マジック・オブ・ジュジュ Music ザ・マジック・オブ・ジュジュ

アーティスト:アーチー・シェップ
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2006/11/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この盤は何といっても一曲目の18:27分を費やした「ザ・マジック・オブ・ジュジュ」に尽きる。
既成概念を完全にぶっ壊しているフリーキーな曲と演奏は、ある意味パンクだ。

この曲のイメージ。
アーチー君、マシンガンの引き金に足の指を掛けながら数名のチベット・タイ人の僧侶を脅し、高速で木魚やその他の打楽器を叩かせておいて、俺様のコルトレーン仕込の過激派テナーサックスを聴きな!って感じ。
アバンギャルドでとっても素敵。好奇心の旺盛な方はこの盤に挑戦してみれば。

仮に、このジャケで頭蓋骨が使われてしまった当人の母親が見たら「お母さんは、あなたをそんな風に使われるために生んだんじゃありません!」と嘆き悲しむんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

やくざの山登り

2007年5月4日(金)

― 今日は疲れてんだよ。

Dsc00832

今日は、いい天気だ。ひさーしぶりに家族サービスでもしよう。
清水寺から飛び降りる気持ちで軽じゃない乗用車を借りてきた。
さあ!君たちどこでも好きなところへ連れてってあげるよ。

ところが、うちの女ども、南大沢と多摩センターと永山に行きたい、とのたまわう。
それは京王相模原線行ったり来たりするだけじゃねえか!つまらねえ奴らだ!
南大沢のアウトレットモールで買い物をするところまではお付き合いしました。
多摩センターまで戻ってきたところでついにぶち切れる。
だって今日は軽じゃない乗用車を借りてきたんだぞ!
女3人を多摩センターで強制下車させて、結局ひとりでドライブ。
実は単独行動結構好き。家族おいて何度も脱走している。沖縄にも数回。
ナビも使わず、方向音痴なのでどこに着くかと思ったら、やっぱ津久井湖。平凡だ。
城山公園という所に着いた。
まだうちの女どもにむかついていたので、城山という小山の頂上まで一気に登った。
こんな小さい山、女子供が登る山だぜ。
よし下山だ。
下山道は何コースかあるようだ。あえて一番険しそうなのを選ぶ。こんなの楽勝だ。
すぐに下山。
あれっ。軽じゃない乗用車が無い。後でわかったことだが、駐車場とまったく正反対で一番遠い場所に下りてしまったようだ。
仕方なく駐車場まで自動車道を徒歩で戻ることにする。しかし、山がどんどん遠ざかっていく。駐車場にたどり着けねえよ。
くそっ!登山道を無視して野獣のようにまた山を登り始める。
あれっ、なんかものすごい急斜面になっちゃったな、と思った瞬間、枯葉に足を滑らせうつ伏せバンザイ状態、ウルトラマンの飛行体勢で逆走。10メートルくらい落ちる。誰も見てなくて本当に良かった。

もうのどがカラカラだ。でも飲み物持ってない。方向感覚も無くなってきた。
こんな小山で遭難となれば100年後の子孫まで語り継がれる恥だ。
何とか気を取り直してまた山を登り始める。やっとたどり着いたのは何と頂上。
同じ山に1日で2回登るバカは俺しかいないだろう。
こんどはババアでも下れそうなコースを選んで無事下山。
軽じゃない乗用車を運転して無事帰宅。

で、これJAZZのブログなんだよな。

今日は疲れたので、買って損のない名盤を紹介。

『ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS A NIGHT IN TUNISIA』

チュニジアの夜 Music チュニジアの夜

アーティスト:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初からアート・ブレイキーのドラムが尋常じゃない迫力だ。
槍を持った人食い民族が襲ってきそうな勢いだ。
アート・ブレイキーはジャズ・ドラマーとしてマックス・ローチやバディ・リッチと並ぶ最高のミュージシャンで、個性的という点では間違いなく世界一だろう。とても尊敬している。
トランペットはリー・モーガン。この人は早死にしたクリフォード・ブラウンの後継者として期待されていた実力派トランペッターだが、年上の内縁の妻に嫉妬され銃殺される。たしか享年33か34歳。
モーガン君、他人事とは思えないよ。
テナー・サックスはウェイン・ショーター。この人も実力派。じっくり聞き込む価値のある人。
とにかく買って損のない一枚なんだってば!

すみません。体力の限界です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マックス・ローチ

2007年5月4日(金)

― 超絶JAZZ

昨日は、次女様の新しい自転車を買いに家族4人で行ってきた。
日差しがけっこう強かったのでサングラスをかけた。
日ごろから“その筋の人”と言われているのに、坊主頭にサングラスだと
まさにそんな感じ。家族に「信号を守るやくざ」とか馬鹿にされながら
自転車屋にたどり着くも、次女様の御めがねにかなう高級自転車はなく、何も買わず
そのまま引き返す。途中、メシでも食おうということになりガラガラの店で
大騒ぎ。もちろん酒は欠かせない。

アルコールの作用ですっかり上機嫌の俺は、長女様が上り坂を自転車で帰るのは
ヤダというので、俺は「ママチャリにのるやくざ」に変身。
「マックスパワー!」とか絶叫しながら上り坂をひたすらこぎまくる。
対向する通行人があわてて左右に避けまくる。

で、マックス・ローチ。
JAZZドラマーの最重要人物の一人。尊敬している。
正確無比のリズム。力強いのに冷静な感じ。超絶テクニック。まだ褒め足りない。

『CLIFFORD BROMWN LIVE AT THE BEE HIVE』(LONEHILL JAZZ 1955)

Complete 1955: Live at the Bee Hive Music Complete 1955: Live at the Bee Hive

アーティスト:Clifford Brown
販売元:Lone Hill Jazz
発売日:2004/08/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランペットはJAZZ史上最高のトランペッターとも称されるクリフォード・ブラウン。
(交通事故により26歳で死ぬ。)
テナー・サックスはソニー・ロリンズ。この人もジョン・コルトレーンと人気を二分する
世界最高のテナー名手の一人。
あとピアノとベースとたまにギターがいることにはいるが、この盤の主役は良くも悪くも
マックス・ローチ。
一曲目 名曲「Cherokee」から、ローチ様ご乱心。日ごろ冷静なローチ様、なんか嫌なことでもあったのか?
キース・ムーン2人分くらい叩きまくっている。
(※キース・ムーン。ロック界有数の名ドラマー。手数が多かった。破天荒な人でたしか31歳で死ぬ。)
ローチ様の凄まじいドラミングで、完全にブラウニー、ロリンズのソロが霞んでいる。
この盤、音質は悪いが、演奏の熱気がそれを補ってあまりある。

ローチ様 恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

女子中学生

― DNA

娘は中学生になった

入学して1ヵ月も経たずに
スカートを短くした

たしかに お父さんは
世間のいろいろな女(ひと)たちに
お世話になってきたけど

君が世間に還元する気なのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

チェット・ベイカー

2007年5月2日(水)その2

― 脱力系JAZZ

いきなり本題から外れるが、パンク・ロックと呼ばれる音楽は、大きく2つに分けられる。
ニューヨーク・パンクとロンドン・パンク。
ロンドンが、肛門が切れそうな硬いウ●コに例えると、NYは下痢っぽい。(何て下品な・・・自己嫌悪。)

《ロンドン組》

セックス・ピストルズ
クラッシュ
ダムド
ストラングラーズ 他

《NY組》

ラモーンズ
テレヴィジョン
ジョニー・サンダース
リチャード・ヘル 他

※ラモーンズはサウンドは硬いウ●コ系だけどジョーイ・ラモーンの声はNY系。

ロンドン組が「おめえらに未来なんかねえぜ!~」「ロンドン燃えてまっせ~!」
「ヒーローなんかいらねえぜ!~」と威勢が良く絶叫調なのに対して、

NY組は「おいら、ブランクジェネレーション~」「おいら負け犬~」とへなへな声で
歌う曲が多い。(テレヴィジョンは芸術性もあるんだけど、来日公演のとき名曲マーキー・ムーンのイントロを失敗して最初から演り直していた。やっぱ脱力系)

ケンカの前や、怒りや不満が爆発しそうなときはロンドン・パンクに限る。
でも、疲れたとき、気分が沈んだとき、自己嫌悪に陥ったときなどはNYパンクで脱力するのである。俺よりもダメダメじゃん。と思うとブルーになっている自分が笑えてきたりする。あら不思議。肩の力が抜ける。

で、チェット・ベイカーの話をしようとしてたんだっけ。

JAZZミュージシャンはテクニックで圧倒しようとする人が多い。というか演奏が上手い。それはそれでとてもいいんだけど、脱力系は貴重な存在。チェットのトランペットは上手いんだけど、バリバリと吹まくるタイプじゃない。歌はうまいとは思えないが、類稀なる“歌心”の持ち主である。へなへな声がとても心地良く聴こえる。

チェットの一番有名なアルバムは「My Funny Valentine」の入っている『CHET BAKER SINGS』のようだが

俺の一番好きなアルバムは
『Chet Baker sings and plays』

シングス・アンド・プレイズ Music シングス・アンド・プレイズ

アーティスト:チェット・ベイカー
販売元:東芝EMI
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんてったって1曲目の「LET'S GET LOST」が良い。心地良い脱力感。
俺は日本語とフランス語しか話せないので(ウソ)、何て歌ってんのかよくわからないが、
たぶん、パーティかなんかの集まりできれいなネエちゃんつかまえて、「ここから抜け出して2人きりで楽しもうぜ。おいらと一緒にここから逃げ出そうぜ」みたいな内容の歌なんだと思う。(安さにつられつい輸入盤購入)

なんかチェットのへなへな声からすごく「無責任」さ を感じるのである。
仕事が行き詰ったときなど頭の中にこの歌声が流れ始める。「消えちまおうぜ~」。

俺は去年、休日が70日でトータル3,500時間働いた。たまにはカワイイ娘とどっか消えちまってもいいじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれっ

2007年5月2日(水)

昨夜、泥酔して寝込む
今朝、起きるとjazz坊主のブログが出来ているじゃないか
所謂 酔った勢いというやつだな
あの大量のアルコールのなかでよく作ったな
えらいぞ 俺
出来ちゃったからには育てにゃいかん
俺のガキどもみたいに

とりあえずテーマソング作詞

― パンク魂のテーマ

君が代は歌わない
だって強制されてるから

俺は丸坊主だ
だって強制されてないから

いつの日か新しい国歌が出来て
みんなで歌えるようになれば良い

※俺は左翼では無い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・ジョンソン

jazz坊主と名乗っておいていきなりブルースマンかよ。だって鳴っているんだもん。仕方ねえよ。ワイン2本目だし。

ロバート・ジョンソン『キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ』。

一曲目「クロスロード・ブルース」。クラプトンのデモ・テープみたいだ。素敵。

キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ Music キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ

アーティスト:ロバート・ジョンソン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2007/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

音質悪いのは戦前のJAZZも聞いてるんで気にならない。

ロバート君、27歳のとき、他人の女に手を出して毒殺される。なんか共感。

でも俺は38歳だからロバート君より運が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年6月 »